パークチケット付きプランも! 「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」

CREA WEB / 2020年9月16日 7時0分

東京ディズニーリゾートの 新たなオフィシャルホテル誕生!


ピンク色の外観が印象的。ホテルは東京ディズニーリゾートに隣接し、反対側には東京湾の景色が広がる。

 ニッコー・ホテルズ・インターナショナルの最上級ブランド「グランドニッコー」の日本で2軒目のホテル、「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」が2020年7月にグランドオープンした。

 同ホテルは、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルでもあり、このオープンを待ちわびていたファンも多いはず。

 そんな「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」ではパークチケット付きプランはもちろんのこと、記念日プランやお得な宿泊プランを多数用意。さらにレストランやショップも充実している。

 ゆったりステイでリゾート気分を楽しんだり、家族やグループ旅行で利用したり、さらにはドライブがてら食事に立ち寄ってみたりと、さまざまなシーンで活用できる。


国内最大級となる9層吹き抜けのアトリウムロビー。ガラスの天井から明るい陽射しが優しく降り注ぐ。

 爽やかなリゾートの風に包まれた南欧の雰囲気が漂う館内に入ると、まず目を奪われるのが、開放感あふれる「アトリウムロビー」だ。

 高さ37メートル、広さ4,300平米、国内最大級となる9層吹き抜けの「アトリウムロビー」には、レストランやショップなどが立ち並んでいる。この圧巻の景色を眺めるだけで、非日常の世界へと舞い込んだ気分に。

 そんな「アトリウムロビー」を囲むように配された客室は、全703室。

 コネクティング可能なツインルームやファミリータイプ、さらには和室や和洋室まで。

 どの部屋もリゾート感と滞在を快適にする機能性を兼ね備えていながら、多彩なタイプが用意されている。さらに上層階(11階、12階)は特別階「ニッコーフロア」となっていて、ワンランク上のサービスを提供。

 ゲストの多様なニーズに応える、バラエティ豊かな客室を持つのが魅力だ。


デラックスルームは全室、東京ベイエリアビュー。海を眺めながらのバスタイムが楽しめる浴槽と独立シャワーブースを完備。

 そして、すべての客室にバルコニーが備わっているのもうれしいポイント。

 東京湾サイドの部屋からはベイエリアならではの潮風薫る景色、東京ディズニーリゾートエリア側の部屋からはパークビューが楽しめる。

 南欧風の可愛らしい街並みを作り出す「アトリウムロビー」にある、エリア最大級の431席を有するオールデイダイニング「ル・ジャルダン」も、このホテルのアイコン的存在のひとつだ。


舞浜エリア最大級のレストラン、オールデイダイニング「ル・ジャルダン」。

 広い店内は、オーシャンビューエリア、ラウンジやバーカウンターなどさまざまな空間で構成されているので、用途に合わせて使い分けることが可能。

 現在「ル・ジャルダン」は営業時間やスタイルを変更して営業中だが、2020年10月9日(金)までの期間のランチタイム限定で、料理はすべて席で注文し、スタッフができたてをサーブしてくれるスタイルのオーダーブッフェを開催中。

 ブッフェでは、ローストビーフ、握り寿司、天ぷらの3大人気メニューに加え、シェフ選りすぐりの秋のおすすめ食材を使用した洋食・和食・サラダ・スイーツなどを楽しめる。そのメニューはなんと約40種類。


サーロインステーキ付きのスペシャルな朝食、プレミアムアメリカンブレックファスト。

 ちょっと気分転換でも……。そんなときは都心からほど近くにありながら、非日常のリゾート気分を満喫できるこちらのホテルを訪れてみてはいかが。

グランドニッコー東京ベイ 舞浜

所在地 千葉県浦安市舞浜1-7
電話番号 047-350-3533(代)
https://tokyobay.grandnikko.com/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング