トヨタ ルーミー新車情報・購入ガイド タンクを廃止し、デザイン&安全装備などを一新したマイナーチェンジ

CORISM / 2020年10月15日 18時43分

トヨタ ルーミー

 

タンクを廃止し、より効率化を狙ったマイナーチェンジ


トヨタ ルーミートヨタのトール系コンパクトカーであるルーミーが、マイナーチェンジを受けた。ルーミーはタンクと姉妹車を構成するクルマだった。

しかし、現在のトヨタ販売チャンネルは、全ディーラーが全車種を販売する形になっているため、姉妹車を設定する意味がなくなったため、タンクを廃止してルーミーに一本化される形になっている。当然、一本化されたことで、効率化が進み、より多くの利益を生む仕組みに変更されている。

トヨタ ルーミーは、2016年に登場した新型車。ルーミーの基本は、高めの全高を持つと同時に、左右にスライドドアを持つことから、小さなミニバンといった雰囲気も持ち使い勝手は良好だ。

このジャンルではスズキのソリオが先行していたが、それを追いかけたのがルーミーだった。さらに、ルーミーはダイハツのトールやスバルのジャスティも姉妹車になる。

ルーミーの新車販売も非常に好調。登録車販売台数ランキングでは、ベスト10内の常連。廃止されたタンクを合わせると、ベスト5にも入るような売れ行きを示している。今や、人気コンパクトカーの代表格となっている。

トヨタ ルーミー

 



 

予防安全装備を大幅強化したマイナーチェンジだが・・・


トヨタ ルーミー

今回のマイナーチェンジの最大のポイントは、進化した予防安全機能のスマートアシストを全車に標準装備したことだ。衝突を回避支援するブレーキ機能は、衝突警報機能の検知対象に同じ方向を走っているバイクや自転車などの二輪車と、夜間の歩行者も追加した。ステレオカメラを使った基本システムに変更はないが、機能を高めて安全性を向上させた。

また上級グレードに設定され、高速道路などでの定速走行をアシストするACC(アダプティブ・クルーズコントロール)は、全車速追従機能付きになった。高速道路に限らず渋滞時に停止したときなど、クルマが車間距離を保って停止してくれる。この全車速追従機能付きACCを装着したクルマでは、パーキングブレーキが電気式になり、停車中にブレーキペダルから足を離してもブレーキ力が保持される「ブレーキホールド」機能付きとなった。これはうれしい改良である。

ただし、今や軽自動車でも標準装備化されつつあるサイド&カーテンエアバッグは、全車オプション設定と少々物足りない状態となっている。

トヨタ ルーミー

 



 

迫力系デザインが進化


トヨタ ルーミー外観デザインも変更を受けた。ルーミーには従来から標準系とカスタム系の2種類のデザインが採用されていたが、それは今回のモデルでも継承されている。スポーティなイメージを強めたカスタム系は、これまでのルーミーが採用していた横桟タイプのグリルがさらに大型化され、一段と押し出しの強いものになった。

標準系のモデルは、これまでのタンクに採用されていたグリルの下部が台形になった形状を採用し、タンクの雰囲気を受け継ぐようなデザインとされている。カスタム系、標準系とも顔つきはかなり変わった印象だ。

最近のトヨタは、こうした迫力系デザインが上手い。顧客の好むデザインを上手くカタチにしている。こうしたマーケットインなデザインは、アルファードやヴォクシーなどでも好評を得て、売れている大きな理由のひとつになっている。

トヨタ ルーミー

 

つながるをアシストするディスプレイオーディオをオプション設定


トヨタ ルーミー外観の変更に合わせてボディカラーに新色が追加された。クールバイオレットクリスタルシャインとターコイズブルーマイカメタリックの2色がそれだ。またインテリアはシート形状やシート表皮に変更を加えている。

快適装備は、事前予約しておけばスマートキーを持った人が近づくと自動的にスライドドアが開く「ウェルカムパワースライドドア」を標準装備したのがポイントで、ほかにスマートフォンなどの充電用USB端子も標準装備している。

また9インチのディスプレイオーディオを全車にオプション設定した。これは、スマートフォンと連携することでインフォテイメントシステムとして使えるものだ。

トヨタ ルーミー

 



 

走行性能や燃費面の向上はなし?


トヨタ ルーミー利便性や見栄え、予防安全性能がアップしたルーミーのマイナーチェンジだが、走行性能などの変更がまったく行われていないようで、トヨタのニュースリリースにも一切記載がない。

ルーミーは、コンパクトカーのパッソ/ブーンのプラットフォームを使う。このプラットフォームは、やや古く重い。そのため、ルーミーの車重は1,080~1,110㎏(FF)となっている。ライバル車のスズキ ソリオの車重は、930~990㎏と大幅に軽い。

軽さは燃費や走行性能に影響する。ルーミーは、燃費性能や乗り心地、静粛性などやや物足りない部分もあっただけに、今回のマイナーチェンジで改善されたかどうかという点は、重要なポイントだ。しかし、こうした走行性能部分の改善が行われていないのであれば、少々残念なマイナーチェンジということになりそうだ。

トヨタ ルーミー

 

トヨタ ルーミーのお勧めグレードは、カスタムG


グレードはカスタム系がG-TとG、標準系がG-TとG、Xの合計5グレードの設定だ。Tが付くグレードにはインタークーラー付きターボエンジンが搭載され、ほかのグレードには自然吸気エンジンが搭載されている。ターボ車はFFのみの設定だが、自然吸気エンジンの搭載車には4WD車も用意されている。

前述の全車速追従機能付きACCは、カスタム系に標準装備され、標準系は設定がないのでオプションで装着というわけにはいかない。本来なら無理してカスタム系を選ぶことはないのだが、この装備は肝になる装備なので、これを手に入れるためにカスタム系のGがお勧めグレードになる。

トヨタ ルーミー

 



 

トヨタ ヤリス vs ホンダ フィット徹底比較!

2020年 安全な車ランキング【国産コンパクトカー】

コンパクトカー新車情報・試乗評価一覧

ハイブリッド車新車情報・試乗評価一覧

トヨタ車新車情報・試乗評価一覧

 

トヨタ ルーミー価格


・X FF 1,556,500円/4WD 1,732,500円

・G FF 1,743,500円/4WD 1,919,500円

・G-T FF 1,864,500円

・カスタムG FF 1,914,000円/4WD 2,090,000円

・ カスタムG-T FF 2,046,000円

 

 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング