ホンダCR-V新車情報・購入ガイド ライバルはハリアー!? より豪華で個性的になったマイナーチェンジ

CORISM / 2020年7月15日 19時25分

ホンダCR-V

 

ハイブリッド車を投入するも販売は低迷するCR-V


ホンダCR-Vホンダは、SUVのロングセラーモデルであるCR-Vを一部改良し発売を開始した。今回のマイナーチェンジに合わせ、ハイブリッド車の呼称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更した。

ホンダCR-Vは、ライトクロカンを標榜した初代モデルが1995年に発売されて大ヒットした後、モデルチェンジを重ねてきた。現行モデルは5代目で、2018年にデビューしている。

実は、この5代目モデルは、欧米では2016年に発売されたが、日本では当初発売が見送られていた。ボディが大きくなりすぎ、価格も高くなりすぎたことから、販売が見込めないと考えられたのだろう。

だが、国内のSUV人気もありCR-Vを求める声は高まった。欧米から2年遅れで発売された、という経緯がある。また、5代目CR-Vでは、7人乗りの3列シート仕様を設定したガソリン車のほか、CR-Vとしては初めてとなるハイブリッド車をラインアップに加えて発売している。

国内マーケットで人気のハイブリッドモデルを投入したCR-Vだが、販売面では低迷を続けている。登録車新車販売台数ランキング2020年1~6月では、ベスト50位にも入らない状況だ。

ホンダCR-V

 



 

ガソリン車には7人乗りの設定もあるCR-V


ホンダCR-Vは、販売台数が多いクルマではないが、ラインナップは豊富でパワートレーンがガソリン車とハイブリッド車となるほか、駆動方式がFFの2WDと4WD車が選べ、ハイブリッド車は乗車定員が5名の2列シートだけだが、ガソリン車では2列シートと3列シートが選べるなど、いろいろな選択肢が用意されている。

 

 

軽微な変更となったマイナーチェンジ。新グレードのEX・ブラックエディションを新設定


ホンダCR-V今回CR-Vの、マイナーチェンジとはいえ、ちょっとした改良程度の変更。変更幅は大きくはない。シーケンシャルターンシグナルランプや、ステアリングヒーター、リバース連動ドアミラーなどの上級装備を標準装備としたのが目立つ程度だ。

CR-Vのデザイン関係では、“EX”グレードのシートを変更し、“EX・マスターピース”グレードのホイールデザインを変更したほか、ボディカラーに3色の新色が設定されている。

注目されるのは、最上級グレードとして追加された新グレードのEX・ブラックエディションだ。これはガソリン車とハイブリッド車の両方に設定されている。エクステリア・インテリアともに黒基調の専用加飾を施したほか、ブラック塗装のアルミホイールで、SUVならではの力強さや、武骨さといった魅力をより際立たせるスタイリングを採用している。

ホンダCR-V

 



 

●ホンダCR-V EX・ブラックエディションの主な専用加飾


ホンダCR-V・専用アルミホイール(ブラッククリア塗装・18インチ)

・専用エンブレム

・フロントグリルやフォグライトガーニッシュ、ドアロアガーニッシュ、テールゲートガーニッシュをダーククロームメッキ仕上げに変更

・ヘッドライトエクステンションカラーをブラックに変更

・スモークタイプのLEDリアコンビネーションランプを採用

ホンダCR-V・ロゴ入り本革シート

・ドアオーナメントパネル、インナードアハンドルなどをピアノブラック調塗装に変更

・木目調パネルをブラックに変更

・ブラックルーフライニング

 

ホンダCR-V

 



 

ホンダCR-Vのグレード選び「ライバルはハリアー?」


ホンダCR-V追加設定されたEX・ブラックエディションの価格はEX・マスターピースに対して8万8000円ほど、価格をアップしている。専用仕様の割には、価格アップを抑えた設定といえるが、お買い得というほどでもない。

CR-Vは、EXとEX・マスターピース、EX・ブラックエディションと3グレード構成。エントリーグレードのEXでも装備は充実している。EX・マスターピースは、豪華仕様といったグレードで、EXに対してハンズフリーアクセスパワーテールゲート(イージークローザー/挟み込み防止機構付)、電動パノラミックサンルーフ、本革シートなどが装備されている。グレード毎のオプション設定はほとんどないので、こうなると、グレードの選択は予算次第ということになる。

ホンダCR-Vただ、CR-Vの価格は全体的に高めの印象がある。2.5Lハイブリッドを搭載したRAV4の方が、やや割安に見える。

しかし、これがハリアーと価格を比べると、CR-Vの方がやや安価に見えてくる。CR-Vのライバルは、ハリアーなのかもしれない。とはいえ、この価格設定だと、なかなか選びにくいのが現状だ。

しかし、実際の販売現場では、CR-Vの販売が低迷していることもあり、値引きも拡大傾向にあるようだ。RAV4やハリアーと競合させれば、大幅値引きも期待できる。大幅値引きが前提であれば、CR-Vのコストパフォーマンスもグッとアップする。

ホンダCR-V

 



 

 

ホンダ車試乗記・評価一覧

SUV新車情報・試乗評価一覧

2020年 安全な車ランキング【SUV編】

ハイブリッド新車情報・試乗評価一覧

 

ホンダCR-V価格


■1.5Lガソリン ターボエンジン車

・EX 5名 FF 3,361,600円/4WD 3,581,600円、 7名 FF 3,556,300円/4WD 3,776,300円

・EX・Masterpiece 5名 FF 3,686,100円/4WD 3,906,100円、 7名 FF 3,880,800円/4WD 4,100,800円

・EX・BLACK EDITION 5名 FF 3,774,100円/4WD 3,994,100円、 7名 FF 3,968,800円/4WD 4,188,800円

■2.0Lハイブリッド車

・e:HEV EX 5名 FF 3,925,900円/4WD 4,145,900円

・e:HEV EX・Masterpiece 5名  FF 4,250,400円/4WD 4,470,400円

・e:HEV EX・BLACK EDITION  5名 FF 4,338,400円/4WD 4,558,400円

 



 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング