朝メイク⇒夜メイクにスイッチ プロが教えてくれたとっておきの技

CREA WEB / 2019年9月25日 7時0分

 夜のお出かけ前には、単なるメイク直しにとどまらず、アンバーなダウンライトの下で映えるメイクにシフトしよう。

 ヘア&メイクアップアーティストのpaku☆chanさんにリタッチのポイントを教えてもらいました。


欲しいツヤだけ引き出した
媚びない色気が夜には似合う


 夜のお出かけに向けてのメイク直しは、ムラなくフラットにカバーしたり朝と同じアイテムを重ねたりするのではなく、朝のメイクを生かしながら夜映えする色とツヤを加えましょう。


ブラウス/スタイリスト私物、イヤリング 37,000円/スタージュエリー(スタージュエリー表参道店)

 肌のテカリは抑えて、ツヤを部分的にプラスすることで、薄暗い中でもしなやかな光沢感=女性らしさが際立ちます。

 同時に、眉や唇は陰影を深めて立体感とメリハリを強調すると、ミステリアスな雰囲気に。

 普段のメイクにプラスして、昼間とは異なる表情を楽しんでみてください。

カーキ系のパウダーで
眉にやわらかな深みを


ダークチャコール、カーキグリーン、イエローホワイトの3色パレット。3Dコントロール アイブロウ01 6,500円/SUQQU

 カーキとチャコールのパウダーを混ぜて眉の上のラインを描き足し、ブラシでぼかす。

 眉の中間~眉尻はしっかりめに。眉頭は濃くせず、あえて眉間に抜け感をつくるとイノセントな印象に。

SUQQU


https://onlineshop.suqqu.com/

オレンジ系コンシーラーで
部分直し


気になる色ムラをマルチにカバー。カネボウ コンシーラーコンパクト 6,000円/カネボウインターナショナルDiv.

「オレンジ味があるとダウンライトの下でも浮かずに肌ムラがカバーできます」

 目尻、下まぶた、口角などになじませて。肌トラブルがある場合はオレンジをベースに肌色に合わせてブレンドを。

カネボウインターナショナルDiv.


https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/

唇にメタリックの煌めきを


左から:パールが煌めく透け感のあるダークピンク。ルージュ・アンテルディ・テンプテーションNo.20 4,000円/パルファム ジバンシイ(限定発売中)、ブロンズメタリックが輝く、バーガンディ色。リップスティック2922 3,300円/NARS JAPAN

「メタリックリップは夜メイクにこそ抜群にフィット。ブラウン、ベージュ系がさりげなくていい」

 唇に直塗りしてラフに楽しんで。うるおい感を強調するなら透け感のあるリップを選んでも。

パルファム ジバンシイ

電話番号 03-3264-3941
https://www.givenchybeauty.com/jp

NARS JAPAN


https://www.narscosmetics.jp/

大粒グリッターを目もとにオン


大粒シルバーグリッターが輝くヌーディなオレンジのアイシャドウ。シークインクラッシュ N°6 4,200円/イヴ・サンローラン・ボーテ

「普段のアイメイクにグリッターを重ねるだけ。繊細なパールよりも大粒のラメのほうが暗い中での光がきれい。ほんのり赤みを足して女らしさも」

 黒目よりも目頭側に指で軽くなじませて。

イヴ・サンローラン・ボーテ

電話番号 03-6911-8563
https://www.yslb.jp/home

白のプレストパウダーを
「メリハリ塗り」


緻密な透明感を引き出すカラーレスパウダー。アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル 6,500円/イヴ・サンローラン・ボーテ

 パウダーを大きめのブラシで軽く全体にのせ、眉上、鼻筋、目の下、あご先はブラシやパフで磨くようにツヤを出し、鼻先、ほうれい線、あご横はスポンジで重ね塗りしてテカリを抑える。

イヴ・サンローラン・ボーテ

電話番号 03-6911-8563
https://www.yslb.jp/home

クリームチークで
凛とした横顔に


左から:肌色にフィットし、内側からの発色感と透明感を演出するヌードピンク。ミネラルクリーミーチーク13 3,300円/MiMC、肌に溶け込むようになじむマルチユースカラー。インフィニトリー カラー09 3,200円/セルヴォーク

「横を向いたときの頰のツヤめきは、シャープな輪郭を感じさせます」。

 クリームチークを頰骨に沿って長方形に伸ばす。欲しいのは色づきよりも肌のうるおいを感じさせる自然なツヤ。ノンパールのピンクベージュ系を選んで。

久保田紗友(くぼた さゆ)

ドラマ「べっぴんさん」「過保護のカホコ」(2017)、「この世界の片隅に」(2018)などに出演し、注目を集める。映画『ハローグッバイ』(2017)では主演を務め、2020年1月公開の『サヨナラまでの30分』でヒロインを務める今、期待の若手女優。


●教えてくれたのは……
paku☆chan(パクチャン)

ヘア&メイクアップアーティスト。Three PEACE所属。みずみずしい感性と繊細なテクニックを兼ね備える。抜け感と女っぽさの表現が絶妙で、女性誌をはじめ、さまざまな媒体で活躍する人気アーティスト。

Text=Kyoko Murahana
Photographs=Sodai Yokoyama〈model〉, Hirofumi Kamaya〈cutout〉
Hair & make-up=paku☆chan(Three PEACE)
Styling=Hitoko Goto
Model=Sayu Kubota

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング