1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

スイーツ芸人の外さないバレンタイン 超絶可愛い! パケ買いチョコ5選♡

CREA WEB / 2021年2月2日 17時0分


パレスホテル東京「Chiyo Choco ~2021 edition~」。

 みなさん、よろスィーツ! スイーツなかのです。

 バレンタインチョコの選び方は人それぞれで、シチュエーションによっても変わってきますよね。中には、美味しいのはもちろん、パッケージにもこだわりたい! という方も多いと思います。

 今回は、そんな方のために、お取り寄せできる、デザイン性の高いパッケージに入ったチョコレートを5つ選んでみました。日頃からぼくが手土産を買うときによく行くお店ばかりなので、自信をもってお届けします。

 パッケージは食べ終わった後も捨てずに残しておきたくなる可愛さなので、自分用チョコを買う方も参考にしてみてください!


ポップな絵柄が最高! 2021年限定の「千代ちょこ」

◆パレスホテル東京


「Chiyo Choco ~2021 edition~」 3,100円。

「パレスホテル東京」には、千代紙をイメージした「千代ちょこ」という和柄の美しいチョコレートがあります。

 定番の「千代ちょこ」とは別に、その年限定で発売されるのが「Chiyo Choco」。

 毎年新作を楽しみにしてますが、「Chiyo Choco ~2021 edition~」は、今年もイラストレーターとコラボしたポップでモダンな絵柄で、食べるのがもったいなくなるようなクオリティ!

 厚さ約2ミリほどの薄いチョコレートを、アルバムの写真のように収めたスタイリッシュなデザインもお気に入り。


この一見写真のようなものがチョコレート!

 6種類のチョコレートはそれぞれカカオ含有量の違った味わいで、チョコ好きにも嬉しい満足度の高い内容。バレンタインに限らず、通年で手土産として買いたい素晴らスィーツなチョコレートです。

パレスホテル東京

https://store.palacehoteltokyo.com/

ドゥバイヨル初の缶パッケージ!

◆ドゥバイヨル


「パサージュ シュクレ フリアンディス(12個入り) 」 3,400円。

「パッケージが可愛いお店ってどこ?」と聞かれたら、すぐ頭に浮かぶのが「ドゥバイヨル」。ケースからショッパーに至るまで、統一された世界観があり、デザイン性がとっても高い。

 小さな量り売りチョコレート菓子が詰まった大人気「フリアンディス」シリーズのバレンタイン商品は、なんとドゥバイヨル初の缶パッケージ!

 意中の女性に想いを伝えるためにチョコを作る若きシェフが、庭園でチョコを振る舞う様子が描かれています。バレンタインらしいロマンティックなストーリーで、食べる前からすでに甘い(笑)。

 缶の中には、ドライフルーツやオレンジピールなどをのせたマンディアンや、色んなタイプのチョコレートが12個入っている。


写真中央は「ジャルダン スクレ フリアンディス(6個入り)」 1,500円。

 外も中も彩りも豊かで、見た目も味もナイスィーツな詰め合わせです。

ドゥバイヨル

https://www.kataoka.com/debailleul/

花柄の箱にエレガントなバラのチョコがぎっしり

◆メサージュ・ド・ローズ


「ミニローズ・ベリー」 1,300円。

「メサージュ・ド・ローズ」は、バラをモチーフにしたエレガントなチョコレートが人気のお店です。

 女性の方にプレゼントを渡すときは、よく使わせてもらっています。

「ミニローズ・ベリー」は、バラ、ハート、リーフの形をした小さなチョコレートの詰め合わせで、とにかく愛らしい。よく見ると、バラが咲いていたり、つぼみだったりと細かな演出もステキ。


イチゴにホワイトチョコ、ラズベリーなどいろいろな味が楽しめるのも高ポイント。

 そのチョコたちが花柄の箱に詰まっているのだから、もうツボを押さえまくってる、かわゆスィーツなルックス。

 味のバリエーションもイチゴ、ラズベリーなど5種類あるのも嬉しいところ。見れば見るほど、自分用にも欲しくなるチョコレートです。

メサージュ・ド・ローズ

https://www.mesrose.com/

まるで絵画集のような箱がお洒落

◆フレデリック・カッセル


「サヴール・ドゥ・フリュイセック 8個入り」 3,000円。

 毎年楽しみな「フレデリック・カッセル」のバレンタイン。

 今年のパッケージには本店があるフランス・フォンテーヌブローの庭園が描かれ、あたたかみのあるタッチがとってもイイ。

 ちなみに、このイラストはフォンテーヌブロー駅に飾ってあったポスターを使っているそう。


ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、胡麻のプラリネ入り。

 ブック形の箱には、ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、胡麻のプラリネが4種類入っていて、プラリネ好きにはたまらない内容!

 ナッツの香ばしさと厚みのある甘さは、どこかレトロで懐かスィーツな印象もあり、パッケージの絵柄とリンクしているように感じました。

 お世話になった大切な人に贈りたい、そんな気持ちにさせてくれるチョコレートです。

フレデリック・カッセル

https://www.frederic-cassel.jp/

青く染まったパリの街をイメージした箱

◆ラ・メゾン・デュ・ショコラ


「パリ ア ルール ブルー 8粒入」 3,200円。

 毎年素敵なパッケージで楽しませてくれる「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のバレンタインチョコレート。

 今年は「ルール・ブルー(青の時)」というテーマで、日の出前と日の入り後の空が青色に染まる、ほんの僅かなひと時を表現しています。

 青に染まったうつくスィーツなパリの風景がすっごくロマンティック!


日本産玄米が使用されているプラリネ。

 限定のショコラで注目してほしいのは、日本のお米を使った「プラリネ ルミヌー」というひと粒。新潟産コシヒカリの玄米をローストして使用しています。

 チョコレートと合わせても、お米の持つ香ばしい風味やカリッとした食感が口に残る、驚きの美味しさ!

 ひと粒ひと粒、ゆったりと味わって食べたいチョコレートです。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ

https://www.lamaisonduchocolat.co.jp


スイーツなかの

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。コンビ解散後、自分が熱中できるものを探究しようと、子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強する。特注のパンケーキハットをトレードマークに、唯一無二のスイーツ芸人として活動を開始。老舗から最新のパティスリーまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど幅広いジャンルで活躍中。
Instagram https://www.instagram.com/yorosweets/
Twitter https://twitter.com/buuuuuton
YouTube「SWEETS TV」
https://www.youtube.com/channel/UC2GUdm13bRqc5k2QTqsCZ-g

文=スイーツなかの

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング