フォード エコスポーツ試乗記・評価 軽快感際立つフォードのエントリーSUV【レビュー:フォード】

CORISM / 2014年12月3日 6時45分

フォード エコスポーツ

フォードのSUVラインアップを支えるエントリーモデルがエコスポーツ

 フォードコンパクト SUV であるエコスポーツの輸入が始まった。フォード エコスポーツは、フィエスタの基本プラットホームをベースに、「ONE FORD」のキャッチフレーズの元に作られた世界戦略車だ。

 フォードは、エベレスト、エクスプローラー、クーガ 、エスケープなど、さまざまなクラスにSUVをラインナップしている。フォードSUVのエントリーラインを受け持つベーシックなモデルが、新たに開発されたエコスポーツである。

 エコスポーツの小さなボディは、アメリカ向きではないが、ヨーロッパでは小型SUVが良く売れているし、新興国でも道路事情なども関係してSUVタイプのクルマは人気が高い。フォード エコスポーツも世界100カ国以上で販売されるクルマである。

 エコスポーツの販売の中心となるのは新興国なので、生産も中国、インド、タイ、ブラジルの4カ国とされている。日本には、タイ製のエコスポーツが輸入されている。

残念ながらエコブーストエンジンの搭載は見送られ、自然吸気の1.5Lエンジンが搭載された

 フォード エコスポーツのコンパクトなボディデザインは、塊感があってなかなか良い。かなり大きめのフロントグリルなどと合わせて、独特の存在感を主張する。小さなクルマとは思えないようなデザインである。最近のフォード車に共通するキネティックデザインと呼ぶ力強さと、躍動感を融合させたデザインテーマに基づいたものだ。

 エコスポーツのインテリアは、コンパクトクラスだけに特に品質感に優れたものとはいえない。それでも独特のデザイン処理が施されることで、安っぽさを払拭して一定の質感を感じさせる仕上がりである。

 エコスポーツは、ボディサイズ割に室内空間はまずまずの広さが確保され、ほかのフォード車で比べるとクーガと変わらないくらいの広さがある。ラゲッジスペースも十分で、標準状態で333Lから、6:4分割のダブルフォールディング機能付きリヤシートを倒すと、最大で1238Lにまで拡大する。他にも豊富な収納スペースが確保されている。

 エコスポーツの搭載エンジンは、1.5Lの自然吸気DOHCで、Ti-VCT(吸排気独立式可変バルブタイミング)を備えていて、82kW/111N・mのパワー&トルクを発生する。際立ってパワフルなエンジンとはいえないが、エコスポーツの1270kgという車両重量に見合った実力である。このエンジンには、6速デュアルクラッチのトランスミッションが組み合わされている。

 最近のフォード車には、エコブーストと呼ぶダウンサイジングされた小排気量直噴ターボ仕様エンジンが搭載されているが、日本仕様のエコスポーツには搭載されなかった。これは、やや残念なところである。タイではエコブーストエンジンの生産ができないことが影響している。

軽快感ある走行性能は好感度大! FF車ながらオフロード性能も高い

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング