中古車大手のガリバーが手掛けた輸入車専門店「リベラーラつくば」オープン 売れてる輸入車。中古車だから、もっと身近に誰もが気軽に触れられる輸入車専門ショップ【ニュース・トピックス:event】

CORISM / 2014年6月9日 6時2分

リベラーラつくば

多くの輸入車を乗って比較検討できる「LIBERALAつくば」オープン!!

「クルマを五感で感じ選ぶ喜び」車買取・販売大手のガリバーが運営する輸入車専門店、「LIBERALA」は5月24日に茨城県つくば市に4番目の拠点として「LIBERALAつくば」をオープンました。

 LIBERALAは近年販売台数が伸びているメルセデス・ベンツBMWアウディドイツ車 3ブランドを中心に、実際に乗って感じて、比較して選べる新しい販売拠点です。ドイツ車のプレミアムブランドは興味があるけれど、実際どれがいいのか? どう違うのか? そんなことを実際に自分で比べられる拠点として世田谷、札幌に続く3番目として、またスーパーカーなど高価格帯のクルマ中心のラインナップを紹介するLIBERALA麻布から数えて4番目の拠点として、発展目覚ましい東京のベッドタウンつくば市への出店となりました。

輸入車専門店ながら「輸入車初心者にもやさしいお店」

 輸入車というと、自動車ユーザー上級者向けというイメージを持たれる方も多いかもしれません。しかし最近では、国産車との販売価格差が小さくなってきており、販売拠点数も増え、パーツ供給体制などもかなり迅速になってきたこともあって、輸入車が全体的に一般的になってきたといえるでしょう。

 そして新車の販売台数が多いメルセデスベンツ、BMW、アウディは、かなり高年式低走行距離の良質な中古車も多く、クルマ購入における選択肢としてはかなり魅力的な存在になってきているのです。

 こうしたクルマを、輸入車を乗り継いできたクルマ好きや高所得者層のみならず、一人でも多くの人に紹介したい、体感してほしい。そんな思いから展開され始めているのが「LIBERALA」なのです。

 主力車種については、常に試乗車も用意。ドアの開閉感覚、加速の重厚さ、ブレーキのタッチ、におい・・・など、そういったカタログやメディアの情報ではわかりにくい、感覚的な印象をユーザーに試乗してもらうことで実感してもらい、より強く所有する喜びを感じてもらえるクルマ選びを提案しています。

 輸入車をクルマ好きや、クルマ選びの経験をたくさん積んだ人だけのものではなく、広く入門編としても是非検討してもらいたい。そんなメッセージを込めて展開をしているのが「LIBERALA」なのです。

≫LIBERALAへのお問い合わせ、輸入車の売却・査定のご希望は【こちら】まで(Gulliver)≪

広々とした明るい店内は寛ぎの空間。ジックリと愛車選びができる!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング