バンコク国際モーターショーレポート 急成長するタイの自動車マーケット。その象徴でもあるモーターショーで見つけた見慣れないクルマをレポート!【特集・コラム:イベント・モーターショー】

CORISM / 2014年6月14日 6時7分

バンコク国際モーターショー

多くの自動車メーカーが進出するタイ。そんなバンコクショー見つけた日本では見かけないクルマとは?

 今年で35回目になるバンコク国際モーターショー が、バンコク郊外のインパクト・コンベンションセンターで開催された。昨年の東京モーターショー は43回目だったが、バンコクは毎年開催なので、最近は東京が隔年開催になっている。このままで行くと、開催回数でバンコクに抜かれる日が来ることになる。

 バンコクショーは、東京を大きく上回るほどの来場者を集めるショーで、北京や上海が伸びてくる前はアジア最大のモーターショーだった時代もある。そのため、バンコクモーターショーには日本の大半の自動車メーカーが出展しているほか、欧米や韓国の主要な自動車メーカーも出展していて、なかなか華やかなショーになっている。

 タイはインドネシアほどではないが、日本車が非常に高いシェアを占めているので、日本の自動車メーカーの出展が目立つのは当然のこと。乗用車メーカーが出展していないのは、アジア事業をインドネシアやマレーシアを中心に展開しているダイハツだけだった。

 スバル は現地生産をしていないこともあって、これまでは年によってディーラーが出展したりしなかったりだったが、今年は出展があり、日本よりも先にWRX の右ハンドル車が展示されていた。

 乗用車メーカー以外では、タイでピックアップトラックを中心にした商用車&SUV で高いシェアを持ついすゞが出展していたほか、電気自動車 ベンチャーのFOMMが小さいながらもブースを設けていたのが注目される。

 さらに、二輪車メーカーもホンダ、ヤマハ、スズキがしっかりブースを構えていた。

 バンコク国際モーターショーは、トレードショーという特徴を持つ。プレスデーの前日に各メーカー・ディーラーのお得意さんを招いて商談を進め、会場で成約する形で販売するショーでもあるのだ。毎年1万数千台から2万台くらいのクルマが成約になるという。

 やや大げさな感じだが、セールスマンが受注温めておいて、モーターショーの会場で成約した形をとるため、このような大量の成約になるのだという。

 バンコクモーターショーといえば、コンパニオンによるクルマの紹介やダンシングチームによる踊りなどでショーアップされるのが特徴。昔の東京モーターショーを思わせるようなところがある。

 バンコクモーターショーでは、毎年ミスモーターショーの選出が行われているが、今年もミスモーターショーや準ミスなど6名が選出されている。いずれも背の高い美人揃いである。

 デトロイト、フランクフルト/パリ、ジュネーブ、東京などに比べると、世界初公開となるワールドプレミアムのクルマはほとんど出品されないものの、日本では見かけないアジア専用車がいろいろ出品されていたり、あるいは欧米のクルマもタイミングによって日本よりも先に公開されたりする。

 そんなクルマを中心にバンコクで見かけたクルマを何台か紹介していこう。

今年は、新型無いトヨタ

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング