エルメス、グッチ、マルニ…長く愛せる 【憧れブランド】のホームコレクション♡

CREA WEB / 2021年1月16日 7時0分


グッチ デコール コレクションより。

 物質的な時代から、目に見えないものを大切にする「風の時代」に突入した2021年。ですが、それは「モノをなくし、捨てる」という意味ではなく、価値あるものだけを残しましょう、というお話。

 選択のキーワードは「長く愛せる」「上質」そして「楽しさ」。それこそが今の時代に求められているキーワードと言えるのです!

1. 長く愛せる代表格は王道「エルメス」


両端のスナップボタンは、真鍮素材。ヴィド・ポッシュ「ミーズ・エ・ルランス・デスク」(H25cm×W25cm)71,000円/エルメス(エルメスジャポン)

 しなやかで上質なレザー、時代を超越するタイムレスなデザイン、それでいて退屈にならない群を抜く洒脱感。

 よいものを長く愛する=エコという今どきの考えともマッチし、ますます「エルメス」への信頼度も増すばかり。

 端正なステッチを施した、16世紀のフランス詩人の7人に因んで命名されたフォトフレーム「プレイヤード」。

 ナイトのコマからインスパイアされたペーパーウェイト「サルマカンド」は、木目が美しくオブジェにも最適。

 “Hエヴリン”のエンボスモチーフを中心にあしらったレザーの物入れ「ミーズ・エ・ルランス・デスク」など、部屋に1点置くだけで空間に豊かな夢が広がること間違いなし!


エトゥープ色で素材はマホガニー材を使用。フォトフレーム「プレイヤード」(H17cm×W21cm)86,000円/エルメス(エルメスジャポン)

マホガニー材を使用。ペーパーウェイト「サマルカンド」(H16cm)75,000円/エルメス(エルメスジャポン)

外側のブルーの部分は、ウールフエルトを使用。ヴィド・ポッシュ「ミーズ・エ・ルランス」ブリッジ(H25cm×W25cm)62,000円/エルメス(エルメスジャポン)

セリエステッチがアクセント。ペンケース「ミーズ・エ・ルランス・デスク」(H14cm×W26.5cm)57,000円/エルメス(エルメスジャポン)

エルメスジャポン

電話番号 03-3569-3300
https://www.hermes.com/

2.「グッチ」のテーマはローマのお土産!


グッチ デコール コレクションより。

 自分流にとことん楽しむという点で右に出る者はいない「グッチ」。

 クリエイティブ・ディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレの折衷主義的でロマンティックな美学を反映したグッチ デコールは、型にはまったインテリアではなく、自分らしくカスタマイズできるのが特徴。

 最新ラインナップのテーマである“Souvenir from Roma(ローマのお土産)”は、まさに真骨頂といえるユニークなアイテムが勢揃い。

 グッチのロゴ、1966年にヴィットリオ・アッコルネロがモナコのグレース大公妃に贈るスカーフにデザインしたフローラプリント、定番モチーフ“スターアイ”が飾る、キャンドルホルダーやアシュトレイにマグカップが登場します。


ゴシックデザインのGUCCIのレターがかわいい。キャンドル31,000円/グッチ(グッチ ジャパン)

フローラ プリントと、バタフライの蓋がロマンティック。キャンドル31,000円/グッチ(グッチ ジャパン)

黒いハンドル部分は、スネーク モチーフに似せて特別にデザインしたもの。マグカップ31,000円/グッチ(グッチ ジャパン)

ポップアートのような楽しさ! アクセサリートレイ69,000円/グッチ(グッチ ジャパン)

 さらに、タータンチェックが愛らしいクッションもお目見え。

 アーティストのナタリー・レテによる子鹿などのイラストをはじめとするアニマル パッチは、なんとひとつのクッションに4時間もかけて手作業で縫い付けるという贅沢なもの。

 見ているだけで心が躍るアイテムがいっぱいです!


裏側はカラーのモワレ素材。フォーン(コジカ)チェック ウール クッション99,000円/グッチ(グッチ ジャパン)

すべてハンドメイド刺繍&パッチワークを施して。バタフライ チェック ウール クッション99,000円/グッチ(グッチ ジャパン)

グッチ ジャパン クライアントサービス


https://www.gucci.com/

3. 温かみのある職人技に惹かれる「マルニ」


フラワーポット(H16cm×W31cm×D25cm ハンドル25cm)18,000円/マルニ フラワー カフェ

 長年に渡ってマルニと協力してきたコロンビアの職人によって、丁寧につくられたプロダクトが登場。

 熟練した職人たちの手仕事を尊重した、伝統的な手法で一点一点ハンドメイドによって制作したアイテムは、色鮮やかでいて素朴な味わいが魅力的。

 天然素材や、カラフルPVCチューブを用いたマガジンラックやバスケット、ビクのようにユニークなフラワーポットの新作は、どこか懐かしさとエキゾチックさを併せ持つラインナップ。

 マルニならではの遊び心溢れるデザインで部屋を埋め尽くしたら、気分が上がりそう!


マガジンラック(H61cm×W60cm×D26cm)27,000円/マルニ(マルニ フラワー カフェ)

マガジンラック(H35cm×W40cm×D30cm)30,000円/マルニ(マルニ フラワー カフェ)

フラワーポット(ガラスの花瓶付き)(H12cm×W20cm×D20cm ハンドル20cm)22,000円/マルニ(マルニ フラワー カフェ)

フラワーポット(ガラスの花瓶付き)(H36cm×W14cm×D14cm ハンドル10cm)21,000円/マルニ(マルニ フラワー カフェ)

バスケット(H20cm×W30cm×D10cm ハンドル10cm)23,000円/マルニ(マルニ フラワー カフェ)

フルーツ バスケット(H9cm×W30cm×D26cm ハンドル15cm)19,000円/マルニ(マルニ フラワー カフェ)

マルニ フラワー カフェ

電話番号 06-6313-0687
https://www.marni.com/
※ホームプロダクトは1月22日(金)より、マルニ フラワー カフェにて販売。

文=土橋育子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング