1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

人気ショコラティエが神戸・花隈に 実店舗をオープン! 新メニューには ドリンクやジェラートも

CREA WEB / 2021年9月12日 15時0分


 以前、このコラムでご紹介したショコラティエ・丈池武志さんが、神戸の中心街近くの花隈で実店舗をオープン。個性あふれるボンボンショコラや焼き菓子が買えるのはもちろん、カカオを使ったドリンク、ジェラートやグラニテも登場して話題を集めています。

 JR・阪神電鉄元町駅の北西にある、花隈城跡・花隈公園。その北側の建物の1階に、今年1月7日オープンしたのが「JHOICE laboratory(ジョイス ラボラトリー)」。


森の奥深くに迷い込んだかのような店内。

 ドライフラワーや木の枝で覆われ、森の奥にある秘密のお店のよう。丈池さんが奥の工房から出てきて、笑顔で迎えてくれます。

 実店舗ならではのお楽しみが、カジュアルなスタンディングスタイルでのイートイン。一番のおすすめは「大黒正宗の酒粕とクリームチーズのジェラート 李白酒造の本みりん和え」。


「大黒正宗の酒粕とクリームチーズのジェラート 李白酒造の本みりん和え」830円。

ジェラートにかける李白酒造の本みりん。

 材料は、灘の酒蔵「大黒正宗」の酒粕、ベトナム産カシューナッツ、フランス産クリームチーズ、ベトナム産コーヒーの蜂蜜。

 香ばしくコク深い風味を数口楽しんだら、「島根県・李白酒造の本みりんをかけてください」と丈池さん。芳醇で優雅なみりんの香りが広がり、うっとりするようなおいしさです。


「神戸市西区のすいかのグラニテと、ソーテルヌワインとミントのCO2エスプーマ、すいかの白い果肉のオレンジコンポート」980円。※2021年は終了。来夏も登場予定。

「神戸市西区のすいかのグラニテと、ソーテルヌワインとミントのCO2エスプーマ、すいかの白い果肉のオレンジコンポート」も人気だそう。スイカの果汁と白ワインのグラニテ、スイカの果肉、オレンジ風味のスイカの白い皮の部分のコンポートに、ソーテルヌワインとミントのエスプーマという組み合わせ。

「スイカを皮まで全部おいしく味わえるよう工夫しました。スイカの皮には身体を温める効果があるんですよ」と、丈池さんはにっこり。

 ショコラトリーなのに、ジェラートやグラニテにはカカオもショコラも使っていません。でも、パティシエ経験豊かな丈池さんらしいメニューに、一度で虜になってしまいます。

 ドリンクは、「カカオティソーダ」と「カカオティワイン」。丈池さん自ら、毎年のように訪ねるベトナムの農園のオーガニックカカオ。それを焙煎して砕き、クローブ、アニス、オレンジの皮を加えて、てんさい糖で煮たシロップがベース。


「カカオティソーダ」640円。

「カカオティワイン」830円。

 炭酸や微発泡ワインで割ると、カカオの風味とスパイシーさが際立ちます。ボンボンショコラと合わせて楽しみたい。

「糖度を抑え水分量の多いJHOICEのフレッシュなボンボンショコラは、冷凍保存せず、賞味期限1週間。お客さまに僕自ら説明して直接販売するスタイルです。ソムリエやアーティストとのコラボなども積極的に行っています。そんな中でたくさんの出会いがあり、素晴らしい生産者や食材にもつながりました」と丈池さん。

 兵庫県たつの市の醤油、島根県・李白酒造の本みりん、黒ニンニク、神戸市の有機栽培農家の野菜や果物、ハーブなどの生産物……。生産者を訪ね、語り合い、刺激されて、様々なアイテムを創作。

日本各地の食材とチョコレートを組み合わせて

 以前から「日本の素晴らしい食材と合わせたチョコレートを世界に発信したい」と夢を語っていた丈池さん。今までに見つけた素材は、丈池さんの出身地・徳島県の柚子や番茶はもちろん、日本全域に広がる勢い。もちろんベトナムやコロンビアなどのカカオと合わせてボンボンショコラに使用。


ショコラ。手前から「バジル×レモン」367円、「あんず×栗の花の蜂蜜」367円、「黒ニンニク×苺」388円、「ベトナムカカオ×ラム酒」367円、「トンカ豆×グリオット」367円、他に「醤油麹×落花生」など、季節で変わる。

「黒ニンニク×苺」、「トンカ豆×グリオット」「醤油麹×落花生」「ベトナムカカオ×ラム酒」「あんず×栗の花の蜂蜜」「バジル×レモン」など、季節で変わっていきます。


ショコラ「アオラニガーデン×JHOICE ~Farm to chocolate~」。手前/“ブルーベリー”のコンフィチュールとタイム×レモンのガナッシュ、奥右/和ハッカのガナッシュと和歌山県産白桃“白鳳”のコンフィチュール、奥左/“露茜”のコンフィチュールとホワイトバルサミコのガナッシュ。3個箱入り 1,404円。

 神戸市西区のアオラニガーデンの和ハッカやブルーベリー、露茜という品種の梅など季節の素材を使ったショコラの3種箱入りもあります。


アオラニガーデンのブルーベリー。

アオラニガーデンの露茜。

 どのショコラも、口に入れて噛んだ瞬間に素材の水分が弾けるほどジューシー。みずみずしくて、それぞれの香りが広がり、華やかな余韻が楽しめます。ワインとのマリアージュを楽しむのにぴったり。他にないフレッシュなボンボンショコラです。


ケースに並ぶボンボンショコラ。

 新作は、奄美諸島の徳之島で造られる手造りラム酒「ルリカケス」とベトナム産カカオを合わせたもの。ベトナムカカオの風味と香ばしさの後から、ほんのり優しいラム酒の香りと甘味が広がります。これからも次々と新しいボンボンショコラが創作されるでしょう。


「クロッカン・アマンド」237円、「フロランタン・カカオ」「フロランタン」各292円など、焼き菓子も色々。

 他に、カカオを使った「フロランタンカカオ」や「クロッカンアマンド」などの焼き菓子、ベトナム、メキシコ、ガーナといったカカオの産地別に食べ比べができるアマンドショコラのカカオ版「カカオ・ショコラ」も魅力的。


店内の棚。焼き菓子やカカオの産地別の「カカオショコラ」が並んで。

 ベトナム産のカカオニブをベトナム産のコーヒーの花の蜂蜜に漬けた「カカオハニー」、大人味のチョコレートペースト「カカオスプレッド」。さらに、季節の果物で少量ずつ作られるコンフィチュール。シックなグレーの箱入で、チョコレート好きへのギフトにも最適です。


「カカオスプレッド」1404円。「カカオハニー」は1,620円。

季節の果物を使ったコンフィチュールも販売。

 新作が出たら、買いに走りたくなる魅力的なショコラトリー。イートインは必食です。


「JHOICE laboratory」

所在地 兵庫県神戸市中央区花隈町5-21 1F
電話番号 078-335-5980
WEB SHOP:https://jhoice.net/
Facebook:jhoice chocolatier
Instagram:@jhoice_chocolat.kobe

文=そおだよおこ
撮影=そおだよおこ、JHOICE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング