1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

【バレンタイン2024まとめ】 今しか買えないチョコレートが勢揃い 絶対手に入れたいのはどれ?【10選】

CREA WEB / 2024年2月14日 7時0分

 いよいよ、バレンタイン! 大切な人やいつもお世話になっている人に贈るチョコレートも、自分へのご褒美に買いたい今だけの限定コレクションも。バレンタインコレクションの多くは2月14日までの販売です。

 二度と出会えないかもしれないかわいくておいしいチョコレート。CREA WEBで紹介した2024年のバレンタインコレクションを振り返ってみましょう!


#01 帝国ホテル 東京


手前:希少なホワイトカカオを使用した「ボンボン ショコラ『ホワイトカカオ セレクション』」(ホテルショップ限定)。奥:SDGsを意識した「ボンボン ショコラ『バレンタインセレクション 2024』」(オンラインショップ限定)。

「帝国ホテル 東京」からは、世界大会(クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー)において日本代表チームとして優勝経験のあるシェフ ショコラティエ 市川幸雄氏による新作ショコラが登場。

 世界的に希少なホワイトカカオを使用したビターチョコレートガナッシュに、さまざまなフレーバーのガナッシュやプラリネを重ねた5種類を詰め合わせた「ボンボン ショコラ『ホワイトカカオ セレクション』」。もう一つは、SDGsを意識しアマゾンの森林保全に貢献できるチョコレートを使用した「ボンボン ショコラ『バレンタインセレクション 2024』」。どちらも丁寧な手仕事ならではの繊細な仕上がりが印象的です。


#02 ラ・メゾン・デュ・ショコラ


憧れのチョコレート。

 1977年パリのフォブール・サントノレ通りに誕生した、歴史あるチョコレート専門店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」。「ガナッシュの魔術師」と称えられる創始者ロベール・ランクス氏は、コーティングを極薄くすることでガナッシュ自体の繊細な味わいとなめらかな口どけを感じられるチョコレートを提案。多くのファンを魅了しつづけています。

 また、ランクス氏の右腕として長年活躍し、現在のメゾンを指揮するニコラ・クロワゾー氏は、「フランス国家最優秀職人章(M.O.F.)」ショコラティエ部門の称号を持つ実力派です。

 クロワゾー氏がつくる今年のバレンタインコレクションのテーマは「ボンジュール パリ」! パリのフォブール 225番地、フランソワ プルミエ 52番地、マドレーヌ 8番地、セーヴル 19番地など、各所にあるラ・メゾン・デュ・ショコラの店舗を巡って楽しむような、バレンタインコレクションが登場しました。

#03 ピエール・エルメ・パリ


ピエール・エルメ氏のバレンタインクリエイションは?

 パティシエ界の巨匠であるピエール・エルメ氏の2024年バレンタインのテーマは「甘い記憶(Douceurs & Souvenirs)」。

「一人で味わう時も、大切な人と味わう時も、ショコラはいつでも感動をもたらしてくれます。あの時食べたショコラは何だっけ? 一緒に分かち合ったのは誰だった? どうしてまた味わいたくなるんだろう? いつまでも覚えていたい“甘い記憶”です」

 ずっと記憶に残したいショコラたちは、ピエール・エルメ・パリからの「甘美な贈り物」です。


#04 ピエール マルコリーニ


愛され要素満載!

 ベルギーを代表するチョコレートブランド「ピエール マルコリーニ」は、いつも革新的なチョコレートの世界を楽しませてくれます。

 2024年のバレンタイン コレクションのテーマは「RELEASE YOUR HEART」。コロナ禍で閉塞感のあった期間が明けた今、「心を開放しよう!」という気持ちが込められた、華やかな新フレーバーが揃いました。

 お目見えしたのは、「心」をイメージしたハートの形の「レ クール ヌーヴォ シリーズ」の柑橘系4種。爽やかな印象の中に、軽やかな食感のナッツやカカオニブ、ごく薄いチョコレートやガナッシュが幾重にも重なります。ひと口ごとに味の変化と発見があり、小気味よい食感に心も華やぎます。


#05 銀座・和光


「銀座・和光」のチョコレート。

 日本のショコラトリーの草分けである銀座・和光のチョコレートショップ。30年以上にわたり守られてきた伝統の味と製法を次世代のシェフが引き継ぎ、新しい時代のエッセンスを取り入れたチョコレートが揃います。

 今年のバレンタインは「ROUGE」がテーマ。シェフ ショコラティエの小熊亮平さんと共に、初めて和光のバレンタインチョコレートを担当するのは、スーシェフ ショコラティエである飯岡奈々さんです。

 女性ならではの感性が光る、ひと口ごとにやさしい香りが広がるボンボンショコラは、銀座にほど近いアトリエでひと粒ずつハンドメイドされた贅沢な味わい。

 真っ赤な箱が気分を高める、バレンタイン限定「ROUGE」の5種を含む詰め合わせ。世界各地から厳選された5種の「赤い果実」を食べ比べるように楽しみましょう。

#06 ル・ショコラ・アラン・デュカス


ガストロノミー界の巨匠のバレンタインは?

 フランス料理界の巨匠、アラン・デュカス氏が手掛けるパリ発のショコラトリー「ル・ショコラ・アラン・デュカス」。

 東京・日本橋のチョコレート工房はブティックのほか、工房の様子を見ながらショコラを使ったデザートを楽しめる「ル・サロン」も併設されています。すべての商品に、パリ工房でカカオ豆から作られたクーベルチュールを使用し、日本橋のチョコレート工房で製造。アラン・デュカス氏の「良質な素材を厳選し、その素材のもつ個性を十分に引き出す」という料理哲学のもと、カカオ豆を厳選し、それぞれのカカオ豆の香りや風味を引き出しています。

 2024年のバレンタインは、限定フレーバーを含む「ペピクール」が登場。。「ル・ショコラ・アラン・デュカス」の象徴である幾何学デザインが印象的なハート形のチョコレートです。素材の香りを生かしたフレーバーは3種あり、限定ボックスに詰め合わせられています。


#07 ルノートル


ハートとバラが織りなすバレンタイン。

「ルノートル」は、現代フランス菓子の基礎を築き、アートの領域まで高めたガストン・ルノートル氏が創業。パリ最高峰のメゾンのひとつでもあります。パティスリーやレストランだけでなく、プロのための料理学校(エコール)を設立し、ピエール・エルメ氏など多くのシェフたちを輩出する偉業を成し遂げたフランス菓子界のレジェンドです。

 現在、ガストン・ルノートル氏の遺志を受け継いでいるのは、クリエーション・ディレクターのギー・クレンザー氏。シャルキュトリー・トレトゥールとキュイジニエの、2つの部門でM.O.F.を獲得しています。

「素材にこだわり、料理のようにレシピを考えてお菓子やチョコレートを創る」。そんな概念は、ルノートルでしか表現できないショコラを生み出します。

 2024年のテーマは「つながる心」。ロマンティックなボックスのデザインは、墨絵の技法にインスピレーションを得て描くフランス人アーティスト、ソフィー・グリオット氏によるもの。ハートやバラの花びらが愛の感情を表現しています。


#08 フレデリック・カッセル


香りに魅了されるコレクション。

 フランス・パリ郊外の深い森と世界遺産の宮殿で知られるフォンテーヌブローにあるフレデリック・カッセル氏のブティック。地元の人々にはもちろん、週末にはパリから余暇を楽しむ人々で賑わいます。

 カッセル氏は、1999年と2007年の2回最優秀パティシエの他、数々の賞を受賞するショコラティエ&パティシエ。世界19カ国の最高峰レベルのパティシエが加盟する「ルレ・デセール」の会長を長年務めてきました。

 さまざまな素材を知り尽くしたフレデリック・カッセル氏が作る、2024年のバレンタインショコラは、産地ごとに異なるバニラの甘美な香りを表現したコレクションです。

#09 ホテル雅叙園東京


日本の美をまとったチョコレート。

 都心でありながら緑豊かな庭園や、建築に日本美を感じる「ホテル雅叙園東京」。PATISSERIE「栞杏1928」には、ペストリー料理長の生野剛哉氏が、丹精込めて仕上げていくアートのようなチョコレート、スイーツが揃います。

 2024年のコレクション「JAPON」は、日本が世界に誇る食材の味わいをショコラに閉じ込め、カカオとの抜群の相性を表現した、まさにこちらでしか出合えない味です。

 ザクザクとした小気味よい食感のベースと、なめらかなガナッシュの2層構造からなる新作は、まるでプチガトー。日本酒には黒豆を、焦がし醤油にはあられを合わせるなど、ひと口ごとに味覚の発見があり、カカオを知り尽くしたシェフだからこその発想で日本の美味を表現しています。


#10 ジャン=ポール・エヴァン


パリを旅するようなチョコレート!

 フランス国家最優秀職人章(M.O.F.)の称号をもち、世界最高峰のトップショコラティエ・パティシエとして名高い、ジャン=ポール・エヴァン氏。チョコレートにとって最適な19度に室温を保った「カーヴ ア ショコラ」のショーケースには宝石のようなボンボンが並びます。

 今シーズンの「ヴァレンタイン コレクション 2024」のテーマは「PARIS FOR EVER(パリ フォーエバー)」。チョコレートやパッケージには、パリの街の歴史的なシンボルであるエッフェル塔やノートルダム大聖堂、パンテオンなどがデザインされ、ガナッシュやプラリネにフルーツやスパイスを組み合わせた、上品なフレーバーのチョコレートが揃います。

 ジャン=ポール・エヴァンがショコラで表現する、美しい「永遠のパリ」を、旅するように、2024年バレンタイン限定のコレクションで味わいましょう!

文=下井美奈子、CREA編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください