“熱海の奥座敷”の小嵐町エリアに 温泉宿「SOKI ATAMI」開業

CREA WEB / 2021年1月19日 7時0分

心身ともに養生できるアイデアが凝らされた温泉宿

 品川駅から新幹線で約40分。熱海湾を望む豊かな緑に恵まれた“熱海の奥座敷”と呼ばれる静岡県熱海市の小嵐町に、2020年11月、温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」がオープンした。


「SOKI ATAMI」では現代的要素を取り入れ、日本で古くから親しまれてきた湯治の文化をモダンな温泉宿スタイルで提案。写真は中庭のイメージ。©森田大貴

 館内はレセプション棟と全室温泉付きの客室棟、里庭を併設したレストラン棟から構成されており、都会の喧騒から離れた自然の中で、心身を整え、自己免疫力を高める養生体験が用意されている。


客室の一例「テラスバスツイン」。©浅川敏

 客室は10タイプ全54室で、自然素材を取り入れた温もりのある空間デザインが施されている。

 なによりうれしいのは、全室に温泉が引かれていること。なかには温泉露天風呂を設けた客室もある。

 さらに熱海湾を望む部屋や奥座敷らしい緑や星空が望める部屋など、絶景ビューも癒し効果をアップしてくれること請け合いだ。


「SOKIスイート」の客室露天風呂。©浅川敏

 館内にはもちろん大浴場も。泉質は弱アルカリ性硫酸塩・塩化物温泉で、保湿・保温効果が高く、美肌効果や、疲労回復が期待できる。

 大浴場では湯治の効果を高めるため、地元で採れた柑橘類や和漢植物を使った季節湯を用意したり、伝統的な湯治のひとつである蒸気湯から着想を得たスチームサウナを女性浴場に設置するなど、細やかな配慮も。

 ちなみにスチームサウナには、老廃物の排出を促すデトックス効果や保湿効果、温熱効果による安眠効果があるとされている。


朝食は、昔からの知恵として親しまれてきた東洋の自然哲学に基づいた五行説や和漢を取り入れ、1日のはじまりから身体を整える食事「朝食養生御膳」(写真)が供される。©shuhei tonami

 食事処では、地元の漁師や農家など、顔の見える生産者から直接仕入れる旬の食材を炭火の炉を構えたオープンキッチンで仕上げて提供。

 レストラン棟から見える「里庭」では、伊豆半島で栽培が盛んな柑橘類をはじめ、和漢でも使われるビワなどの果樹や、季節ごとの野菜、さまざまな種類のハーブなどを栽培している。

 滞在中はぜひ里庭を散策し、「茶寮」で和漢植物と静岡県産のお茶で体を整える“季節の養生茶”などをいただきたい。


「漢方養生ステイ」プランの夕食は「SOKI オリジナル薬膳鍋夕食」。そして、2021年1月18日(月)~3月20日(土)までに「海の恵みと炭焼きを楽しむ!2食付きプラン」で宿泊する場合にも、夕食メニューに「薬膳小鍋」が付く。

 また現在、2021年2月11日(木)、3月4日(木)の2日間限定で開催する宿泊プランの受け付け中なので、こちらも要チェックだ。

 この特別宿泊プラン「漢方養生ステイ」は1日3組限定、2日間のみの実施予定。

 漢方家の杉本格朗氏によるカウンセリングと薬草湯作り、期間限定のオリジナル薬膳鍋、養生御膳の朝食などがセットになっていて、身体を整えることを目的として発案されたもの。

 生活様式の変化による心身の不調に悩む人が増えている昨今、身体や心のストレスを緩和する方法として、自然治癒力を高める東洋医学が注目されている。

 ぜひこの機会に「漢方養生ステイ」と熱海の湯で、日ごろの疲れを体の内外からきれいさっぱり洗い流してみてはいかがだろう。

SOKI ATAMI(そき あたみ)

所在地 静岡県熱海市小嵐町4番36号
電話番号 0557-82-6511
http://www.so-ki.jp/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング