1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ダイソーのキャンプギアがミニ可愛い 初心者も欲しくなる神アイテム8点

CREA WEB / 2021年10月17日 15時0分

本記事内にて、固形燃料を使った網焼き調理を紹介する内容がありましたが、固形燃料の直火使用の安全性は確認されていないため、該当の箇所を削除いたしました。不適切な内容が含まれていたことを深くお詫び申し上げます。(2021年10月18日18時45分更新)

ワンコインで始められるお手軽アウトドア


ミニサイズでソロキャンにもぴったりなDAISO(ダイソー)のアウトドアグッズ。

 世の中は空前のアウトドアブーム! とはいえ、「興味はあるけれど、何から揃えればいいかわからない」と悩んでいる方も多いのでは?

 そこでおすすめしたいのが、「100円ショップ」のアイテムを使ったプチアウトドアデビュー。

 実はいま、専門店だけでなく100円ショップでもアウトドアグッズの取り扱いが急増中。特に「DAISO(ダイソー)」では、キャンプ好きの間で伝説的ヒットを飛ばしたコスパ最強アイテム「1合用メスティン」を筆頭に、ミニサイズでお手軽ながら本格的なアウトドア気分を満喫できるアイテムがたくさん。

 今回は、大創産業広報課の岩橋理恵さんに、DAISOでいま売れているいちおしのアウトドアグッズをセレクトしていただきました。


#01 メスティン(ハンドル付き)

キャンプ好きで知らない人はいない!? 大ヒットアイテム


メスティン(ハンドル付) 550円。

 昨年、キャンパーたちの間で一大ブームになったのがこちらの1合用小型メスティン。

 メスティンとは、火にかけてご飯を炊くほか、食材を煮たり蒸したりと多様な使い方ができる万能アイテム。

 従来のメスティンは、一般的な1.5合の大きさで価格も1,000円~数千円程度のものが多かったところ、こちらは1合用とソロキャンにもぴったりな小さめサイズ、しかもたったの500円で手に入るということで、“コスパ最強アイテム”として口コミでじわじわと話題に。


熱伝導率の高いアルミ製で、ご飯をムラなくふっくら炊くことができます。

 アウトドア初心者の方は、まずはこちらのメスティンを買ってみて、お好みのアウトドアレシピを探してチャレンジしてみるのもいいですね。調理以外にも、カトラリー類などを入れて整理整頓に活用するという使い方もできます。

「DAISOのアウトドアグッズは元々人気でしたが、やはり一番売れたのはこのメスティンです。このヒットを受けて、メスティンと組み合わせて使えるアイテムを発売したりと、よりアウトドアグッズの品数が充実するようになりました」(岩橋さん)

 そんな“組み合わせアイテム”の新商品を次に紹介します。

#02 メスティン専用網

メスティンにセットして蒸し器や燻製器に


メスティン専用網 110円。

 メスティンの可能性をさらに広げてくれるのが、こちらの「メスティン専用網」。


1合メスティンにすっぽりハマるサイズ。

 網をメスティンの中にセットし、水を入れて食品を並べてフタをして火にかければ、蒸し料理を作ることができます。


シュウマイだと6個ほど入るサイズ感です。

 アウトドアの料理は、どうしても“焼き”が中心になってしまうので、ちょっと趣向を変えたいときにグッド。そのほか、網の下にスモークチップを入れて、燻製料理を作るなんてお洒落な使い方も!

#03 ちょこっとストーブ

手軽に使えるポケットサイズ


ちょこっとストーブ 330円。

 売り場で目にしたときに「何これ可愛い!」と、思わず声が出てしまいました。こちらは、固形燃料を置いて五徳として使える、手のひらサイズのミニストーブです。


組み立てるとこのようになります。

固形燃料を置いたところ。※固形燃料は別売りです。

 この1台さえあれば、どこでも加熱調理ができるすぐれもの。2つの脚は折りたたみ式になっており、使わないときはたためます。

「コンパクトで、“ちょこっと焼き”に便利です」(岩橋さん)

 使用中・使用後はとても熱くなりますので、軍手などを着用し、周囲に燃えやすいものがないか注意しながら使用しましょう。

#04 バーベキュー用ミニ鉄板(リフター付)
#05 焼き網

ソロキャン、晩酌…… 用途は無限大!


バーベキュー用ミニ鉄板(リフター付) 110円。

焼き網 110円。

「ちょこっとストーブ」とセットで使いたいのが、こちらのミニ鉄板と焼き網。これまたミニサイズで可愛い!


ミニ鉄板には、鉄板の移動に使えるリフター付き。

ちょこっとストーブとサイズ感はぴったりです。

 実はこのミニ鉄板、メスティンに次いでキャンプ好きの間で話題になっている注目アイテム。自宅でひとり焼肉をしてみたり、ソロキャンの朝ごはんで目玉焼きを焼いたりと、使い方は人それぞれ。


ちゃんと鉄板として機能しますよ。

 早速ソーセージを焼いてみました。1度に焼けるのは3本が限界のサイズ感です。まったく非効率的だけど、なぜだか気分が上がるのがアウトドアグッズの不思議です。


焼き網は2枚がセットに。

 一方の焼き網は丸網と角網の2枚組で、こちらも「ちょこっとストーブ」にちょうどよくハマるサイズ。この上で何を焼こうか、考えるだけで楽しくなれます。


角網はストーブの脚のギザギザ部分にハマるので、安定感があります。※直火は避け、アルミホイルなどを敷いてご使用ください。

 それにしても、メスティン、ちょこっとストーブ、ミニ鉄板、焼き網と、なぜどれもミニサイズで販売しているのでしょうか?

「それは、気負わずに、おひとりでもアウトドアを楽しんでほしいという思いからです。ミニサイズなら写真映えもしますし、初心者の方でも、この価格なら始めやすいと思います。

 ダイソーでは商品のお得感を出すために、大型化したり大容量にすることが多いので、あえて小型化したものを発売するのは勇気が必要でした。

 しかし、いざ出してみると好評だったので、ソロキャンの方だったり、お手軽にアウトドア気分を味わいたいという方のニーズがあったのだと感じています」(岩橋さん)

#06 ステンレス箸(セパレート)
#07 シェラカップ用ザル

あると便利なプラスワン


 “かゆいところに手が届く”系のアウトドアグッズもチェック。こちらのステンレス箸は、分解できてコンパクトに持ち運べます。



分解すればメスティンの中に収納できる。

シェラカップ用ザル 110円。

 お米を研いだり、湯切りをしたり、多目的に使えるシェラカップ用ザルも定番商品。

「他のショップでも売っているところはありますが、この価格で、というところが売りです。発売時にはお客様からの『待ってました!』という喜びの声が多かった商品です」(岩橋さん)

#08 多機能フッククリップ

地味に便利ランキングNo.1


多機能フッククリップ 110円。

 筆者が「実際に使う機会多そう!」と感じたのがこの多機能フッククリップ。テーブルの脚やポールにはさむだけで、ゴミ袋、タオル、S字フック、カラビナなどいろいろなものをかけられます。


さまざまな形状のフックがついています。

「キャンプやBBQの現場をヒアリングした際に聞こえてきた、『ゴミ袋をどこにつけるか困る』という声から生まれた商品です。

 アウトドア以外でも、家の洗濯機ポールに取り付けたり、車の座席に取り付けたりと色々な使い方をされているようです」(岩橋さん)

◆◆◆

 お遊びで始められるお手頃な価格ながら、本格的なアウトドア気分が味わえる100円ショップのキャンプギア。次々と新商品が投入されるところも魅力です。ぜひ、日常の気分転換にいかがでしょうか?

#番外編 スモークチップ


スモークチップ(左から:サクラ、広葉樹ブレンド、ウイスキー樽) 各330円。

 大創産業の新ブランド「Standard Products」でもアウトドアグッズを展開中。国内で余剰になっている木材を使用したサステナブルなスモークチップが登場。ウイスキー樽など珍しい種類もあり、少量から試せるのがうれしいですね。

DAISO

https://www.daiso-sangyo.co.jp/

※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。

文=CREA編集部
撮影=釜谷洋史

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング