英国「ラファエル前派」が大集結 ラスキン生誕200年記念の展覧会

CREA WEB / 2019年5月2日 21時0分

【今月のこの1枚】
ジョン・エヴァレット・ミレイ『滝』

ラスキン生誕200年記念
『ラファエル前派の軌跡展』より


ジョン・エヴァレット・ミレイ《滝》1853年、油彩/板、23.7×33.5cm、デラウェア美術館、サミュエル&メアリ・R・バンクロフト・メモリアル、1935年 ©Delaware Art Museum, Samuel and Mary R. Bancroft Memorial, 1935

自然と日常への愛、濃やかな観察眼
進取の気性を観よ!

 それは英国的な、あまりに英国的な絵画です。

 ジョン・エヴァレット・ミレイ による《滝》。何がそんなに英国的かといえば、まずは自然の描写のしかた。

 画面上方にある草木が、それはそれは丁寧に描かれているのが見てとれますね。手前の岩肌も、なんとも几帳面に写し取られています。

 あるがままの自然を愛し、また観察を旨とし経験を重視する英国人の本領が、ここによく表れています。

 人物の描き方も、そう。女性の個性を強調することなどしませんし、この瞬間をことさら劇的な場面にしようとの意図も感じられません。平生の暮らしを大切にする英国的心性が、色濃く反映されているのでしょう。

 人間の存在を特別視せず、自然と馴染ませ一体化させんとしているのも、ぜひ着目したいところです。

 自然や日常を愛するこうした国民性は、日本のそれと近しいものがあるように思えます。

 だからこそ思うのです。このミレイをはじめとして、今展のテーマとなっているラファエル前派の活動や作品が、日本でよりよく味わわれていいのではないかと。

 ラファエル前派とは、ミレイ、ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントらによって、1848年に結成されたアーティスト集団の名。

 産業革命を経て社会が大きく動いていた当時、美術の世界でも伝統的な「アカデミー」絵画を打破すべしと、行動を起こしたのが彼らでした。

 究極のお手本とされていたルネサンス期の巨匠ラファエロを超えるべく、ラファエロ以前の素朴で誠実な美術へ戻ろうとしたのでした。

 人々が織りなす素朴なふるまい、そこで生まれる感情、人生のストーリーを写し取ろうとしたラファエル前派の進取の気性もまた、英国らしさの発露といえましょう。

 19世紀の美術潮流といえば、フランスで勃興した印象派が最も知られますが、ひと足早く英国にラファエル前派が現れて、大きく流れを変えたことは、もっと注目されてしかるべきです。

 自然を愛でて、日常に目を向け、徹底した観察から時代を切り拓こうと模索したラファエル前派の為したこと、ぜひ作品の実物と向かい合って読み取ってみては。

ラスキン生誕200年記念
『ラファエル前派の軌跡展』

19世紀半ばに英国で活動した「ラファエル前派」と後続の作家たちが残した作品群を一堂に集めた。彼らを擁護し、理論面から支え導いた評論家ジョン・ラスキンの生誕200年を記念して企画された。

会場 三菱一号館美術館(東京・丸の内)
会期 開催中~2019年6月9日(日)
料金 一般 1,700円(税込)ほか
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://mimt.jp/ppr/

それぞれの時代の
「日本の宝」に触れる!

『百年の編み手たち
─流動する日本の近現代美術─』


中原 實《杉の子》1947。

 しばし改修工事のため閉じていた東京都現代美術館が再び始動。

 リニューアル・オープン記念展として『百年の編み手たち』を開催しています。ここ百年に現れた日本の代表的アーティストを「時代の編み手」とみなし、同館コレクションから作品を選定、一挙に展観させてくれるのです。

 出品作家は会田誠、瑛九、岡本太郎、オノ・ヨーコ、岸田劉生、北代省三、名和晃平、吉原治良などと、まさに多士済々。

 日本の現代美術好きもそうでなかった人も、きっとお気に入りの作家・作品が見つかりそう。

『百年の編み手たち ─流動する日本の近現代美術─』

会場 東京都現代美術館(東京・江東)
会期 開催中~2019年6月16日(日)
料金 一般 1,300円(税込)ほか
電話番号 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
https://www.mot-art-museum.jp/

『大徳寺龍光院
国宝曜変天目と破草鞋』


国宝 曜変天目 南宋時代 12-13世紀。

 MIHO MUSEUMでは『大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草蛙』なる注目の展示が。

 大徳寺の塔頭である龍光院は江戸時代、当代一流の風流人が集う文化発信地でした。院に伝わる名宝を一挙公開するのですが、なんとしてもこの目で見ておきたいのは国宝・曜変天目茶碗。眼福の体験をぜひ。

『大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋』

会場 MIHO MUSEUM(滋賀・甲賀市)
会期 開催中~2019年5月19日(日)
料金 一般 1,100円(税込)ほか
電話番号 0748-82-3411
http://www.miho.or.jp/

山内宏泰(やまうち ひろやす)

ライター。著書に『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)ほか。「文学ワイン会 本の音夜話」などの催しも主宰。近刊に『写真を読む夜』(誠文堂新光社)、電子書籍『写すひと』(コルク)。
https://twitter.com/reading_photo

文=山内宏泰

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング