1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

[たつ年]9月上旬~10月上旬運勢 絶好調期。冒険や挑戦の好機が到来!

CREA WEB / 2021年9月4日 18時0分

辰(たつ)年

9月7日(火)〜10月5日(火)の運勢


 好運の星に照らされるとき。

 全方位にツキがありますが、特に良いのが仕事&金運。まるで、お金がなる木の花が一斉に開花するようなイメージのひと月となるでしょう。

 やることすべてがうまくいくほどの絶好調期です。

 通常の業務を黙々とこなすだけでなく、ちょっと冒険をしてみるのによい時期です。思い描いている理想や挑戦したいことがあるなら、ぜひこのタイミングに着手してください。

 興味があることを周囲に話してみるのも有意義です。雑談まじりに何気なく話したことが新しい扉を開けるきっかけになることも。

 また、新たな知識を得るにもよいとき。語学や資格のための勉強は、確実にあなたの血肉となります。一度諦めてしまったものがある人は、ぜひ再チャレンジを。

 転職にも向いています。好条件の仕事が見つかったなら、前向きに検討してみてください。

 恋愛運も絶好調、関係性を発展させる好機です。

 気になる相手がいる人は、一歩踏み込んだアプローチをして吉。

 カップルの人は、結婚へのステップに向かえるとき。心の中に迷いがある人は、この機会に自分の本心と向き合ってみると、答えが見えてくるようです。

 公私とも、ボーッとしている暇はありません。思い立ったが吉日、行動あるのみです。

 ただし、お節介には要注意。他人の問題に口を出すと、思わぬトラブルに巻き込まれます。

 今しばらくは、己の理想の実現に専念していきましょう。

 健康面で注意したいのは、高血圧、中性脂肪。

 この時期、相性がいいのは、子(ねずみ)、申(さる)年。

 距離を置いたほうがいいのは、卯(うさぎ)、戌(いぬ)年の人。

 吉方位は、北と西。避けたほうがいいのは、南と東。

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

辰(たつ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

 一対の麒麟が、上向いた運気の後押しをしてくれます。

 麒麟は中国の神話に登場する伝説上の霊獣で、神様が好んで乗る生き物として知られています。

 風水で用いる際は一対を飾るのが基本。こうすることで邪気を祓い、財を呼び込むとされています。

 できれば、風水グッズのお店などで置物を入手してください。

 素材はガラスや銅製のものが多く、ポーズにもバリエーションがありますが、お金を掴んでいる意匠がおすすめです。

 オフィスのデスクかリビングに飾ることで、さらなる仕事運や金運のアップをはかりましょう。

 飾る際は、顔が外を向くように留意してください。

 この時期のラッキーカラーは、黒と白。

 避けたほうがいいのは、赤と緑色。

辰(たつ)年・基本性格

 向上心が旺盛で、高く掲げた目標に果敢に挑んでいく勇者です。

 常に前向きで、言動はポジティブ。過去を振り返って立ち止まったり、くよくよ悩んだりすることは少ないことでしょう。

 フットワークが軽く、興味を持ったことには即行で着手。性に合わないと感じたなら、すぐに見切りをつける一方、“これこそは!”とひらめいた事柄には、強い意志をもって突き詰め、その道を極めていく人です。

 また、聡明で時機を読む力があり、財テクでひと財産築くポテンシャルを秘めています。

 気っ風がよく、女性であっても、どこか“男前”。面倒見がよく、年下から慕われることが多いでしょう。

 親孝行でもあり、日頃から何かと家族のことを気にかけていているのでは。そんなあなたの存在は一家の心の支えとなっているはず。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング