フォルクスワーゲン ザ・ビートル フェンダー・エディション新車情報・購入ガイド フェンダー社初の自動車用オーディオを搭載した600台の限定車。さらにお買い得!【ニュース・トピックス:VW】

CORISM / 2013年6月5日 7時7分

フォルクスワーゲン ザ・ビートル

フェンダー社初の自動車メーカーとの共同開発車

 フォルクスワーゲンは、フォルクスワーゲンのアイコンとも言える「ザ・ビートル」に、フォルクスワーゲン国内正規輸入60周年を記念した限定モデル「ザ・ビートル・フェンダー・エディション」の発売を開始した。このモデルは、600台の限定車となっている。

 フォルクスワーゲン ザ・ビートル・フェンダー・エディションは、2011年に開催された第42回東京モーターショーにおいて参考出品され、大きな評価を得た「ザ・ビートル フェンダー」の市販バージョン。フェンダーとは、1946年に米国で設立されたギターやアンプメーカー。多くのミュージシャン達が、フェンダー製品を使用しているという。

 このザ・ビートル・フェンダー・エディションは、そんなフェンダー社が、初めて自動車メーカーと共同で開発した、プレミアムオーディオシステム「フェンダーサウンドシステム(総出力400W、10チャンネル、9 スピーカー)」を搭載。さらに、内外装に特別装備を施し、よりオリジナリティのある限定モデルとなっている。

 ザ・ビートル・フェンダー・エディションに搭載されたフェンダー製オーディオシステムは、臨場感あふ
れるサウンドを再生する専用チューニングが施された。ヘッドユニット RCD510(6連奏CD チェンジャー、
iPod接続装置付)や、4つのツイーター(フロント60mm、リヤ50mm、ネオジムマグネット内蔵)と4つのミッドレンジスピーカー(低歪デュアルボイスコイル技術採用フロント 20cm、リヤ16cm)、更にラゲッジスペースには専用のエンクロージャー内に設置された低歪デュアルボイスコイル技術採用の20cm径サブウーファーが追加された。

 クルマの中は、ロードノイズやエンジン音など数々の雑音が存在し、オーディオを楽しむ空間としてあまり良い環境とはいえない。さらに、ドアやガラスなど反響するものが複雑に多数存在するため、単純に高級オーディオを入れれば音が良くなるというものでもない。それだけに、車種によるチューニングが重要。自動車メーカーと初の共同で開発したとうフェンダー社の腕の見せ所でもある。

 ザ・ビートル・フェンダー・エディションが面白いのは、ただのハイグレードオーディオを装備したモデルで終わっていない点だ。より限定車としての価値を上げるために、特別装備としてエクステリアには専用デザインの18インチアルミホイールや、LEDポジションランプ付バイキセノンヘッドライト、電動パノラマスライディングルーフ、クロームメッキ処理されたドアミラー、フロントフェンダーには専用エンブレム “Fender” を採用している。

 インテリアには、フェンダー社の伝統的なエレキギターを象徴する2トーンのウッドデザン“Sunburst”
を採用したインストゥルメントパネルや、“Fender” ロゴ入りフロントツイーター、ファブリック&レザレットシート、ドアトリム下やフロントミッドレンジスピーカー周りのリングの色をレッド、ブルー、ホワイトと、好みに合わせて変更できる“インテリアアンビエントライト”を採用するなど、数々の専用装備が施されている。

想像以上にお買い得! 今、ザ・ビートルを選ぶなら、フェンダー・エディションがベスト

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング