富士山愛に溢れたライターがパチリ♡ 眼福! 富士山15点&絶景ポイント

CREA WEB / 2021年1月7日 9時0分

 CREAでも活躍中のライター前中葉子さんが偏愛する富士山。中でも、富士五湖の湖越しの富士山が大好きなのだとか。前中さんにとっておきの絶景ビューポイントを教えてもらいました。

 あわせて、富士山ベストショット15点も大公開。なかなか自由にお出かけできない今日この頃、日本一の山、富士山のどこまでも雄大な姿を写真でたっぷりお楽しみください。


富士山にぐぐぐーっと近づいて絶景ビューを楽しもう


中央自動車道河口湖ICより。絶好の撮影日和(3月撮影・快晴の朝)。

富士急行線「富士山駅」近くの道路、「富士みち」より。ユニークな街灯越しに見える迫力たっぷりの富士山(11月撮影・快晴の朝)。

 車や電車の窓から偶然見える富士山や、天気のいい日に都心から遠く見える富士山。目にした瞬間、きっと誰もが「おお!!」と歓声を上げるに違いありません。

 遠くに見える富士山の美しさ、大きさも感動的なのですが、「たまたま見えた」という受け身の姿勢ではなく、もっと自分からぐぐぐっと近づいてみたい。そう思ってここ3年ほど週末は富士五湖周辺を中心に富士山のビューポイント巡りをしています。

 富士山の魅力のひとつに、噴火によって周辺に形成された独特の地形や自然環境があります。その代表が富士五湖。天気が悪くて富士山の眺望が今ひとつな日も、都内から1時間半~2時間ほど走って湖周辺をぐるぐるドライブすればそれだけで楽しく、季節ごとに表情を変える自然の姿に癒やされます。


山中湖・北西の湖畔より。冬の湖には白鳥の姿も(2月撮影・快晴の午前)。

 そして、なんといっても湖越しに見る富士山は絶景! 天気や時間によって見えかたが違い、何度見てもその唯一無二な存在感に圧倒されます。

 ではさっそく、富士五湖のビューポイントを巡ってみましょう。写真はすべてiPhoneで撮影したものです。

中央自動車道河口湖IC【MAP赤1】

所在地 山梨県南都留郡富士吉田市新倉

富士みち【MAP赤2】

所在地 山梨県富士吉田市上吉田7丁目付近

山中湖・北西の湖畔【MAP赤3】

所在地 山梨県南都留郡山中湖村付近

◆山中湖 長池親水公園


前日から快晴が続くと、富士山がくっきりとよく見えます(11月撮影・快晴の昼頃)。

 富士五湖の中で一番大きいのが山中湖です。周辺に別荘地が広がり、レストランやお土産物屋さんも多く、特にハイシーズンの夏場はとても賑やか。

 クジラのような形をした湖で、ちょうどクジラの背側(北岸)から、湖越しの富士山が望めます。

 一番のビューポイントは長池親水公園。晴れた日は青い空に美しい稜線がくっきりと映え、でっかい富士山が見えます。

長池親水公園【MAP赤4】

所在地 山梨県南都留郡山中湖村平野
https://www.yamanashi-kankou.jp/viewpoint/pub/pvp038.html

周辺情報

・ペーパー・ムーン【MAP黄1】

森の中に建つ湖畔のカフェ。テラス席もあり、季節のケーキやアップルパイなどのスイーツが人気です。
http://www.basel.co.jp/papermoon.html

・キャンティ・コモ【MAP黄2】

テラス席で山中湖を眺めながら食事ができます(この向きだと富士山は見えませんが)。パスタやピッツァのほか、オリジナルのトマトラーメンもぜひお試しを。
https://www.yyjam.com/como_lunch

河口湖、西湖の富士山ベストビューポイント

◆河口湖 湖北ビューライン


湖北ビューラインの「留守ヶ岩浜付近」より。雲を集めるかっこいい富士山(5月撮影・曇りの昼前後)。

同じく湖北ビューライン沿いの「コテージ戸沢センター」前より(12月撮影・快晴の夕方)。

 湖の北岸、「湖北ビューライン」は富士山の眺望が続く絶好のドライブコース。走り過ぎるのがもったいなくて、思わず何度も停まってはiPhoneでカシャ、を繰り返してしまいます。

 湖の北と南をつなぐ「河口湖大橋」からも雄大な富士山が望め、シャッター待ちの観光客の姿をよく見かけます。

湖北ビューライン【MAP赤5】

所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町精進~河口

周辺情報

・冨士御室浅間神社【MAP紫1】

縁結びのパワースポットです。富士吉田IC近くには「北口本宮冨士浅間神社」がありますが、ここ御室神社でも同じご利益があるそう。こちらの金運のお守りと、近くにある「新屋山神社」の金運のお守りとをダブルで持っていると、とてつもないパワーを発揮するという噂。
http://fujiomurosengenjinja.jp/

・鳴沢氷穴【MAP紫2】

富士山の噴火でできた洞窟の中は氷の世界。真夏でもとけることなく、ひんやり涼しくて気持ちいい! 青木ヶ原樹海の中にあり、樹海を歩いていく感じも楽しい。
https://www.mtfuji-cave.com/contents/ice_cave/


地下21mの竪穴型洞窟。ヘルメットをかぶり、探検気分で楽しめます。

周辺の樹海は、富士山の溶岩に木々が根を張る独特の森。

周辺情報

・ほうとう不動 河口湖南店【MAP黄3】

民芸調の店内は天井が高く、開放的で気持ちのいい空間。鉄鍋で出てくるほうとうは、たっぷり2人分はあります。待っている間に馬刺しをつまみながらのんびり。
http://www.houtou-fudou.jp/

・吉田のうどん 玉喜亭【MAP黄4】

河口湖近辺を含む富士吉田周辺のご当地グルメといえば「吉田のうどん」。コシの強い太い麺に、しょうゆと味噌を合わせただし、具にはキャベツと甘辛く煮た肉がのっているのが基本ですが、店によってトッピングもいろいろ。こちらの店の「玉喜うどん」は肉のほかに卵、かき揚げ、ちくわ天、ごぼうのきんぴら、わかめなどがたっぷり。
http://tamakitei.client.jp/


汁少なめ、具たっぷりの「玉喜亭うどん」750円。

◆西湖 根場浜


西湖の「根場浜」より(4月撮影・曇りの午前)。

天気によって見え方が変わり、それも定点観測の楽しみ(3月撮影・快晴の午前)。

 水がコバルトブルーで風光明媚な湖。周辺にキャンプ場も多く、山中湖、河口湖よりさらに自然に囲まれた感覚を味わえます。

 西湖は地形的に富士山が見える場所が「根場浜」のみに限られています。

 手前の低い山の向こうに富士山がそびえていますが、その対比がなんとも不思議で、富士山の大きさに改めて驚かされます。

 まるで張りぼてのような、CGのようなこの景色が好きで、毎回必ず立ち寄るポイントです。

西湖・根場浜【MAP赤6】

所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖
https://www.yamanashi-kankou.jp/viewpoint/pub/pvp051.html

精進湖、本栖湖の富士山ベストビューポイント

◆精進湖 西岸


精進湖・西岸の「山田屋ホテル」前より(12月撮影・晴れの日没前)。

 精進湖は富士五湖の中で最も小さい湖です。西岸一帯が富士山のビューポイントで、ホテル、カフェ、コテージなどが並び、ほかの湖に比べてコンパクト、どこかアットホームな雰囲気です。

 この展望スポットから見えるのが「子抱き富士」です。手前の小さな大室山と重なる富士山の姿が、子どもを抱いているように見えることからそう呼ばれています。

精進湖・西岸【MAP赤7】

所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町精進
https://shojiko-kanko.com/

◆本栖湖 西岸


本栖湖の「浩庵キャンプ場」より。見事な逆さ富士が撮れました(12月撮影・快晴の午後)。

 富士五湖の中でダントツに深く、深い群青色をしている美しい湖。

 本栖湖から眺める富士山といえば、千円札の裏に印刷されていることでも有名です。

 湖の西岸にある「浩庵キャンプ場」付近からは天気のいい日、見事な逆さ富士も見えます。その眺望の良さから、こちらのキャンプ場は週末ともなると深夜から順番待ちをする人で溢れる大人気スポット。キャンパーの聖地として有名です。

浩庵キャンプ場【MAP赤8】

所在地 山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926
https://kouan-motosuko.com/
※公式サイトを確認のうえ、訪問してください

まだある! 絶景の富士山ビューポイント

◆富士吉田 本町2丁目商店街


商店街との対比で大迫力の富士山(11月撮影・快晴の朝)。

 商店街の先に、迫るようにそびえる富士山。

 人の暮らしのモジュールとあまりにもかけ離れたサイズ感が圧倒的で、ネットで見た、あるフォトグラファーの写真に大感動。それが富士山のビューポイント巡りを始めたきっかけだったかもしれません。

 何度かトライ&エラーはありましたが、看板の文字を手がかりに、その写真が撮影されたこの場所を突き止めました。

 が、実際に撮ってみると本家の写真の迫力の足元にも及ばず、望遠レンズの購入を真剣に考えました(買っていませんが)。

富士吉田 本町2丁目商店街【MAP赤9】

所在地 山梨県富士吉田市下吉田1丁目付近

◆朝霧高原


富士宮道路より、すすき越しの富士山(11月撮影・快晴の午前)。

「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」より。日没近く、富士山頂が染まり始めるのと同時に雲が集まり、月も出ました(11月撮影・快晴の夕方)。

 本栖湖から富士宮方面へ、富士山の裾野に沿って走る富士宮道路。朝霧高原付近では、何の障害物もなく、裾野までくっきりと富士山が見晴らせます。「道の駅 朝霧高原」も絶好のビューポイント。

富士宮道路【MAP赤10】

所在地 静岡県富士宮市万野原新田~静岡県富士宮市根原

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場【MAP赤11】

所在地 静岡県富士宮市猪之頭1162-3
https://www.asagiri-camp.net/
※公式サイトを確認のうえ、訪問してください

◆竜ヶ岳


竜ヶ岳の山頂手前より、雲の帽子をかぶった富士山(12月撮影・晴れの午前中)。

 これまでずっと富士五湖周辺で定点観測のように富士山を見てきましたが、最近になって新しい楽しみも見つけました。

 それは、富士山近くの低山から富士山を見ること。

 記念すべき登山デビューは標高1485メートルの竜ヶ岳です。

「本栖湖キャンプ場」に登山口があり、中腹あたりから山頂まで、富士山の眺望を楽しみながら登山ができます。裾野に広がる樹海や町並みも一望でき、いつもと違う高さから見る富士山がまた新鮮!

 次は三ツ峠山や石割山など、富士山の眺望で知られる富士五湖周辺の低山に挑戦したいと思っています。

竜ヶ岳【MAP赤12】

所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖

 今回は富士五湖を中心に紹介しましたが、富士山の絶景スポットはまだまだたくさん。

 天気に恵まれず、いい写真が撮れていないので今回はご紹介できませんでしたが、わざわざ足を運んで富士山にフラれる、という経験にも慣れてきました。

「天気がいいのに、なぜ見えないの!?」という日もあれば、曇っていて期待していなかったのに、思わぬ美しい姿を見せてくれることも。そんなツンデレぶりも、夢中にさせる理由かもしれません。

 そして私の場合、撮った写真が肉眼を上回ったことがありません。撮っても描いても到達できないから、日本人はみんな、富士山を撮り続け、描き続けてきたのでは、とも思います。

 このもどかしさをなんとかしたくて、これからもライフワークのように富士山の観察を続けていくと思います。


都内の地元の駅より。これまで1回しか見えたことがなく、ありがたさは格別。きっとみなさんの身近にも。心のお守りのようなマイ富士山があるはず。

富士山の絶景ビューポイント。


前中葉子(まえなか ようこ)

エディター&ライター。住宅、インテリア、日用品など暮らしまわりのテーマで雑誌、書籍、広告の制作に携わる。株式会社ビーム所属。ライフワークは富士山の観察。

文・撮影=前中葉子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング