プジョー5008新車試乗評価 実用重視の装備が満載、さらにプジョーらしい、しなやかで安定感抜群のフットワークが融合!【レビュー:プジョー】

CORISM / 2013年4月12日 7時7分

プジョー5008

欧州ミニバン、新型プジョー5008が、至れり尽くせりの国産ミニバン相手に通用するのか?

 ミニバンのシュアが高いのは、日本だけの特異な現象だそうだ。実際、ヨーロッパに行ってもミニバンを見かけることは少なく、コンパクトカーやセダンばかりである。メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンなどの欧州車も、日本でミニバンを販売しているが、痒い所に手が届き、比較的廉価な日本車に苦戦している。

 そんな激戦区である日本のミニバン市場に、プジョーは初の3列シートの新型5008を「プレミアム・7シーター」として投入してきた。ベースは同じグループのシトロエンC4ピカソであるが、プジョーが作ると真面目なスタイルになる。

 新型プジョー5008は全長4.53m、全幅1.84mと堂々とした大きさであるが、ヘッドライトから流れるようにAピラーに導かれスタイルは、数値よりはコンパクトに見える。フロントのボンネット先端には、ライオンのエンブレムが鎮座しプジョーである事を主張している。

実用的、安全装備は隙が無い

 新型プジョー5008のラインナップは、プレミアムと装備を充実したシエロの2車種。装備は5008プレミアムでも充実している。左右独立調整式エアコン(後席用エア・アウトレット付き)、クルーズ・コントロール、チルト/テレスコピックス・ステアリング、自動妨眩式ルームミラー、意外と便利なアームレスト、オート・ライト、雨滴感知式オートワイパー、バック時に障害物を知らせるバック・ソナー、坂道発進時に安全なヒル・スタート・アシストなど実用的な装備に隙はない。

 また、面白い装備として、通常のルームミラーの上にチャイルド・ウオッチ・ミラーと呼ぶ広角の小さなミラーが設置されていて後席の様子を見る事が出来る。ナビゲーションはディラー・オプションであるが、好きなナビゲーションを後付け出来るのは、使いにくいものを標準にするよりは、オーナーが自ら使いやすいと感じるものを選ぶことができるので遥かに良い。

 シエロには、更にバイキセノン・ヘッドライト、車間距離を計算するディスタンス・アラートも装備され、タイヤは16インチから17インチにアップする。また、パノラミック・ガラスルーフはシエロだけの装備で、2列目シートの頭上まで空が広がり開放感がある。ガラスルーフだけでも両者の価格差の30万円の価値がある。

 試乗車はシエロで、優しく包み込むシートに座りイグニッションをオンにすると運転席のダッシュボード上にある透明なボードHUD(ヘッド・アップ・ディスプレイ)が立ち上がる。スピード、クルーズ・コントロールなどが表示され、視線をあまり動かさなくても確認が出来る。フロント・ガラスに直接表示される他車のHUDに比べるとピントを合わせにくいが、メーター・パネルを見るよりは視線移動が少なく、安全性が高い実用的な装備である。

ミニバンであることを忘れてしまうくらい、しなやかなフットワークは、さすがプジョー

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング