ミニ クロスオーバー新車情報・購入ガイド ポップな個性派に大変身させるMINI Ray(レイ)アクセサリー・パッケージ【ニュース・トピックス:ミニ】

CORISM / 2013年4月27日 7時7分

ミニ クロスオーバーRay(レイ)アクセサリー・パッケージ

SUVテイストなのに、なぜかカワイイ? ミニ クロスオーバーの魅力を引き出したパッケージ

 BMWは、ミニ クロスオーバーをポップに、そして、より個性的な一台に仕上げることが可能な後付けアクセサリー「ミニRay(レイ)アクセサリー・パッケージ」を導入し発売を開始した。

 ミニ クロスオーバーは、、ミニファミリーの4番目のモデルとしてデビュー。ミニ初となる4枚ドアのモデルであり、また、4輪駆動車も加わった。いかにもミニといったキュートなスタイルに、SUVのタフネスさを加わったユニークさがウリだ。そんな個性派ゆえに、ミニの中でも一気に人気モデルとなった。さらに、ミニは2枚ドアだから買えない、と購入を諦めていた顧客や高い利便性を求める人に、4枚ドアであることが評価され、新たな顧客層をも取り込んだモデルである。

 そんなミニ クロスオーバーに、ミニRayアクセサリー・パッケージは、ミラー・キャップ、サイド・スカットル、ボンネット・ストライプ、ルーフ・ストライプ、ルーフ・スポイラー・ストライプ、テール・ストライプに、ミニらしいポップなカラーのアクセントをつけることにより、自分らしい個性的な一台となる後付け用アクセサリー・パッケージとなっている。カラーは、イエロー、グリーン、オレンジ、ピンクから選択可能。

 このミニRayアクセサリー・パッケージの良いところは、新車時だけのオプションではなく、後付が可能なパッケージ。すでに、ミニ クロスオーバーのオーナーも使えるという点だ。また、基本的にはストライプという簡単なものなので、ボディに加工が必要だったりと大きな手間が必要ない。そのため、飽きたら剥がせばいいなど、手軽さも魅力だ。

 ミニRayアクセサリー・パッケージの価格は、48,300円。MINI正規ディーラーにおける取り付けにおいては、別途、取付工賃が必要となる。また、モデルによっては、追加部品が必要になる場合がある。このパッケージ、決して安い金額ではないのが残念だ。もう少し、リーズナブルな価格設定にして、毎年色を変えて楽しむくらいできる価格設定だと、さらにおもしろいだろ。また、複数の色を組み合わせて使えるなどし、ミニRayアクセサリー・パッケージを選んだオーナーが、自分のカラーコーディネイトを競えるくらいの工夫も欲しいところだ。多少高価ではあるが、クルマを買ってからも楽しめるというのが、ミニシリーズが多くのファンを獲得している理由のひとつ。しかし、タフなイメージのSUVテイストのクルマは、普通、カラフルにしたら滑稽な感じになる。それなのに、なぜか似合ってしまうというミニ クロスオーバーの素性はさすがというしかない。

ミニ クロスオーバーRay(レイ)アクセサリー・パッケージ画像集

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング