18歳女子、初心者マークがレビューする! よりゴージャスで便利に! 自分で運転というよりは「後ろに乗せて?」 日産エルグランド新車試乗評価・購入ガイド 【レビュー:日産】

CORISM / 2014年4月24日 3時17分

日産エルグランド

クラス初のLEDヘッドランプとギラギラグリルに、ちょっとウットリ!

 こんにちは、海野良子 です。私事ではありますが、ようやく18歳になり免許がとれましたぁ! この時を心待ちにしていただけに、本当にうれしいです!!

 免許を取ったことを編集長に報告したところ「じゃぁ、エルグランド の試乗でもする?」ということで、大幅なマイナーチェンジを施した日産エルグランドに試乗してきました! 初心者マーク付きですが、それがナニかwww。初心者マークで新車レビューしちゃいますよぉ!!!

 ちょうどよいことに、マイナーチェンジ前のエルグランドは我が家の愛車でもあります! 我が家の愛車がマイナーチェンジ前のモデルになってしまって、ちょっと寂しい気がしますが興味津々です!

 マイナーチェンジしたエルグランドが私の目の前に現れました。「エーッ!」と思わず声が出てしまうくらい、私の家にあるマイナーチェンジ前のエルグランドとは、とても同じものとは思えないほどの変貌ぶりです。

 なんと、フロントグリルがクロームメッキだらけで、とんでもなく個性的なお顔になってます! 従来の横ラインだけでなく、ナンバープレートまでを囲うようなデザインになっていて、もうギラギラ感が凄いです。しかも、このグリルは国産車として最大の面積だそうです。ビックリ!! 

 日産エルグランドのフェイスチェンジは、これだけじゃないのです。ヘッドライトは、クラス初のLEDになってます。さらに、このヘッドライトの中には、シグネチャーLEDポジションランプまであり、ポジションランプだけ点灯させていても個性的です。最近は、LEDを使ったヘッドランプが多くなりましたけど、このエルグランドのヘッドライトもオリジナリティがあって大好きです。私の家にあるエルグランドもLEDらいとにしたいなぁ・・・。存在感があってかっこいいので、お気に入りポイントのひとつです。

 リヤスタイルでは、リヤコンビネーションランプが新デザインのクリアテールランプになっていました。従来の赤いテールランプも特徴的でいいと思いますが、クリアテールランプの方がスッキリして見えて気に入っています。

 ホイールは18インチアルミホイールで、切削処理が施された新マルチスポークデザインになっています。切削処理のため、キラキラ感が増してダーク系のボディからと組み合わせるとキレイでスマートに見えますね。

 ボディーカラーは、新色でインペリアルアンバーというカラーが登場しました。私が試乗したクルマもこのカラーです。一言で言うと…、チョコレートみたいな色かなって思いました。光の具合で微妙に色味が変化して、個性があり目を引くカラーでいいと思います。でも、私は定番と言われてしまうかもしれませんが、やっぱりホワイトかブラックがいいかなぁ。

オシャレなレザーシートに包まれながら、ちょっとセレブな雰囲気でドライブもあり?

 見た目だけでなく、インテリアも大きく進化したのもエルグランドのマイナーチェンジのポイントです。エルグランドは、フルモデルチェンジしたときにFRからFFに変更となりました。それまで、フロアが高いなど使い勝手の悪い部分を改良して、低床フロアになりました。低床フロアにして全高をやや抑えたことで、重心高が下がり、大幅に走行性能がアップしたそうです。

 室内もルーフ部分が広くなっていました。内装材などを工夫して、室内高をより高くしたそうです。従来のも十分な広さを感じましたが、更に広くなり良いくつろぎ空間が味わえると思います。フェイスチェンジほど分かりやすくないですが、こういう使う人の利便性を高めてくれる変更はありがたいですね。

 3列目シートは、240mmものロングスライドができるようになり、ラゲッジスペースを増減できるようになっていました。ラゲッジスペースはボードを開け、アンダーボックスを使用すると、ゴルフバックを縦に積むことができるようになりました。縦に3つ、その奥に横にして3つ、計6つものゴルフバッグが積めるほどの広さです。ラゲッジスペースを十分に取っても、3列目シートはゆったりと座ることができます。これだけのラゲッジスペースがあれば、家族がたくさんいる人などでもたくさんの荷物を積んでドライブが楽しめていいと思います。

 今回のマイナーチェンジで私が注目したのは、メーターの間に5インチのカラーディスプレイ「アドバンスドドライブアシスト」です。距離や平均燃費だけでなく、メンテナンス情報も表示されるところがいいと思います。色々な情報がひと目で分かるので、女性でも安心してドライブすることができるのではないでしょうか。

 こういった機能面の他にも注目したいのが、試乗した250ハイウェイスタープレミアムに装備されていたレザーシートです。ダイアモンドキルトブラックレザーと呼ばれるもので、ひし形のデザインとしているだけでなく、ステッチもブラウンと色が変えられていて、とてもオシャレなシートです。そんなシートと組み合わされるフィニッシャー関係は、グラデーションブラックメープルでした。シックなモノトーン系なので、ブラックの内装と良くマッチしていて高級感があります。こういった高級感が、こういった大型ミニバンの魅力のひとつともいえます。

 このように、マイナーチェンジによりゴージャスで便利に進化し日産エルグランド。私のような初心者マークには、少々手に余るほどの大きさのクルマですが、意外とシートの調整幅も広く、シッカリと運転できるドラポジで座ることができました。女子的には、後席でくつろぎながら、みんなでワイワイとドライブを楽しみたいクルマですね。

日産エルグランド価格、スペックなど

●日産エルグランド価格
■3.5L 2WD
350ハイウェイスター プレミアム 7人乗り 5,189,100円
350ハイウェイスター 7人乗り 4,011,000円
350ハイウェイスター 8人乗り 4,011,000円
■3.5L 4WD
350ハイウェイスター プレミアム 7人乗り 5,472,600円
350ハイウェイスター 7人乗り 4,294,500円
350ハイウェイスター 8人乗り 4,294,500円

■2.5L 2WD
250ハイウェイスター プレミアム 7人乗り 3,885,000円
250ハイウェイスター 7人乗り 3,496,500円
250ハイウェイスター 8人乗り 3,496,500円
250XG 8人乗り 3,123,750円
■2.5L 4WD
250ハイウェイスター プレミアム 7人乗り 4,168,500円
250ハイウェイスター 7人乗り 3,780,000円
250ハイウェイスター 8人乗り 3,780,000円
250XG 8人乗り 3,407,250円

車名 日産 エルグランド ハイウェイスター 250ハイウェイスター プレミアム 7人乗り
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4945×1850×1815mm
エンジンタイプ(使用燃料) 直4DOHC(レギュラーガソリン)
総排気量[cc] 2488cc
最高出力Kw[ps]/rpm 125[170]/5600
最大トルクNm[kg-m]/rpm 245[25.0]/3900
ミッション エクストロニックCVT-M6
定員[人] 7人
価格[円] 3,885,000円
発売日 2014年1月15日
レポート 海野良子
写真 編集部/日産

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング