有森裕子と走る「淀川国際ハーフマラソン」3月開催

サイクルスタイル / 2018年10月19日 22時41分

有森裕子と走る「淀川国際ハーフマラソン」3月開催

サンケイスポーツ(産経新聞社発行)は、有森裕子ハート・オブ・ゴールド支援レース「第9回淀川国際ハーフマラソン」を2019年3月24日(日)に開催する。

「淀川国際ハーフマラソン」は、バルセロナオリンピックで銀メダル、アトランタオリンピックで銅メダルを獲得したマラソンランナーの有森裕子さんが設立した国内外の復興支援に取り組む「ハート・オブ・ゴールド」を支援する大会だ。有森さんに加え、日本初のトライアスリートでフォークシンガーの高石ともやさんが参加する。

開催種目はハーフマラソン、10km、ファミリー3km。ハーフマラソン、10キロはチップで完走者全員の記録と順位を計測し、当日記録証を発行する。なお、大会参加費の一部は、東日本大震災をはじめ、国内の被災地支援に役立てられる。

会場は、大阪・淀川河川公園特設コース(外島地区スタート・フィニッシュ)。定員 全種目合計8000人(先着順)。参加費 男女ハーフマラソン4200円、男女10km3700円、ファミリー3km1000円(1人)。ファミリー3kmに親子で参加する場合は2人で1000円(子供は中学生まで。親子限定で孫などは不可)。申込みは公式サイトから行う。2019年2月22日(金)締切。

CycleStyle

トピックスRSS

ランキング