[酉(とり)年] 9/17〜10/16の運勢 謙虚な姿勢と計画性で高評価を獲得

CREA WEB / 2020年9月14日 18時0分

酉(とり)年

9月17日(木)~10月16日(金)の運勢


 運気は好調、やりたいことをやり切れるときです。

 この時期の運を活かすカギは、計画性。

 物事を進めるときは、綿密な計画を立ててから臨むことが肝要です。

 その際は、自身の能力を考慮することが重要に。

 どんなにスケジューリングが完璧であっても、自分のキャパシティを超えていたら意味がありません。

 非現実的すぎる目標も同様。まずは、身の丈にあった事柄から始めていきましょう。

 また、この時期は、取り組みに対する評価が得られやすいときでもあります。

 あなたの奮闘ぶりを知った人からの助けが得られたり、憧れの人物から激励を受けたり……という嬉しいサプライズが待っていそう。

 周囲からの尊敬の眼差しに、モチベーションが上がる人も出てくることでしょう。

 もちろん、昇給などの形での評価も期待できます。

 恋愛運も上々。恋人がいる人は、2人の未来を計画する好機。

 子どもを持つことを望んでいるなら、より真剣に話し合うことが大切です。

 バワーがみなぎり、やりたいことが出来るひと月ではありますが、心がけたいのは、謙虚な姿勢。

 助けを得たときは礼を尽くし、驕ることのないよう気をつけてください。

 健康面で注意したいのは、胃腸、肝臓、皮膚のトラブル。

 この時期、相性がいいのは、丑(うし)、辰(たつ)、巳(へび)年。距離を置いたほうがいいのは、卯(うさぎ)、戌(いぬ)年の人。

 吉方位は、南と西。避けたほうがいいのは、北と東。

※次回更新日は10月14日(水)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

酉(とり)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

 中国清朝の皇帝のパワーを象徴する「五帝銭」と呼ばれる吉祥物があなたを守ってくれます。

 五帝とは、第一代の順治帝、第二代の康煕帝、第三代の雍正帝、第四代の乾隆帝、第五代の嘉慶帝のこと。

 権威ある5人の名が刻まれた古銭には、皇帝たちの“帝運”が宿るとされ、そのレプリカを繋げた飾り物が招財や厄よけのお守りとして使われています。

 日本でも風水ショップなどで手に入るので、この機会に取り寄せてください。

 バッグのチャームにしたり、車内に吊るしたり、オフィスのデスクに飾るなどして活用しましょう。

 あなたの努力が、収入にしっかり結びつくのを助けてくれることでしょう。

 この時期のラッキーカラーは、赤と白。避けたほうがいいのは、黒と緑色。

※次回更新日は10月14日(水)

酉(とり)年・基本性格

 勝ち気で負けず嫌い。研究熱心で、リサーチやマーケティグを好み、得られた結果をもとに、確実かつ効率的に物事を進めていく人です。

 その高い調査能力を自己プロデュースに活かし、TPOに応じた演出でうまく立ち回ることも得意です。言葉選びも的確で巧み。

 白黒はっきりさせたい性格で、誰に対してもきっぱり毅然とした態度を取るので、ゆるく生きたい人から見ると、少々圧が強めかも。

 あなたのほうも優柔不断で曖昧な態度を取る人には、苦手意識をいだきがち。そのため、人間関係は比較的ドライなものになることが多そうです。

 また、上昇志向が強く“ひとかどの人物になりたい”という野心を常に抱いている人も。

 得意の話術で自分を売り込み、多少無理めな目標でも果敢に臨むなど、精力的にステップアップを目指すことでしょう。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング