1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

日産ルークス動画・評価 豪華装備がスゴイ!

CORISM / 2021年8月28日 11時21分

日産ルークスハイウェイス ター みぃぱーきんぐ

 

デイズ ルークス改め、ルークスに!


 

こんにちは!みぃぱーきんぐのmiiです♬

今回は。日産の人気軽自動車ルークス ハイウェイスター」をご紹介します!

ルークスは、スーパーハイト系と呼ばれるセグメントに属しています。非常に高い全高と両側スライドドアを装備。軽自動車マーケットでは、とても高い人気を誇るカテゴリーです。

先代は、デイズ ルークスと呼ばれていましたが、このモデルからデイズの名が外され、シンプルにルークスとなりました。

このモデルも先代同様、日産と三菱の軽自動車における合弁会社NMKVにより企画・開発されています。

ただ、ルークスでは、それぞれ役割が変更されています。デイズルークスでは、日産が企画し三菱が開発・生産を担当しました。

ルークスでは、日産が企画・開発を行い三菱が生産を担当。そのため、プロパイロットなど、日産系の技術が採用されています。

三菱ブランドでは、eKスペース、eKクロススペースが姉妹車関係になります。

 



 

余裕ある走りを披露するターボエンジン


 

さて、ルークスのハイウェイスターは、N-BOXなどでいうところのカスタム系と同等です。迫力のある外装デザインと、クールで上質な内装、充実装備となる仕様です。

搭載されるエンジンは、660㏄のマイルドハイブリッド仕様。ターボモデルもあります。

自然吸気エンジンの燃費は、20.8㎞/L(FF、WLTCモード)。ターボエンジンの燃費は、18.8㎞/L(FF、WLTCモード)と、両エンジンとも良好な燃費値です。

撮影した車両はターボエンジン車で、出力は64ps&100Nmもあり、高速道路のクルージングも余裕がありました。

 

「プロパイロット」や「SOSコール」など、先進技術がてんこ盛り


 

そして、注目技術といえば、日産の先進運転支援技術である「プロパイロット」です。車線を維持しながら、先行車に全車速で追従走行します。渋滞時のストップ&ゴーも簡単操作でOK。ドライバーの疲労軽減や衝突リスクを大幅に軽減してくれる装備です。

また、もしもの時に頼りになるのがSOSコール。エアバッグが展開するような衝突事故にあったとき、クルマが自動で専門オペレーターに通報。

ドライバーの意識が無い場合には、専門オペレーターが救急車や警察への通報を代行してくれるというものです。

こうした装備は、今まで高額の輸入車などには装備されていましたが、ついに軽自動車にまでSOSコールが装備される時代になりました。

安全は、やっぱり重要ですよね。このSOSコールが、ハイウェイスター系には標準装備されています。

その他、電動パーキングブレーキを装備したグレードでは、オートブレーキホールドと言った機能も装備されていて、もはや軽自動車とは思えないくらいの充実装備です。

「今の軽自動車ってこんなにすごいんだ!」と、感じられる動画になっていますので、是非ご覧ください。



 





日産ルークス新旧比較レビュー!

日産ルークス vs ホンダN-BOX徹底比較!

日産ルークス vs スズキ スペーシア徹底比較!

日産ルークスVSダイハツ タント 徹底比較

軽自動車動画・新車情報・試乗評価一覧

日産車動画・新車情報・試乗評価一覧

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング