アウディA4/A4アバント新車情報・購入ガイド ライバル対策か? 装備向上で価格据え置き!【ニュース・トピックス:アウディ】

CORISM / 2013年4月25日 7時7分

アウディA4/A4アバント

ライバルBMW3シリーズ対策?  高価な装備が標準装備されお買い得感をアップ!

 アウディは、アウディA4シリーズの一部装備、仕様を変更し発売を開始した。

 アウディA4は、アウディの中核を担う主力モデル。日本では2008年に導入されているので、6年目となりそろそろモデル末期へ移行中だ。ただ、アウディA4は、昨年マイナーチェンジを受け、大幅な燃費向上などで高い競争力を得た。

 そうは言っても、ライバルとなるBMW3シリーズは、昨年発売されたばかりで、日本で唯一ハイブリッド、クリーンディーゼル、ガソリンという3つのパワーユニットを用意する。さらに、対アウディ対策としてXドライブ(AWD)も投入して、降雪地域で高い評価を受けるアウディA4クワトロのマーケットを狙うなど、かなり積極的な戦略を打っている。そんなこともあり、BMW3シリーズはインポートカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、高い評価を得ている。

 そんな強力なライバルが存在している以上、2012年にマイナーチェンジしたとはいえ安心できないのがアウディ側の心境だろう。やはり、2008年デビューという古さは隠せない。そのため、今回の一部仕様変更では、アウディA4/A4アバントのエントリーモデルである2.0TFSIと2.0TFSIクワトロに、オプション装備として装着率の高いフロントシートヒーターとリアビューカメラ付きAPS(アウディパーキングシステム)を標準装備した。これだけ装備が向上して、価格が上昇しないというのは好感がもてる。アウディA4を購入リストに入れているユーザーにとっては、良い条件となっている。

 さらに、レザーシート(側面、背面、ヘッドレスト等に合成皮革を使用したパーシャルレザー仕様)をオプションで設定。従来から設定されていたSEパッケージ(レザー仕様 + ウッドパネル)を選択すれば、より上質なミラノレザーを用いたフルレザー仕様のシートを装着することが可能となった。

 アウディA4 2.0 TFSIは、132kW(180ps)を発揮する2L直噴4気筒ターボエンジンを搭載、無段変速マルチトロニックとの組み合わせで、燃費は 13.8km/L(JC08 モード)、Audi A4 2.0 TFSI quattroは155kW(211ps)を発揮する2L直噴4気筒ターボエンジンと7速Sトロニックの組み合わせで、燃費は13.6km/L(JC08モード)を実現。これによりアウディ A4 2.0 TFSIは、自動車重量税および自動車取得税50%減税、自動車税25%減税。アウディA4 2.0 TFSIクワトロは自動車重量税および自動車取得税75%減税、自動車税50%減税のエコカー減税の対象車となっている。

 昨年にマイナーチェンジを行ったアウディA4が、1年で装備を向上して価格据え置きということは、かなり販売台数面で危機感を持っているという証拠でもある。そのため、アウディA4の購入を考えているのなら、指名買いではなく、必ずBMW3シリーズやメルセデス・ベンツCクラスなどと競合させることをオススメする。そうすることだけでも、大幅値引きが期待できるはずだ。

アウディA4価格 スペック等

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング