塩田千春の世界を網羅した展覧会 壮大なインスタレーションは必見!

CREA WEB / 2019年7月2日 21時0分

【今月のこの1枚】
塩田千春『不確かな旅』

『塩田千春展:魂がふるえる』より


塩田千春《不確かな旅》 2016年。鉄枠、赤毛糸。展示風景:「不確かな旅」。ブレイン|サザン(ベルリン)2016年。撮影=Christian Glaeser。

無数の赤い糸に導かれて、
「内なる旅」へと漕ぎ出したい!

「運命の赤い糸」とはよく耳にするけれど、目には見えないし、本当に存在するのか確信も持てない……。ところがこの作品は、それをはっきりかたちにして見せてくれているかのようです。

 空間全体を作品化したインスタレーション、塩田千春の《不確かな旅》。世界中で作品を発表してきた塩田にとって、過去最大級の個展となるのが、森美術館で開催される『塩田千春展:魂がふるえる』です。その第一室に、同作は築かれています。

 室内に入ると、真っ赤な糸が視界を埋めつくさんばかりに張り巡らされていて、眼も心も奪われます。やはり赤色というのは、無条件に人の気持ちを波立たせ高揚させますね。

 観者は室内を自在に行きつ戻りつできますから、「赤の世界」に存分に身を迷い込ませて楽しむことができます。しばしうろついていると、頭の中には「いったいここはどこだっけ? この状況をどう把握したらいいんだろう?」といった問いが浮かんできます。

 もし赤い糸が「運命の人」を意味するのなら、空間を錯綜しながら飛び交う無数の線は、人と人のつながりを表していると考えていいでしょう。でも、このインスタレーションに身を浸していると、どこか不安な気持ちに襲われたり、痛々しさを感じる面もあります。

 すると赤い糸の群れは、身体を縦横に走る繊細な血管か、生々しく剝き出しになった神経線維のように見えてきたりもするのでした。

 あれこれ考え佇んでいると、これら赤い糸が結びつけられている先に目が行きます。そこにあるのは、幾艘もの舟。舟というモチーフは、旅路もしくは人生そのものの行路を連想させます。舟から伸びた無数の赤い糸は、旅に出た先に待つ新たな出会いを予見しているのでしょうか。

 この空間にいると、不思議な懐かしさにも捉われます。きっとここは一人ひとりの心の中の、いちばん奥のところにある部屋の様子とよく似ているのです。

 塩田千春の作品に触れると、その大切な部屋の扉をずいぶん久しぶりに開けることとなる。それで観る側のあれやこれやの感情が一挙に揺さぶられ、まさに「魂がふるえる」体験が生じるのでした。

『塩田千春展:魂がふるえる』

1990年代から創作を続けるアーティスト塩田千春の、初期作品から最新作までを網羅。無数の糸やドレス、窓枠、スーツケースなどを用いた壮大なインスタレーションの数々は必見。

会場 森美術館(東京・六本木)
会期 2019年6月20日~2019年10月27日
料金 一般 1,800円(税込)ほか
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://www.mori.art.museum/

東西の国立美術館
充実のコレクション

『国立西洋美術館開館60周年記念
 松方コレクション展』


クロード・モネ《睡蓮》1916年。 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館(松方コレクション)。

 美術館というのは本来、コレクションを形成して公開しつつ、人類の美の遺産を後世へ伝えていくという大事な役割を負っている存在です。

 このたび東京と大阪の国立美術館が、充実のコレクションを惜しげなく披露する機会を設けています。これを機に日本の美術館の底力を感じてみたいところです。

 東京の国立西洋美術館では、同館収蔵品の骨格を成す「松方コレクション」にスポットを当て、国内外に散逸した作品も含め構成された展覧会を開催。

 20世紀初頭、松方幸次郎がロンドンやパリで買い集めた作品群のことで、ゴッホやモネらの名品がたっぷりなのです。

『国立西洋美術館開館60周年記念
 松方コレクション展』

会場 国立西洋美術館(東京・上野)
会期 2019年6月11日~2019年9月23日
料金 一般 1,600円(税込)ほか
電話番号 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
https://artexhibition.jp/matsukata2019/

『コレクション特集展示
 ジャコメッティと Ⅰ』


アルベルト・ジャコメッティ《ヤナイハラ Ⅰ》1960-1961年。国立国際美術館蔵。撮影=福永一夫。

 大阪の国立国際美術館では、20世紀を代表する彫刻家・画家ジャコメッティの特集展示が開かれています。

 同館が収蔵するブロンズ彫刻《ヤナイハラⅠ》と油彩画《男》を中心に、国内他館からもジャコメッティ作品を集めました。

『コレクション特集展示
 ジャコメッティと Ⅰ』

会場 国立国際美術館(大阪・中之島)
会期 開催中~2019年8月4日
料金 一般 430円(税込)ほか
電話番号 06-6447-4680
https://www.kyohaku.go.jp/

山内宏泰(やまうち ひろやす)

ライター。著書に『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)ほか。「文学ワイン会 本の音夜話」などの催しも主宰。近刊に『写真を読む夜』(誠文堂新光社)、電子書籍『写すひと』(コルク)。
https://twitter.com/reading_photo/

文=山内宏泰

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング