お帰りなさい♡ SHINee 新作Don’t Call Meについて語りつくす

CREA WEB / 2021年2月24日 18時30分


 SHINee is Back!! この言葉が再び言える日が遂にやって来ました。お帰りなさい、SHINee!

 2021年2月22日(月)に発売されたのは、実に2年半ぶりのリリースとなる、7thフルアルバム「Don’t Call Me」。また同日には、ニューアルバムについてオンライン発表会を開催。メンバーが今回のアルバムについて、またファンへの思いを語ってくれました。

 その様子を前後篇にわけてたっぷりとお届けしたいと思います。メンバーたちの掛け合いも必見です♡


こんにちは! 輝くSHINeeです!


カムバック前に行ったプロモーションはサーバーがダウンするほど。シャヲル(SHINeeのファンクラブ名の略称)が待ち望んでいたことがよくわかる出来事だった。

 司会のユンホ(東方神起)に迎えられ、黒のスーツに身を包んだメンバーが登場、発表会がスタートした。

 メンバー こんにちは! 輝くSHINeeです!

 ユンホ まずはみなさんご挨拶と、カムバックの感想をお願いします。

 オンユ お忙しい中お集り頂きありがとうございます。活動の準備しながら、これから始動するんだと思うと緊張して、どのような姿を見せたらよいか悩みましたが、一生懸命アルバムの準備をしましたので、期待してください。

 テミン SHINeeの末っ子、テミンです。久しぶりにSHINeeとしてご挨拶することになりました。僕たちの7枚目のアルバムです。新しい姿を見せたいと頑張りました。僕は口べたなので、記者の皆さんがうまく記事を書いてくれると信じています(笑)。おわかりですよね?(笑)。

――ニコニコかわいい笑顔でプレッシャーを与え、会場の笑いを誘ったテミン。

 ミンホ 久しぶりに完全体としてカムバックすることになりました。アルバムにはSHINeeのカラーをたくさん詰め込みました。今日は宜しくお願い致します。

――ほかのメンバーからの合いの手が入る。わぁー完璧ですね~。

 キー お久しぶりです。どうしたらいいアルバムを作れるのか悩みましたが、いつものように僕たちらしく誠実に活動していくつもりです。今まで行ったことのないコンテンツなども活用してファンの皆さんにご挨拶したいと思います。

「トレンディーさもあり、クラシカルさもあり、SHINeeだから可能な曲ですね」(ユンホ)


左から:オンユ、テミン、ミンホ、キー。司会は東方神起のユンホ。ユンホは、アルバムを聴いて完成度の高さに興奮中。同じ事務所の後輩の活躍を、心から喜んでいる様子が伝わってきて、とても微笑ましい会見だった。

 ユンホ 今回のタイトル曲Don’t Call Meについて教えて下さい。

「バラエティに富んだ新しいSHINeeの姿を見てほしい」(オンユ)


オンユ(ONEW)。

 オンユ 今回のアルバムには、SHINeeを‟型にはまった視線で定義するな”という意味が込められていて、音楽のジャンルもバラエティに富んでいます。僕たちの新しい姿をお見せできるよう頑張りましたので、たくさん聴いて下さい。

「みなさんからの星5つが欲しいです♡」(テミン)


テミン(TAEMIN)。

 テミン パフォーマンスについてはパフォーマンス担当の僕から。とても強烈でダーク化したSHINeeに会えます。過去最大の練習量で大変でした。でも、僕たちのカラーも出せるように修正していきました。ダンスは本当に大変だったので、みなさんからの星5つ欲しいです!

 ユンホ SHINeeはいつも新しくて、予想を超える姿を見せてくれるグループなので、今後もますます期待できますね。今回面白かったのがARSプロモーションですね。開始10秒でサーバーがダウンしたとか。(ARSプロモーション:電話をコンセプトに、メンバーの声を聴いてメッセージを残すなどのイベントが行われた)

ファンのみんなとのコミュニケーションが楽しかった

「パフォーマンスだけでなく衣装も必見です」(ミンホ)


ミンホ(MINHO)。

 ミンホ タイトル曲にちなんで、電話を活用したファンとのコミュニケーションはどうだろうと思って準備しました。ファンのみなさん、参加してくれてありがとうございました。僕たちも楽しかったですし、今も行われていますのでぜひ参加してください。Don’t Call Meは、パフォーマンスもそうですが、前半部分の衣装にも注目してほしい。実はキー君がアイデアを出しています。ぜひチェックしてください。

――キーは韓国の芸能界でもファンションリーダーとして知られる。

「これくらい強くないと変化も際立たないと思った」(キー)


キー(KEY)。

 キー ARSプロモーションでは、音楽の感想とか応援メッセージを残してくださって嬉しかったです。これからお返しをどうしていこうか悩んでいます。Don’t Call MeはHIPHOPベースで、今までのSHINeeの曲には無かった強烈な歌詞が印象的だと思います。ヒステリックな歌詞は初めてですね。新しいところを見せたかったし、これくらい強くないと変化も際立たないと思いました。

 ユンホ SHINeeらしいプロモーションだったと思います。そしてSHINeeはなんと結成14年目です。今後韓国の歌謡界を担っていくグループだと思います! 

 練習している姿を横で見たりしていましたが、ダンスの難易度が高いし、これは可能だろうか……。とも実は思っていました。でもそれを覆しましたね。ミュージックビデオもとても貫録を感じられる仕上がりです。

■7th Full Album『Don’t Call Me』2月22日リリース


<Track List>
01. Don’t Call Me
02. Heart Attack
03. Marry You
04. CØDE
05. I Really Want You
06. Kiss Kiss
07. Body Rhythm
08. Attention
09. 빈칸 (Kind)

SHINee(シャイニー)

オンユ、ジョンヒョン、ミンホ、キー、テミンの5人で2008年5月に韓国でデビュー。音楽賞の最優秀新人賞を多数受賞。2011年6月22日に1stシングル「Replay-君は僕のeverything-」で日本デビューを果たし(オリコンウィークリーチャート最高位2位)、その後、2ndシングル「JULIETTE」(最高位3位・2011年8月発売)、3rdシングル「LUCIFER」(最高位2位・2011年10月発売)を立て続けにオリコンTOP3にチャートインさせ、海外アーティスト(ソロも含む)による「デビューから3作連続TOP3入り」という、シングルランキング発表開始以来初となる快挙を成し遂げた。唯一無二の存在感と圧倒的なパフォーマンスで瞬く間に 人気を獲得。高い歌唱力と見る者を圧倒させるダンスパフォーマンス、ファッションセンスが話題を呼び、アジアのみならずヨーロッパや世界中に活躍の場を広げている。

文=CREA編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング