1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ GR86 プロトタイプ試乗記・評価 より速く、扱いやすくなった、ズルズル系FRスポーツ

CORISM / 2021年7月18日 20時54分

2代目新型トヨタGR86

9年振りのフルモデルチェンジながら、期待薄だった訳とは?


2代目新型トヨタGR86トヨタ86が9年振りにフルモデルチェンジし、2代目となる。2代目は、スポーツカーブランドのGRの一員となり、GR86となった。

新型GR86だが、実は期待薄だった。と、いうのも2021年4月の発表でプラットフォーム(車台)がキャリーオーバーだったことが分かったからだ。

ここ最近のトヨタ車は、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)による、GA系プラットフォーム採用モデルが相次いでデビューしている。このGA系プラットフォームの出来がよく、イッキに運動性能が高くなっていたからだ。

こうした傾向は、スバルも同様。プラットフォームが刷新されると、飛躍的に運動性能が進化する。

そんなこともあり、新型GR86が使うのは、約9年前の古いプラットフォーム。それなら、進化幅が少ないと思ったことから期待薄という印象をもったのだ。

しかし、物事は単純な先入観だけで判断してイカン! と、猛省することになる。

 



 

キャラ変したFA24型2.4L水平対向エンジン


2代目新型トヨタGR86まず、試乗したのはRZと呼ばれるMT車。試乗場所は、千葉県にある袖ヶ浦フォレストレースウェイだ。新型GR86の進化は、ピットロードを出る時から感じられた。

エンジンが2.4Lになり低速トルクが厚くなったこともあるが、クラッチのつながりがスムースで扱いやすくなっていた。

そのまま、ゆっくりとアクセルを踏み込んでいく。FA24型と呼ばれる2.4L水平対向エンジンは、235ps&250Nmをアウトプット。初代86は、207ps&212Nm(MT車)だったので、28ps&38Nmほど出力&トルクがアップされている。

このFA24型エンジン、初代86のFA20型のいわゆるボアアップバージョン。しかし、ほぼ新設計ともいえるものとなっている。エンジン単体も軽量化されている。そのため、エンジンのキャラクターも大きく変わった。

2代目新型トヨタGR86

 



 

わずかなトルクの谷にドラマチックな演出を感じる


2代目新型トヨタGR86ポイントは、最大トルクの発生回転数。初代86は6,400~6,800rpmだったのに対して、新型GR86は3,700rpmとかなり低くなった。この低いエンジン回転数で、初代86を上回るトルクを発揮するため、2代目GR86は気難しさをまったく感じさせずスルスルと加速を始める。

この最大トルクのアップは、サーキットを走っていても明確に違いを感じる。初代86では2速だったコーナーも、2代目GR86では3速でもOKだった。2速か3速かと迷うようなコーナーであれば、迷わず3速を選んだ方が速いだろう。

初代86は、4,000rpm付近で大きなトルクの谷があり、そこからまたグッとトルクが立ち上がるというフィーリングがあった。これはこれで、高回転域に入る瞬間の合図みたいなもので、そこから爆発的に加速するので、少しワクワクする。ただ、このフィーリングが好ましくないと感じていた人も少なくはなかった。

ところが2代目GR86は、そのトルクの谷は大幅に改善されフラットなフィーリングに近くなっている。しかし、わずかだがトルクの谷はある。これが、全開加速するときに、一瞬、グッと溜めてイッキに爆発するフィーリングとなっているのだ。初代86ほど極端ではないものの、ガソリン自然吸気エンジンに必要なドラマチックなフィーリングが残っていて少しうれしくなった。

もちろん、排気量がアップしているので、加速性能は当然向上。0-100km/h加速性能は、初代86の7.4秒から6.3秒にアップしている。

 



 

驚愕の旋回スピード。でも、ズルズル系は変わらず


2代目新型トヨタGR862代目新型GR86で驚愕したのは、旋回速度の速さ。初代86とは比べ物にならない速さで旋回した。

タイヤサイズは、215/45R17から新型GR86では 215/40 R18へ大径化。タイヤは、やや引っ張り気味でセットされており、横剛性をアップさせている。

ただ、2代目新型GR86のハンドリングは、初代86のDNAを受け継ぎ、相変わらずのズルズル系。ブレーキングしながらターンイン。すると、容易にリヤタイヤは外側にズルズルと滑り出す。ステアリングを戻し、想定ラインに戻す。

クルマの向きが変わり、アクセルをオン。すると、またまたリヤタイヤがズルズルと滑り出す。軽くカウンターステアをあてながら、そのまま加速。こうした操作が、ほぼどのコーナーでも起きた。

ターンインで容易にリヤが滑り出すので、軽くカウンターをあてながら、そのままアクセルオンで行けば、腕のあるドライバーなら容易にドリフトアングルを保ちながらコーナーを抜けていける。

タイヤの滑りも穏やかで、非常にコントロールしやすくなっているのも大きな進化ポイントのひとつ。装着タイヤは、ミシュラン・パイロットスポーツ4。圧倒的なグリップ力というよりも、滑り出しからスライド中まで、なかなか穏やか性格で、コントロールしやすい。

ついつい、クルマを振り回して走ってしまいたくなるのが2代目新型GR86。思わず、楽しくて笑顔になっている自分に気が付いた。

2代目新型トヨタGR86

 



 

圧倒的な進化を果たした立役者は、高剛性化されたボディ


2代目新型トヨタGR86こうした扱いやすさは、大幅なボディ剛性アップの賜物だ。2代目新型GR86のボディ剛性は、車体横曲げ剛性が初代86比+60%、ねじり剛性は+50%になった。

これに加え、ルーフのアルミ製化により2.0㎏もの軽量化。ルーフの軽量化により重心高も下がり、運動性能がアップ。その他、マフラーやフロントシート、プロペラシャフト、フロントフェンダーのアルミ製化などなど、多くの部分が軽量化されている。

こうした細部の軽量化により2代目GR86の車重は、 1,270㎏(MT車)となった。初代86の車重が、1,210~1,250㎏なので、わずかに重くはなっているが、その分、ボディ剛性が大幅にアップしている。

やや物足りなかったのが、ブレーキ。サーキットは走るには、絶対的な制動力ももっと欲しい。フィーリング的にも、ガッチリした剛性感も必要だ。サーキット走行を楽しむなら、まずブレーキのチューニングをしたい。

BRZとの違いとは?


2代目新型トヨタGR86さて、気になるのは姉妹車関係にある2代目スバル BRZとの違いだ。端的に言えば、ズルズルさせコントロールするのが楽しい2代目新型GR86。操縦安定性の2代目BRZといったところ。正統派スポーツカー的セッティングになっていて、基本的にしっかりとタイヤをグリップさせた上で、意のままに走る気持ちよさを追求。

2代目新型GR86では、ズルズルといく場面でも、2代目BRZはしっかりとタイヤをグリップさせながら、高い旋回スピードを確保。コーナーの立ち上がりで、イッキにパワーをかけるてパワースライドさせようとしても、スライド量は限りなく少なく抑えられていた。

こうしたキャラクターの違いは、先代モデル以上に明確。フロントサスペンションのバネレートは、GR86が28Nm/mmなのに対してBRZは30Nm/mm。リヤはGRが39Nm/mm、BRZが35Nm/mmと少し異なる。

これだけでなく、車体結合部分では、フロントハウジングを鋳鉄を使うGR86に対して、BRZはアルミ。フロント&リヤのスタビライザーなども異なる。

細かいところまで、微妙に異なり、それぞれまったく異なる走り味の生み出している。GR86とBRZは、姉妹車ながら走りの味は全く異なる。そのため、購入する際は、しっかりと乗り比べてみて、どちらが自分の好みに合うのか判断したい。

2代目新型トヨタGR86

 



 

オジサンが乗っても恥ずかしくない大人なデザイン


2代目新型トヨタGR86そして、デザイン。初代86と比べると、体幹が太く、よりアスリートなようなシルエットになった。

全体に落ち着いた印象で、大人のスポーツカー的でもある。初代86は若年層をターゲットにしていたが、2代目新型GR86では中高年層もターゲットになっているようで、こうした年齢層でも恥ずかしくなく乗れるデザインと言える。

また、運転席からの視界も良好。後方視界はイマイチだが、フロントフェンダーは、運転席から見ると上部に少し膨らんで見える。そのため、ボディサイドの位置が分かりやすく運転しやすい。

ただ、気になったのはメーター。最近のクルマとしては、メーターが小さく、文字も小さい。かなりの量の情報が提示されているのだが、瞬時に理解するのが難しかった。

 

電動化技術を使ったスポーツカーとしても期待したいGR86


2代目新型トヨタGR86この新型トヨタ GR86を試乗する前日、自動車業界が震撼した重大発表がEUから発信された。なんと、EUでは2035年にガソリン車などの新車販売を禁止とする方針だという。

この方針はかなり厳しいもので、ディーゼルやガソリン車はもちろん、ハイブリッドやPHEVもNGというもの。つまり、EV(電気自動車)や燃料電池車(FCV)といったモデルでないと売れないということになる。今後、この方針がどうなるかは不明だが、何にせよ純ガソリン車は無くなる方向であるのは間違いない。

そうなると、2代目新型GR86も、純ガソリン車としてこのモデルが最後となる可能性は極めて高い。もし、GR86がより長く生き延びるためには、今後、電動化も必要だろう。 電動化技術が入ったGR86の登場にも期待したい。

<レポート:大岡智彦>


新型トヨタ GR86スペックなど(開発目標値)


2代目新型トヨタGR86全長 [mm]  4,265

全幅 [mm]  1,775

全高[mm]  1,310  ルーフアンテナを含む数値。ルーフ高は1,280mm

ホイールベース [mm]  2,575

トレッド前 [mm]  1,520

トヨタGR86トレッド後 [mm]  1,550

2代目新型トヨタGR86最低地上高 [mm]  130

車両重量 [kg]  1,270 (6MT車)

エンジン  水平対向4気筒

筒内直接+ポート燃料噴射装置<TOYOTA D-4S>

内径×行程 [mm]  94.0×86.0

総排気量 [L]  2.387

圧縮比  12.5

駆動方式  FR

トランスミッション  6MTまたは6AT

最高出力 [kW(PS)/rpm]  173(235)/7,000

最大トルク [N・m(kgf・m)/rpm]  250(25.5)/3,700

最高回転数 [rpm]  7,400

サスペンション フロント  マクファーソンストラット式

リヤ  ダブルウィッシュボーン式

ブレーキ フロント  Vディスク

リヤ  Vディスク

タイヤ(フロント・リヤ)  215/40 R18

燃料タンク容量 [L]  50



トヨタ86新車情報・試乗評価一覧

スポーツカー新車情報・試乗評価一覧

スバルBRZ新車情報・試乗評価一覧

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング