アウディQ8試乗記・評価 ルックス、走り共にスマートなSUV

CORISM / 2020年6月18日 20時15分

アウディQ8

 

デカいのにスマートなアウディQ5


アウディQ8 アウディは、 SUVの共通車名として頭に「Q」が付く。数字が大きくなるほどボディサイズが大きくなり、現在Q2が最もコンパクトなSUV。その後、 Q3Q5Q7Q8と続き、計5台ものSUVモデルを用意している。今回、試乗したアウディQ8は、SUVラインアップの中でフラッグシップモデルになる。

アウディQ8は、フラッグシップSUVということもあり、堂々としたボディサイズをもつ。ボディサイズは、全長 4,995×全幅1,995×全高 1,705mm。全長はそれほど長くないが、全幅はかなりワイドな印象だ。

アウディA8のスタイルは、丸みを帯びたボディとフロント/リア共にガラスの傾斜が大きく、車高自体もやや低め。クーペのようなルーフラインとフレームレスドアを採用しており、車高はQ7より30mm低く設定されている。流行りのクーペとのクロスオーバーSUVだ。そのため、全体的に「デカイ」と言った印象は無く、スマートさを感じる。

アウディQ8

 



 

やっぱり、タッチパネルは・・・


アウディQ8運転席に乗り込むと、シートやメータパネル、ステアリングなどに違和感は無く、佇まいが好印象。ボンネット周りの見切りが良いのと「サラウンドビューカメラ」や「カーブストーンアシスト」などのサポートで駐車場や狭い路地などでも取り回し易く安心感がある。

各種操作は、タッチパネル(MMIタッチレスポンス)で行われる。いわゆるスマートフォン的で便利なのだが、走行中は身体が揺すられて思ったところにタッチするのは難しい場面が多々あり、ミスタッチでイライラする事もあった。

ミスタッチが続くと、指先を注視し前方監視が怠りがちになる。安全面では、 BMWなど回転式コントローラーが比較的操作し易く安全だ。一般的なユーザーからは、タッチパネルという要望が多いと思うのだが、どうしてもタッチパネルが必要なら、回転式コントローラー併用が望ましい。

 

アウディQ8

 



 

優れた静粛性と乗り心地


アウディQ8 アウディQ8は、車内で聞こえるエンジン音は小さく静かだ。加速時もトルク感があり、静かにスーと気持ち良く発進・加速する。

ここで特筆すべきは、タイヤが丸いと感じることだ。抵抗感の無い転がりで発進が非常にスムーズ。路面凹凸の吸収性が良く、道路のうねりなどでもバネ上にフラット感があり身体の揺すられ感が小さくリラックス出来る。

路面の段差や継ぎ目もスムーズに乗り越して、ショックが小さい。目で見た路面状況と、身体に感じる乗心地が良い意味で異なるほどだ。前方に段差を認識して身構えるが、衝撃音のみで身体に伝わるショックは小さい。特にコーナリング中の段差などで、進路を乱される事も無く安心感があった。

この乗心地は、装着されていたアウディ純正コンチネンタル製ウインタータイヤの恩恵が大きいのかも知れない。また、サスペンションとのバランスも良く乗心地も非常にマイルド。タイヤの真円度が高い印象で、発進時にスーっとスムーズに転がってくれるのだ。

アウディQ8

 



 

ゆったり気分でロングドライブが楽しめる


アウディQ8ハンドルを切った時の応答も、急に動く感じが無く接地している部分が丸く感じられる穏やかな優しい動きである。この乗り心地の良さや穏やかなハンドリングは、サマータイヤになるとどの様に変化するのか確かめてみたい。

これだけ乗心地が良いと、フワフワした印象を与えてしまいそうだ。だが、ハンドルの切り始めや切り返し時の操作に対して、動きの遅れなどは無く十分なダイレクト感がある。

ロール(クルマの傾き)に大きさ・速さも適度なもので、クルマの大きさや重さを感じさせない。レーンチェンジなどでの揺り返しも穏やかで、収まりもスムーズ。乗心地に同じく、ゆったりとした気分でドライブ出来て好印象だった。

また、安全装備としての「アダクティブドライブアシスト」である。この機能は、クルマの周囲を画像化してバーチャルコクピットのモニターにも表示される。

前方、側方(左右車線や路肩の停車車両など)の車両(乗用車、トラックなど)を認識して、クルマの大きさや種別を表示すると共に、路肩などの設置されたパイロン(セーフティーコーン)の位置関係まで正確に表示されるのには驚いた。

今回の試乗では、居住性・操縦性共に非常に好印象。静粛性が高く、ゆったりとした快適な乗り心地は、楽に長距離移動が出来るとモデルだと確信した。

<レポート:河野達也>

 



 

アウディQ8価格


・Q8 55 TFSI quattro 10,100,000円

・Q8 55 TFSI quattro debut package 11,220,000 円

 

アウディQ8燃費・ボディサイズなどスペック


アウディQ8代表グレード アウディQ8 55 TFSI quattro debut package

全長ⅹ全幅ⅹ全高:4,995 ⅹ1,995 ⅹ1,690mm

ホイールベース 2,995mm

車両重量 2,210 kg

最低地上高 195mm

最小回転半径 6.2m

アウディQ8乗員定員:5名

ラゲッジ容量 :605L

エンジン V型6気筒DOHCターボ

総排気量:2,994cc

最高出力[ネット] :250kW(340PS)/5,200-6,400rpm

最大トルク[ネット] :500Nm(51kgm)/1,370-4,500rpm

燃費(JC08モード) 10.3 km/L

駆動方式 :quattro(4WD)

ミッション 8速AT

 



 

ドイツ車新車情報・試乗評価一覧

アウディ新車情報・試乗評価一覧

SUV新車情報・試乗評価一覧

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング