[卯(うさぎ)年]10/17~11/14の運勢 揉め事が多発!? 発言には細心の注意を

CREA WEB / 2020年10月14日 18時0分

卯(うさぎ)年

10月17日(土)~11月14日(土)の運勢


 運気は低調期に入ります。

 普段なら争い事を好まないうさぎ年さんですが、この時期に限っては、なぜかトラブルを引き寄せやすいよう。

 その引き金となるのが、言葉です。

 いざこざの原因は、余計なひと言にある模様。思うところがあるときほど、口をつぐんでいたほうがよさそうです。

 また、上司や同僚、恋人やパートナーとの間に、言葉の行き違いが原因の喧嘩が起きやすいとき。

 揉めそうになったときは、言葉をよくよく選び、過不足ない説明を心がけてください。

 仕事面では、派閥争いなど、社内政治の問題に巻き込まれることも。

 多少の理不尽は呑み込んで、長いモノに巻かれておくのが、この時期に適したサバイバル法です。

 損得にとらわれた言動もご法度。うっかり儲け話に乗ったり、欲を出して投機に手を出さないようにしましょう。

 何かと思い通りになりにくい時期ですが、焦ったところで事態は好転しにくいよう。

 落ち着いて、目の前の課題に粛々と取り組むことが、この時期を平穏に過ごす秘訣と心得て。

 吉方位の活用もおすすめ。この時期は北と東です。好きな人がいたら尋ねるもよし、寺社にお参りするもよし。

 可能ならば、この方角に旅をするのも◎。たくさん歩いて、その土地の力を吸収してきてください。

 逆に注意したいのは、南と西。特に車を運転して向かわなければならないときは、細心の注意を払い、安全運転を心がけてください。

 健康面で気をつけたいのは、肝臓、神経系統のトラブル、手の痛み。

 この時期、相性がいいのは、未(ひつじ)、戌(いぬ)、亥(いのしし)年。

 距離を置いたほうがいいのは、辰(たつ)、酉(とり)年の人。

※次回更新日は11月12日(木)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

卯(うさぎ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

 一対の「豼貅(ひきゅう)」が、邪気を払い、あなたを守ってくれます。

 古代中国の伝説の動物である豼貅は、金銀財宝を食べ、蓄えるといわれ、中華圏では厄よけや招財の神獣として知られています。

 風水では、雌雄一対の豼貅の置物を飾るのが基本。

 雄がお金を呼び込み、雌がそのお金を守るとされています。

 打算的にならずとも、必要なお金が入ってくるよう、お願いしましょう。

 雌雄の豼貅をオフィスのデスクの上やリビングに飾ってください。

 その際は、必ず顔が外を向くよう配することが重要です。

 日本でも風水ショップなどで取り扱いがあるので、この機会に手に入れてください。

 この時期のラッキーカラーは、黒、緑、黄色。

 避けたほうがいいのは、赤と白色。

※次回更新日は11月12日(木)

卯(うさぎ)年・基本性格

 感受性が豊かで、言動に細やかさが宿る人。

 頭の回転が早く、話の流れを読んだり、相手の心の内や求めているものを察するのが得意なよう。周囲からは“気遣いの人”として認識されていることでしょう。

 思慮深さが際立つ一方、大らかで楽観的な気質も持ち合わせているので、考え過ぎて堂々巡りしたり、神経質な言動に走ることはなさそう。

 感情をむきだしにする場面も少なく、佇まいは優美で上品。誰にでも優しく接し、対等に付き合っていこうとします。

 また、争い事を好まず、思うところがあってもグッとのみこんで堪える強さも。

 感情のコントロール力に長けているうえ、忍耐強くもあるので、どんな環境下でもうまくやっていけるでしょう。

 しなやかに生きる人間力の高さがあなたの持ち味といえそうです。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング