アウディRS4 アバント新車情報・購入ガイド 450馬力+クワトロシステム=全天候型スポーツカー、新型アウディRS4アバント【ニュース・トピックス:アウディ】

CORISM / 2013年4月13日 7時7分

新型アウディRS4 アバント

ワイドフェンダー化され、よりワイド&ローを強調すると同時にポーツカーらしい迫力もプラス

 アウディは、量販車種であるアウディA4ベースのスポーツモデル「新型アウディRS4アバント」と発表し、4月10日より発売する。

 アウディのRSという名は、クラス毎に最も高いパフォーマンスをもつモデルに与えられる称号。他メーカーでは、メルセデス・ベンツのAMGやBMWのMと同じような存在。もはや、ベースモデルとスタイルこそ似ているものの、中身はまったく違うクルマといえるほど高い走行性能をもつ。このRSモデルは、アウディの子会社quattro GmbHが手がける。quattro GmbHは、ドイツ ネッカーズルムに本拠地を置き、Audi R8やRSモデルの製造を行っている。

 この3世代目となる新型アウディRS4アバントに搭載される注目のパワーユニットは、最高出力331kW (450hp)、最大トルク430Nmを発揮する4.2L V8 FSIエンジン。ミッションは7速Sトロニックが組み合わされる。

 この大パワーをシッカリと路面に伝える役割りを果たすのが、最新世代のクワトロ フルタイム四輪駆動 システム。クラウンギヤ式セルフロッキング センターデフ、さらにリアの駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備している。その結果、動力性能は0-100km/h加速が4.7秒。最高速は250km/hに達している。かなりの瞬発力を誇るアウディRS4アバント。AWDは、RS4アバントのユニークな武器でもある。路面状況が悪くなればなるほど、苦戦するFRのライバルたちに大きなアドバンテージをつけることができる全天候型スポーツモデルだ。

 走りを支えるサスペンション関係は、軽量アルミニウム製のダブルウィッシュボーンサスペンションにRS4専用スポーツサスペンションを採用。車高は、A4アバントに比べて、20mm低い設定となっている。また、20インチのアルミホイールを装着するなど、ワイド&ローなスタイルがより強調されスポーティなムードは満点だ。もちろん、ブレーキも強化され、フロント8ピストン、リアシングルピストンのアルミニウム製モノブロックキャリパー、軽量なウェーブデザインのベンチレーテッドブレーキディスクが装備されている。

 新型アウディRS4アバントは、更なる走行性能アップのためワイドトレッド化も図れれている。全幅1850mmとノーマル比で25mmワイドな力強く張り出したワイドフェンダーを装備。これにより、ワイド&ローなフォルムもより強調され、驚くほどスタイリッシュであると同時にハイパフォーマンスカーらしい迫力も身につけている。

 また、リヤまわりには空力特性を追求したリヤディフューザーや、楕円形状のテールパイプをもつデュアルエクゾーストシステムが組み込まれ、ルーフ後端にはリヤアクスルのダウンフォースを増大させるルーフエンドスポイラーが標準装備されている。

 インテリアは、スポーツモデルの定番でもあるブラック基調でまとめられている。ファインナッパレザーのSスポーツシートが標準装着される。センターコンソールまわりにカーボンのデコラティブパネルが配されクールなインテリアにまとめられている。

 そして、新型アウディRS4アバントの魅力は、実用性を兼ね備えたワゴンスタイルをもつということだ。ラゲッジ容量は通常の490Lから後席を倒せば最大1430Lにまで拡大。スポーツツアラー的な要素も兼ね備えている。

 そんな新型アウディRS4アバントの価格は、1,195万円と微妙に1,200万円を切る価格設定。ライバルのメルセデス・ベンツC63AMGステーションワゴンの価格が1,095万円とちょうど100万円高い。パワフルさや瞬発力では、C63AMGが上回るが、クワトロシステムの安定性や、AWDなのにC63AMGより1km/Lも低燃費な8.1km/Lという高い環境性能をどう評価するかがポイントになるだろう。

新型アウディRS4アバント概要

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング