ヤンマー、モーターとプロペラで水面を移動する新しいマリンアクティビティ「Wheeebo」開発

サイクルスタイル / 2019年4月28日 17時30分

ヤンマー、モーターとプロペラで水面を移動する新しいマリンアクティビティ「Wheeebo」開発

ヤンマーは、誰でも、自由に、ワクワクできるをコンセプトとした新しいマリンアクティビティ「Wheeebo」を開発した。

「Wheeebo」は、モーターとプロペラの駆動で水面を移動する円形ボード状のマリンアクティビティだ。進みたい方向に体重をかけるとセンサーが傾きを検知し、底面に設置されたプロペラの向きを自動制御することで推進する。速度は、人が少し速足で歩く程度の最大3ノット。ハンドリモコンにより、速度を2段階で切替えできる。

誰でもライセンスなしで直感的に操作性できるが、乗りこなすには適度な技術が必要となるため、マリンアクティビティの入門編として新しいワクワク体験を提供する。ビーチや湖など穏やかな水面での利用を想定。主に国内外のマリンアクティビティを楽しむファミリー層をターゲットにしており、小学校高学年からシニアまで幅広い年代で利用できる。

サイズ 直径140cm、150cm(用途・体重によって選択可)。動力源は専用ニッケル水素バッテリーで、1回の充電で約60分稼働する。今後、マーケティングを含めたテスト運用を進め、来年からのハイシーズンに向けた本格的なサービス展開を目指す。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング