[未(ひつじ)年]10/17~11/14の運勢 神様の御加護で、事なきを得るひと月

CREA WEB / 2020年10月14日 18時0分

未(ひつじ)年

10月17日(土)~11月14日(土)の運勢


 好調期が続きます。

 この時期は、月徳星という神様の御加護が期待できるとき。

 見えないチカラが働き、ピンチに直面しても、与り知らぬところで問題が解決し、事なきを得る……という場面が多発する予感。

 例えば「大規模な人員整理があるかも」と言われて転職先を探し始めたものの、自社製品がネットに紹介されて大ヒット。誰も解雇されずに済んだ……というような幸運に恵まれやすい時期。

 大船に乗った気持ちで過ごせるひと月となりそうです。

 この好運期を活かすキーワードは、積極性。

 今できることは何でも挑戦するという気概を持って、能力の向上に励み、専門性を高めてください。

 また、人と競うことはレベルアップの好機。

 競争すればするほど鍛えられるので、競う機会があったときは、果敢に挑むことも開運行動といえるでしょう。

 さらに、“入ってくるもの”が多い時期でもあります。収入、人脈、愛情……いずれにも恵まれるひと月です。

 健康面で注意したいのは、心臓、肝臓、胆のうの不調。

 この時期、相性がいいのは、卯(うさぎ)、午(うま)、亥(いのしし)年。彼らのことは何かと頼って吉。

 距離を置いたほうがいいのは、子(ねずみ)、丑(うし)、戌(いぬ)年の人。お金のやりとり、仕事上の提携などは避けましょう。

 吉方位は、北と南。避けたほうがいいのは、東と西。

※次回更新日は11月12日(木)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

未(ひつじ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

 8頭の馬が駆ける様子を描いた「八駿馬圖」を飾りましょう。

 この意匠には、いくつかの解釈があるようですが、ここでは、それぞれ色が違う馬が八方へ駆ける様子から、四方八方からの悪を倒し、財運や助っ人を招いてくれるというイメージのチカラを借ります。

 着手しさえすれば、たちどころに成功するという意味もあり、この月のひつじ年さんの運気そのものともいえそう。

 画像検索をすると、いくつかのバリエーションが見つかるので、気に入ったものをプリントアウトし、オフィスやリビングに貼りましょう。

 大きいものなら、自分の定位置の背後の壁に貼るのが基本。小さいものならデスクマットに入れておいても。

 よく目につく場所に飾ることが重要なので、引き出しやバッグの中に入れるのはNGです。

 この時期のラッキーカラーは、黒、赤、黄色。

 避けたほうがいいのは、白と緑色。

※次回更新日は11月12日(木)

未(ひつじ)年・基本性格

 静かな情熱と豊かな才能を内に秘めた人。

 ブレることなく自分の世界を追求し、クリエイティビティを発揮していける人です。

 今、モノづくりを職業にしていなくとも、プライベートで同人誌、ハンドクラフト、音楽などの創作活動に励んでいる人も多いのでは。

 何事にも研究熱心で、与えられたタスクには一心に取り組み、独自のアイデアを加え、他の人にはないものを仕上げていくことでしょう。

 アーティスティックな面を持ちながらも環境適応能力が高く、どんな職場でもうまくやっていけるタイプです。

 上司の指示には従順、同僚の無茶振りに寛大、後輩には親切で、任せた仕事は抜群の仕上がり……。

 まさに非の打ちどころがない人材といえるでしょう。

 また、揉めごとが苦手とあって、少々の不条理はのみこんでしまうことも。ふんわりして見えて、実はとても心が強い人です。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング