スカイツリーもディズニーシーも"犠牲者"に! まだまだ終わらない東原亜希の"デスブログ"伝説

日刊サイゾー / 2012年6月1日 8時0分

写真

 28日午後、東京ディズニーシーのジェットコースター型アトラクション「レイジングスピリッツ」で、座席のセーフティバーが上がったまま車両が動き出し、30代の男性が軽傷を負う事故が発生した。ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは「ゲストに対し多大なご迷惑をお掛けし、皆さまをお騒がせしたことを深くおわび申し上げます」とのコメントを発表したが、この事故をめぐって騒然としたのが一部ネット掲示板だ。

「『また"デスブログ"か!?』と、話題になったんです。タレント東原亜紀の27日付のブログに、ミニーマウスのカチューシャをした写真が掲載されていたので......」(週刊誌記者)

 過去に、東原のブログに登場した人物や会社などが次々に不幸に襲われるという"デスブログ伝説"。今話題の東京スカイツリーも、強風のため、天望デッキ(350メートル)と天望回廊(450メートル)を結ぶエレベーターが停止するなど散々な開業日を迎えたが......。

「昨年3月6日の午後5時すぎに更新された東原のブログに、同ツリーが登場。どうやら、ツリーが見える場所にいたようで、『家からスカイツリーが見える!すごーい 初めて見ましたー 東京だぁ~』と感慨深げに書き込んでいた。それがまさか、1年以上たってから"不幸"に見舞われるなんて、東原自身も予期せぬ事態だったのでは」(週刊誌記者)

 東原の"デスブログ"の"被害者"といえば、まず夫で柔道五輪金メダリストの井上康生。結婚前から頻繁にブログに登場していたが、北京五輪代表に落選、引退した。さらに、井上と同じ五輪金メダリストの内柴正人被告は教え子に対する準強姦容疑で逮捕・起訴され、五輪イヤーを塀の中で迎えた。ほかにも"被害者"を挙げればキリがないが、果敢にもそのジンクスをストップさせようとしたあのプロ野球選手も、不幸に見舞われていたという。

「ヤクルトの若きエース・由規が、2年目の2009年の正月、『あんないい人が、そんな汚名を着せられているのは忍びない』と東原の汚名返上を宣言。ところが、シーズン中に何度も手のマメを潰して登録抹消されるなどして5勝10敗の成績に終わった。その後デスブログの"効力"が多少弱まったのか、翌年は12勝9敗とそれなりに活躍したが、今年は未登板のまま左すねの剥離骨折で完全に離脱してしまった」(同)

 07年に出演していた競馬情報番組で「38連敗」という記録を打ち立てたことに端を発した東原の"デスブログ伝説"。スカイツリーとディズニーシーの件を受け、これまで東原のブログに掲載され、いまだに不幸に見舞われていない有名人や関係者たちは、「いよいよ次は......」と戦々恐々としているに違いない。

※画像は東原亜紀公式ブログより


【関連記事】

五輪柔道惨敗は「恐怖の本命キラー」東原亜希の"呪い"!?

「また呪いか!?」東原亜希の"伝説"は終わらない......

沢尻エリカだけじゃない!? 主演映画『ヘルタースケルター』舞台裏も"大混乱"!

「結婚が逆効果だった!?」ドリカム吉田美和の"好感度ランキング"が急降下中!

事務所は大激怒も......典型的なだめんず好きの西山茉希に周囲は呆れ顔

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング