1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

今年、「下着」事情が大きく変化?ワイヤーブラ派が増え、敬遠される“デカパン”も人気脚長アイテムに!

CREA WEB / 2023年12月3日 17時0分

 在宅時間の増えたコロナ禍では、ラクで快適なランジェリーが好まれていたが、アフターコロナの今、自分を美しく見せる下着へと女性の意識は変化していた。


多くの人が体型変化を実感


最近のブラジャーは、ワイヤーもノンワイヤーも進化して機能性アップ!

 ステイホームが基本だったコロナ禍において、ノンワイヤーのソフトブラやカップ付きキャミソールのラクな着け心地に慣れてしまった人も多いはず。しかし、アフターコロナで外出機会が増えた今、ワイヤーブラへと回帰する人が増えているのだそう。下着への意識にどのような変化が起きているのか、伊勢丹新宿店マ・ランジェリー ランジェリーコンシェルジュの星野奈津実さんにお話を伺った。

「コロナ禍を経て、3年ぶりに自分の体と向き合っている人が増えている印象です。夏になってTシャツを着たら胸の位置が下がっていた、久々にワイヤー入りブラジャーを着けたらサイズが合わない。そんなお悩みからランジェリー売り場にくる方は多いです」

 人に会うなど見られることに意識を向ける人が多いため、売れ筋はバストメイクに長けたワイヤー入りブラだというが、ノンワイヤーのラクな着け心地に慣れた人にとっては、やはり窮屈なのでは?

よくあるのが、加齢などで胸がやわらかくなりカップの上部に隙間ができるのを胸が小さくなったと勘違いし、サイズを下げてしまうこと。胸の下部(バージスライン)のサイズは変わらないので、これだと窮屈に感じてしまいます。おすすめは、インポートによくある、胸の上部まで包み込む形状のブラジャーです。リュックも肩紐が太いからこそ安定するように、支える面が広く、肩紐が太めのもののほうが安定感が増し、着け心地もラクに感じます」

 ショーツは加齢によってサイズアップする人が多いが、すると今度は、かわいいデザインのものがないという不満に行き当たる。しかし、日本ではデカパンとして敬遠されがちな深ばきショーツも、インポートまで選択肢を広げると、かわいいものがたくさんある。

海外では、おへそが隠れるハイウエストのショーツは、脚長効果のあるおしゃれなアイテムと認知されています。ですから、選ぶのが楽しくなるほど種類も豊富です」

 ワコールが実施したアンケートによれば、ノンワイヤー派とワイヤー派は、ほぼ同数という結果に。

「どっち派と決めてしまうのは、もったいないかもしれません。女性は生理前にバストのボリュームがアップする方もいますし、生理中や雨の日にむくみやすい方は、同じブラジャーでも着け心地が違って感じることもあります。胸を支えてくれるブラと着け心地がラクに感じるブラを持っておき、体調や天候に合わせて選べるのが理想です」(星野さん)

【チェックリスト】下着のサイズが合っていないサインとは?

 ノンワイヤー派にもワイヤー派にも嬉しいのが、最近のノンワイヤーブラジャーの進化だ。見た目だけでなく、機能的にもアップしていると教えてくれたのは、ワコールPR担当の平塚恵子さん。

「一見しただけでは、ワイヤー入りかノンワイヤーかわからないものが増えています。ノンワイヤーはサポート力に不安を感じる方が多いですが、サイドの構造でバストが脇に流れないようにしてスッキリとしたシルエットを保ったり、動いた時にアンダーがずれにくいように設計されているものなど、適度なサポート力のあるタイプが続々と登場しています」

 星野さんも平塚さんも口を揃えるのが、「サイズが合っているかで、快適さが大きく左右される」ということ。でも、この基本中の基本をクリアするのが案外難しい。

私も自分のブラジャー選びでは迷ってしまうので、いつもコンシェルジュに相談をしています。下着を購入する際は、どんなふうに自分を見せたいか、普段はどんなファッションを好むのかなどをお話しいただけると、お手伝いがしやすくなるのでよいと思います」(星野さん)

 ランジェリーは肌に直接触れて、一日の気分にも大きな影響を与えるものだからこそ、不満や悩みは積極的に解消していきましょう!

すべて下着のサイズが合っていないサイン!

以下の設問に1つでも当てはまったら、下着を見直すいい機会。
自分に合う下着を探しにお店へ行って相談を!

□ ブラジャーのカップ上辺が浮く
□ 肩紐がずれる
□ ワイヤーのしめつけが気になる
□ 脇肉のはみだしが気になる
□ 着用していると苦しい
□ ブラジャーがずり上がる
□ ショーツがずり下がってくる
□ 歩いているとヒップにショーツがくいこむ

ノンストレスな着け心地と心躍る総レースの可憐なデザイン


ブラジャー 14,080円、ショーツ 6,490円/ともにリリピアーチェ(伊勢丹新宿店 本館3階 マ・ランジェリー)

 日本人デザイナーによる、ニューヨーク生まれのランジェリーブランド「リリピアーチェ」。

 ノンワイヤー、かつ、広い面積でバストを支えるのでラクな着け心地。ハイウエストのショーツと合わせれば、快適度はさらに高まる。

伊勢丹新宿店 本館3階 マ・ランジェリー

電話番号 03-3352-1111(大代表)
https://www.mistore.jp/store/shinjuku/shops/women/lingerie.html

襟元や背中からあえて見せたい進化系ブラレット


ブラレット 10,780円/リリピアーチェ(伊勢丹新宿店 本館3階 マ・ランジェリー)

 背中のデザインがかわいいバックスタイルブラレット。ストレッチ素材のレースが、体に優しくフィットする。

 襟元からレースを覗かせたり、背中の開いたトップスとのコーディネートを楽しんだり、ファッションの一部として取り入れて。

伊勢丹新宿店 本館3階 マ・ランジェリー

電話番号 03-3352-1111(大代表)
https://www.mistore.jp/store/shinjuku/shops/women/lingerie.html

独自性あふれるカラーリングでくつろぎの時間も自分らしく


身体のブラ/ショーツset(ネイビー) 11,990円/パム

 自分を楽しませるデザインが魅力の「PAMM」の新作は、バイカラーのストラップやパイピングが目を惹き、手に取るたび幸せな気分になれる。

 ノンワイヤーで、さらりとした肌当たりのテンセル生地とメッシュ生地を使用し、肌触りや着け心地にもこだわっている。

パム

https://pammpamm.store/

はき心地と肌触りを追求し敏感肌の人にも選ばれるショーツ


深ばきショーツ2,750円/フリープ(伊勢丹新宿店 本館3階 マ・ランジェリー)

 肌に当たる部分は綿100%で、縫い代や縫い目が外側にあり、敏感肌の人でも安心してはける。

 ウエストや足ぐりにゴムを使用せず、伸縮性のあるパワーネットを挟み込んでフィットさせているので、しめつけ感がなく肌当たりもソフト。

伊勢丹新宿店 本館3階 マ・ランジェリー

電話番号 03-3352-1111(大代表)
https://www.mistore.jp/store/shinjuku/shops/women/lingerie.html

体温でその人のバストにフィットする特殊な素材を用いたブラジャー


ウイング マッチミーブラ(VI、GB) 各3,960円~ ※GB(写真下)はWEB限定カラー/ワコール

 ワイヤー入りでしっかりバストメイクしながら、フロントの中央にある樹脂シートが体温によって変形し、その人のバストに沿うようにフィットする新機構を搭載。

ワコール


https://www.wacoal.jp/

下着のおしゃれを諦めずにすむ美しいデザインと安定感


ジェントル ジェントル ノンワイヤーノンパテッド 13,200円、同 タンガ 8,250円/ランジェリーク(カドリールインターナショナル)

 ワイヤーもパッドもなく、軽い着け心地が特徴。ラクな着用感でありながら、レースの贅沢な美しさを楽しめる。

 アンダー部分はパワーネットを重ねているので、実は安定感もあり。厚手の洋服に合わせてトライしたい。

カドリールインターナショナル

https://www.langelique.co.jp/

●お話を聞いたのは……

星野奈津実さん

伊勢丹新宿店 本館3階 マ・ランジェリー ランジェリーコンシェルジュ。9年のキャリアでお客様のライフスタイルに沿った下着選びに定評がある。


平塚恵子さん

株式会社ワコール PR担当。女性のボディラインの変化や体に合った下着の選び方についてのエキスパート。

文=今富夕起
イラスト=竹井晴日

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください