フォルクスワーゲン フェスト 2014レポート 空冷ビートルからEVのe-up!まで、新旧フォルクスワーゲンが大集合!富士の麓で笑顔満開!民族(Volks)大集合の春祭り開催!【特集・コラム:イベント・モーターショー】

CORISM / 2014年5月9日 11時11分

フォルクスワーゲン フェスト 2014レポート

フォルクスワーゲン乗り待望のイベントが富士スピードウエイで6年ぶりに開催!

 4月26日(土)、富士スピードウエイを借りきって、2008年以来6年ぶりの開催となる「フォルクスワーゲン フェスト 2014」が開催されました。フォルクスワーゲンを愛用しているユーザーにメーカー側が感謝し企画したこのカスタマーイベント、名前の通り春「祭り」のような楽しさだったのでその模様をレポートします。

 当日の富士山付近の天気は快晴、暑くもなく寒くもない、屋外イベントにはピッタリのうららかな春の陽気となりました。富士スピードウエイへ向かう途中の道の駅では桜が満開!まだまだ白い雪をたくさん戴く富士山とのコントラストがきれいです。

 しかし、富士スピードウエイのイベント会場に到着するともっと素敵な笑顔がお出迎え!フォルクスワーゲンの最新車種フルラインナップとその紹介をしてくれるお姉さんがたの姿に、訪れたVW乗りの頬も思わず緩んだのでした。

 そしてこれらフルラインナップのフォルクスワーゲン全車種、展示だけではなく実際に試乗もできるのがこのイベントのいいところ。さらに、会場にはまだ発売されていない電気自動車「e-up! 」も展示されていましたが、なんとこちらも試乗可能!新しもの好きのみなさんが興味津々、試乗コーナーに長蛇の列を作っていました。

富士スピードウエイ開催ならではのサーキットプログラムも盛りだくさん!

 その他にも会場には、フォルクスワーゲン車のチューニングで有名な「COX」のコンプリートカーや、アスリートたちが愛用するサングラス・メーカー「OAKLEY」とフォルクスワーゲンとのスペシャルコラボレーションカーなど、ふだんなかなか目にすることのできない珍しい車の展示が盛りだくさん。

 中でも目を引いたのは、ザ・ビートルのCMにも出ている所ジョージさんがカスタマイズしたザ・ビートル・カブリオレや、ゴルフのCMに出ているサザン・オールスターズのサイン入り新型ゴルフ 。特にザ・ビートル ・カブリオレは、所ジョージさんの「世田谷ベース」を模したガレージの前に展示され雰囲気満点!見るなり「欲しいっ!」と思ってしまったのでした。

 展示だけでも見どころいっぱいのこの「フェスト」ですが、富士スピードウエイでやる以上、もちろんサーキット・アクティビティも充実。見ていて楽しかったのは、メインストレートで行われたドラッグレース、「Street VWs Challenge」。チューンナップされた空冷エンジンのオールドビートルが2台並んで駆け抜けて行く姿は大迫力!タイプ2(デリバリーバン)が意外と速かったのも驚きでした。

エコドライビングは・・・でも、最新のVWとレトロなVW満喫で大満足!

 見るだけでなく体験するプログラムも充実。プロドライバーが運転するフォルクスワーゲン ゴルフRザ・ビートル・ターボ に同乗して本コースを半周できる「サーキット・エクスペリエンス」や、自分の車でショートサーキット・コースを走り、同乗するインストラクターに運転のコツを教えてもらえる「ワンコイン・ドライビング・レッスン」、ドリフトコースでインストラクターが急ハンドルや急ブレーキを行う車に同乗してVW車の安全性を体感する「セーフティ・ドライビング・エクスペリエンス」など、その全てを書ききれないほど。

 そんな中、サーキット内の周回道路を走って燃費を競う「Think Blue.エコドライビング・チャレンジ」というプログラムを発見! 省燃費運転のコツも教えてくれるということで、常日頃の汚名返上とばかりに早速参加。気筒休止機能付きの「フォルクスワーゲン ポロ Blue GT 」で運転指導を受けながら約5km走って燃費を計測しましたが・・・。

 結果はあえなく玉砕、競った4組の中で最下位。エコドラ下手をまたまた証明してしまいました。しかしそんな私でも、19.6km/Lという燃費を出せたポロ Blue GTってすごい・・・。

 お腹が空けばちゃんとタイプ2のキッチンカーが出店しており、メインスタンド前の広場では空冷ビートルの愛好家の皆さんがお互いの愛車を自慢し合いつつスワップ・ミートを開催していて、新型ゴルフの「カー・オブ・ザ・イヤー」受賞記念に初代から先代までのゴルフが勢揃いし・・・、と昔の車が好きな人にもたまらないこのイベント、気がつけばあっという間にフィナーレの「パレード・ラン」の時間となっていました。

 本コース上でパレード・ランに参加した約300台のフォルクスワーゲン車に乗っている人たちの満開の笑顔を見ながら、こういう感謝イベントをしてくれるメーカーの車に乗っている人ってとっても幸せだな、と思いつつ自分も大満足で会場を後にしたのでした。

<レポート:堂島昭>

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング