1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

結婚後のお財布事情が知りたい! 財布の管理方法を決めた妻の本音とは

CREA WEB / 2021年9月27日 19時0分


 近年は共働き夫婦も増えており、結婚後は自分で稼いだお金は自由に使いたいと考える女性も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、結婚後の夫婦のお財布事情ですよね。そこで今回は、夫婦でどうやってお金の管理をしているのか見ていきましょう。

夫婦で一緒? 別々? 新婚のお財布事情


 新婚のお財布事情は「別々」が42%「一緒」が35%で、財布を分けて管理する夫婦が若干多いことがわかっています。財布を別々にする新婚夫婦が多いのは、結婚や出産した後も働く女性が増えているのが大きな要因になっているようですね。

 ちなみに財布を別々にするのと一緒に管理するのとでは、メリットとデメリットが異なります。まず財布を別々にするメリットは、毎月一定額を夫婦の口座に振り込めば、残りのお金はお互いに干渉することなく自由に使えること。デメリットは、お互いの貯金額が不明確なうえに家計全体の支出を把握しづらくなることです。

 一方、財布を夫婦で一緒にするメリットは、お互いの月収や支出を理解できることです。家計を把握できるのは良いことですが、お小遣い制になる場合が多く自由に使えるお金が制限されることがデメリットと感じる人が多いよう。また給料の金額もすべて相手にバレるので、月収を隠したい人にとってはデメリットかもしれませんね。

お財布管理に関する妻の本音とは


 夫婦で財布を別々にするのも一緒にするのも、それぞれメリットとデメリットがあります。ただ財布の管理方法を夫婦で決めるとき、妻にはさまざまな思惑があるようです。どのような思惑があるのか、お財布管理に関する妻の本音を覗いてみましょう。

◆夫婦の財布を別々にしたい理由

・ただでさえ些細なことで喧嘩することが多いのに、お金のことでも喧嘩したくない。財布を一緒にするよりも喧嘩は少なくなると思って別々にすることを提案した。
(40代・事務職・女性)

・節約したいけど夫婦の財布をまとめると、管理するのは私になることは間違いない。仕事や子育て、家事で精一杯なのにお金まで管理するとなると大変すぎる。夫には本音を言わず、もっともらしい理由をつけて財布を別々にしてもらった。
(30代・事務職・女性)

・夫は財布は一緒にする派だったけど、自分で稼いだお金くらい自由に使いたい! お金の使い方も干渉されたくなかったので、いろいろな理由をつけて財布を別々にしてもらった。
(30代・営業職・女性)

◆夫婦の財布を一緒にしたい理由

・夫婦の財布を一緒にしたいのは夫の月収を知りたかったから。夫には言わなかったけど、自分もいつまで仕事を続けるか分からないので今後のために計画的に貯蓄したいと思って提案した。
(30代・営業職・女性)

・夫はお金を持つとある分だけ使ってしまうので財布を一緒にして家計を管理をしたいと思った。お小遣い制にしたことで不満も出るけど、そこは強行突破した。
(30代・専業主婦・女性)

・夫の浮気防止で財布を一緒にしている。財布を一緒にすることでお金の使い方も分かるので、少しは浮気防止に効果はあるかなと思う。
(40代・パート・女性)

気をつけて! こんな失敗事例もある


 財布を一緒にするか別々にするかで、お金の管理方法は異なります。ただ、どちらを選ぶにしてもさまざまな失敗事例があるようです。お財布の管理方法を決める際にも役立つので、ぜひ参考にしましょう。

◆お互いに全く貯金ができてなかった

「うそでしょ!! お互い貯金してなかったなんて……」

 お財布を一緒にした夫婦で失敗しやすいのが、お互いにまったく貯金ができていなかったことです。財布を別々にすると自由に使えるお金が多く、共働きでダブルインカムという安心感から油断してしまう人が多いよう。

 また、なかには「相手が貯金しているだろう」と思い込んでしまって毎月好きなだけお金を使っている人もいるようです。ただ、いざまとっまったお金が必要になったときに「お互いにまったく貯金していなかった……」なんてことが起こりがちのようですね。

◆夫が巨額のローンを組んでいた

「信じられない!! 夢のマイホームが……」

 妻がお金の管理が苦手な場合、夫が家計を管理する家庭もあります。パートで働いていたある女性は、自分の給料をすべて夫に預け、夫からは毎月生活費をもらって暮らしていました。

 夫は几帳面で節約家だったのでお金の管理はしっかりできているかと思っていたようですが、高価な外国車を購入したと急に打ち明けられたよう。しかも貯金を崩して巨額のローンを組んだといわれ、その場で立てないほどショックを受けたようです。今は夫をお小遣い制にしたようですが、貯金額は定期的に確認するのがいいかもしれませんね。

◆一緒の財布で夫婦仲がギクシャクした

「え、聞いてないよ!! 今月からお小遣い減るの?」

 財布を一緒にして喧嘩が多くなり、夫婦関係が悪くなったと感じる夫婦も多いようです。財布を一緒にする場合は大抵お小遣い制になるので、ここに不公平感が生まれるようです。

 またお金を管理するほうが力関係が上になりがちなので、「自分で稼いだお金を自由に使えないのはつらい!」なんて不満が起こることも多いよう。財布を別にしてお小遣い制を取り入れる場合は、夫婦でしっかり話し合いをするのが大事かもしれませんね。

お金の管理は避けられない! じっくり話し合おう


 結婚するとなると、夫婦で話し合ってお金の管理方法を決めなければいけません。近年は共働き夫婦が増えており、財布を別々に管理する夫婦が大半です。ただし、どちらの管理方法を選んだとしても失敗事例があることを忘れていけません。

 また一方の意見を押し通すことで、相手に不満が起こることもあります。もし仕事やお金に関する不安があるのであれば、隠し事はせず正直に打ち明けてふたりでお金の管理方法を決めるのがいいかもしれませんね。きっと良い解決策が見つかるはず!

【今回のポイント】

・財布を別々に管理する夫婦が大半
・財布の管理方法で夫婦関係が険悪になることもある
・新婚夫婦は初めが肝心! 納得できるまで話し合おう

文=bridge

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング