満足度の高い「取り寄せうどん」6選 簡単調理で手間なくお腹いっぱい!

CREA WEB / 2019年7月24日 11時0分

 ごはんを作るのも外食もおっくうな夜は必ずあるもの。そんな時に威力を発揮するのが一皿で満足できるうどん。残業がしばらく続く時、ちゃんと食べたいけれどラクしたい、そんな夜の最強の相棒です。

 夜に嬉しいカロリー低めのうどんに、具ありの贅沢うどん。どれも簡単調理で手間なく満腹。


コシが強く
小麦の風味豊かな純生うどん

●うどん本陣 山田家
「釜ぶっかけセット4人前」


釜ぶっかけセット4人前(RAK-4)〈純生讃岐うどん300g×2袋、本造り釜だしストレート100g×4袋、天かす、薬味ねぎ、ごま〉2,000円(税込)。/うどん本陣 山田家

 ゆでたて熱々を釜ぶっかけにしても、冷たいざるぶっかけにしてもおいしい讃岐うどん。

「もっちりとしたコシとツルンとした喉越しがたまりません。出汁も美味。手軽なセットなので、お使い物にも喜ばれます」(坂本愛さん)


◎推薦人

[編集・ライター]坂本 愛さん

うどん本陣 山田家
[香川県・高松市]

https://www.rakuten.co.jp/yamada-ya/

具だくさんでコスパ抜群!
お腹も舌も満足間違いなし

●冨美家
「冨美家鍋」


冨美家鍋〈ゆでうどん180g、めんつゆ、具(生卵、もち、えび天ぷら、煮付けしいたけ、かまぼこ、ねぎ、花麩、七味唐辛子)〉460円。/冨美家

 もち・生卵・えび天などがセットになった鍋焼きうどん。鍋で出汁とうどんを煮て具をのせるだけ。

「やわめのうどんに、利尻昆布、うるめ、目近など家庭では真似できない手の込んだお出汁がしっかり絡み、心まで温かくなる味わい」(梅津有希子さん)


◎推薦人

[ライター・だし愛好家]梅津有希子さん

冨美家
[京都市]

配送方法 冷蔵

濃い出汁の旨みにほっとする
大阪・老舗の味

●道頓堀今井
「きつねうどん」


きつねうどん〈うどん玉170g、濃縮おだし200ml、きつね揚げ、ねぎ〉730円/道頓堀今井

 もちもちした大阪うどんに甘めに煮た肉厚のきつね揚げがセットに。濃縮出汁に水を足し、うどん玉と一緒に鍋で煮るだけで完成。

「これさえあれば幸せに暮らせる。夏限定の冷やしきつねもおすすめ」(北條芽以さん)


◎推薦人

[エディター・ライター]北條芽以さん

道頓堀今井
[大阪市]

配送方法 冷蔵
電話番号 06-6575-0320
FAX 06-6575-0318
https://www.d-imai.co.jp/

夜でも気兼ねなく食べられる
ヘルシー麺

●日南市漁協女性部加工グループ
「日南魚うどん」


日南魚うどん〈150g〉360円(税込)、つゆ 60円(税込)/日南市漁協女性部加工グループ

 新鮮なトビウオのすり身に卵と片栗粉を加えて練り上げた、やや細めのうどん。煮込むほどに煮汁に出汁が出るうえ、ぷりぷり食感の麺はのびにくく、糖質も低め。

「かまぼこをうどんに加工したようで、なんともクセになる味と食感」(飛田和緒さん)


◎推薦人

[料理家]飛田和緒さん

日南市漁協女性部加工グループ
[宮崎県・日南市]

配送方法 冷凍
電話番号 0987-27-2225
FAX 0987-27-2233

湯葉とレモンの
珍しくも上品なトッピング

●京都 権太呂
「湯葉れもん冷しうどん」


湯葉れもん冷しうどん〈細切りうどん、生湯葉レモン煮60g(生麺)120g、特製だし250ml〉1,000円/京都 権太呂

 京風うどんすきの名店の、生麺のセット。

「暑い時期に食べたくなるさわやかなうどん。レモン汁入りのさっぱり冷たい出汁と、湯葉とレモンの皮のしぐれ煮を、しっかり混ぜながらいただくとサイコー。細めのうどんも好み」(ツレヅレハナコさん)


◎推薦人

[編集者]ツレヅレハナコさん

京都 権太呂
[京都市]



※2019年9月2日(月)までの限定発売(2019年8月28日(水)まで注文可)
http://gontaro.co.jp/

出汁のおいしさを語りたくなる
名店の名物

●味味香
「京のカレーうどん」


京のカレーうどん(即席麺8袋入り)〈乾麺80g、粉末スープ20g×各8袋〉3,000円(税込)/味味香

 麺をゆでて粉末スープを溶かすだけの簡単調理で完成。

「カツオと昆布の出汁をしっかりと感じるスープに11種類のスパイスが効いた、とろりとしたカレーうどん。お出汁のなんともおいしいこと!ねぎをたっぷり加えるのが好きです」(小池花恵さん)


◎推薦人

[フリー編集者]小池花恵さん

味味香
[京都市]

電話番号 077-524-8980
FAX 077-524-8978
info@mimikou.jp
http://mimikou.ocnk.net/

Text=Kaori Minetsuki
Photographs=Wakana Baba, Hirofumi Kamaya〈cutout〉
Food coordinate & Styling=Nobuko Nakayama(peddle)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング