1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

マツダのおすすめ中古車5選 ガソリン価格高騰時代に優しいディーゼル車の選択肢が豊富

CORISM / 2021年10月24日 11時21分

マツダCX-5

デザインや走行性能にこだわるマツダ車のお勧め中古車とは?


 

マツダ車は、デザインや走行性能こだわるメーカーのひとつ。独創的なデザインによって、多くのファンを獲得している。マツダのデザインテーマは「魂動デザイン」。今回は、この魂動デザインを採用した中古車をランキング形式で紹介する。

 

 

 

魂動デザインを初採用し、爆発的な人気を誇ったモデル
1位 初代マツダCX-5


初代マツダCX-5は、新世代商品群の第1弾として2012年に登場した。マツダのデザインテーマ「魂動デザイン」を初採用したモデルだ。

また、技術面ではCX-5にはマツダ渾身の2.2Lディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D」も初採用されている。

このエンジンの燃費は、当時18.6km/L(FF、JC08モード)と低燃費だ。さらに420Nmの大トルクを誇り、非常に力強く走る。

CX-5は瞬く間にヒットモデルとなり、2012-2013年日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞している。

 

ガソリン価格高騰時代。安価な軽油を使うディーゼル車に注目!


 

デビュー直後は、この2.2Lディーゼルターボの他、2.0Lガソリンも用意された。ただ、2.0Lガソリン車の4WDモデルは、街中では十分だが、高速道路などではやや非力感があった。

そうした経緯から、2013年には2.5Lガソリンエンジンを追加。2013年の改良では、低速域で対車両のみの自動ブレーキが用意されている。開発時期が古いため、現在のような歩行者検知式自動ブレーキはない。

初代CX-5の走行性能は、なかなかスポーティ。サスペンションは、硬めでキビキビと気持ちよく走る。

2.2Lディーゼルターボ車は、420Nmと大トルクをアウトプットする。高速道路のクルージングは、とても余裕があり快適で疲れにくい。燃費も良いので、長距離移動が多い人には、ベストな選択といえる。

昨今のように、ガソリン価格が高騰したままだと、やはりレギュラーガソリンより20円/L前後安い軽油を使うディーゼル車という選択もありだ。

 

 

 

レザーシートなど、高級装備が満載のLパッケージがお勧め


 

初代CX-5は、SUV人気にも支えられ、中古車価格は高値を維持してきた。しかし、徐々に中古車価格が下がり始めてきていて、買いやすい価格帯に入ってきている。

モデル後期で5年落ちとなる2016年式で、200万円を切ってきた。中古車価格は130~180万円程度だ。安価な価格帯でもディーゼルの最上級グレードXD Lパッケージが狙えるが、店舗によってかなりの価格差がある。ボディカラーや駆動方式にこだわらずにじっくりと探せば、買い得感ある中古車が見つかりそうだ。

初代CX-5でお勧めグレードは、最上級グレードのXD Lパッケージだ。本革シートや追従クルーズコントロールなどが装備されており、充実した仕様である。価格と装備のバランスが良いのは、XD プロアクティブだ。

マツダCX-5

 

 

 

 

2.2Lディーゼル車はスポーツカー並、驚異の加速!
2位 3代目マツダ アクセラ


3代目マツダ アクセラは、2013年に登場した。魂動デザインやスカイアクティブ技術を搭載した、新世代商品群第3弾のモデルである。

3代目アクセラは、Cセグメントと呼ばれるコンパクトカークラスに属しており、ハッチバックのスポーツとセダンの2タイプがある。

魂動デザインにより、ダイナミックで生命感のあるスタイルとなっているのが特徴だ。

搭載されたエンジンは、ボディタイプによりやや異なる。

デビュー時は、ハッチバックが1.5Lと2.0Lガソリン、2.2Lディーゼル(2014年投入)の3タイプだった。セダンは、1.5Lガソリンと、トヨタから供給を受けたハイブリッドシステムを使う2.0Lハイブリッドの2タイプが用意された。その後、2016年に1.5Lディーゼルが投入され、2.0Lガソリンが姿を消している。

この3代目アクセラも、2.2Lディーゼルが最もおすすめだ。420Nmという大トルクを誇る2.2Lディーゼルの加速は、非常に速い。ちょっとしたスポーツカー顔負けの加速力を誇る。

それでいて、燃費も19.6km/L(FF、JC08モード)と良好だ。ロングツーリングやスポーツドライビングが好きというのであれば、積極的に選びたいエンジンである。

マツダ アクセラ

 

キレのあるハンドリング性能をもつ3代目アクセラ


 

街中での実用面を望むのであれば、1.5Lガソリンで十分だ。少し余裕がある方が良いのであれば、2.0Lガソリンもおすすめである。中古車流通量が少ないが、2.0Lハイブリッドもなかなか良い仕上がりで、静粛性も高い。

3代目アクセラ、ディーゼル車のハンドリングは、かなりキレのある走りが可能だ。

硬めのサスペンションで、スポーツカーのように走れる。リヤサスペンションは、マルチリンク式が採用されていて、路面追従性も高い。FF(前輪駆動)でありながら、420Nmという大トルクをしっかりと使い切れている。

ディーゼル車は、より安定感が増す4WDがおすすめだ。1.5Lにも贅沢なマルチリンク式が使われていて、乗り心地面もしなやかで好印象だった。

 

 

 

歩行者検知式自動ブレーキが装備された改良後、2016年式がお勧め


 

3代目アクセラの中古車価格は、中古車流通量が少なく、やや高値を維持している。

ただ、5年落ちの2016年式の中古車相場は、おおよそ90~150万円と買いやすくなっている。

2.2Lディーゼル車は、数が少ない上に徐々に人気が高まっているようで、中古車価格は120~180万円程度だ。バランスのよい1.5Lディーゼル車の中古車相場は、約100~150万円ほど。130万円以下位で、程度のよい車両が見つかれば買い得感はある。

3代目アクセラでは、2016年式以降のモデルがおすすめだ。2016年に改良されたディーゼルエンジンが搭載され、歩行者検知式自動ブレーキも用意されている。

ただし2016年式には大幅改良前のモデルも混じっている。しっかりとチェックしておくことが重要だ。

おすすめグレードは、ガソリン車ならプロアクティブ、ディーゼル車ならプロアクティブかLパッケージだ。

Lパッケージは、レザーシートなど豪華装備が装着されているので、非常に満足度が高い。より高音質となる、ボーズサウンドシステム付きモデルも狙い目だ。

マツダ アクセラ

 



 

スタイリッシュな都会派コンパクトSUV
3位 マツダ?


続きを221616.comで見る


 

マツダ車動画・新車情報・試乗評価一覧

SUV動画・新車情報・試乗評価一覧

マツダCX-5動画・新車情報・試乗評価一覧

マツダ アクセラ新車情報・試乗評価一覧

 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング