「オダジョーになりたくない!?」 "隠し子"が尾を引く山田孝之がドラマに出ないワケ

日刊サイゾー / 2012年8月2日 8時0分

写真

「彼は事有るごとに、『もうゴールデンの連ドラに出ることはない! CMもいらない。面白い作品にだけ出たいんだ』と言っていました。確かに、ここ最近出演した作品はほとんどが映画で、ドラマも深夜枠ばかりです。どうしてそう思っているのかはナゾですが、彼の意思は堅いそうです」(テレビ局関係者)

 2010年には、アメリカのエンタテインメント情報誌「ハリウッド・リポーター」において、「世界の注目俳優10人」の1人として紹介されたこともある山田孝之。彼を"演技派俳優"と呼ぶことに抵抗がある人は少ないと思うが、その割には、確かにゴールデンの主役は少ない。

「最後にゴールデンで主役を張ったのは、あの沢尻エリカと共演した『タイヨウのうた』(TBS系)で、もう6年も前ですからね。もちろん、それ以降もオファーはあったみたいですが、ことごとく断っているそうです。彼と同世代の俳優によると、10代のころは『ドラマのオーディションに行くと必ず山田がいて、山田が選ばれていた』と言うほど、群を抜いて演技はうまかったようですが」(芸能事務所関係者)

 この、山田の"連ドラには出ない宣言"の陰には、少なからず"隠し子"騒動の影響があるようだ。

「彼は、あの件で事務所からきつく責められ、世間からも厳しい目で見られたため、一時期、芸能界を辞める気もあったそうです。周囲の説得もあり、今も俳優を続けていますが、あまり注目を浴びたくないというのが本心だそうです。確かに、ゴールデンの主演やCMに出ると、どうしてもたくさんの人の目につきますからね。深夜ドラマや映画だと限られますから、そういったことで『連ドラには出ない』と言っているんでしょう。それに、今年は山田と同じように映画を主戦場にするオダギリジョーが『家族のうた』(フジテレビ系)に出演し、平均視聴率3.9%という歴史的な大惨敗を喫しました。本音は、"オダジョーになりたくない"というところかもしれませんよ」(同)

 昨今、ジャニーズや事務所のゴリ押しばかりが続いているテレビドラマの世界。山田のような実力派に、風穴を開けてほしいところだが......。

※画像は『タイヨウのうた DVD-BOX 』(ジェネオン エンタテインメント)


【関連記事】

「元旦婚も......」山田孝之の隠し子騒動を"美談"に仕立て上げた芸能マスコミの罪

実写版『俺はまだ本気出してないだけ』主演・堤真一が"本気で"結婚願望を吹聴している!?

「仕事を選んでいる場合じゃない?」鈴木京香が元恋人・堤真一との共演を決断した理由

「ギャラの9割+運転手」を要求!! 鈴木京香がケイダッシュに仰天売り込みで門前払い

所属事務所が大混乱の小池栄子 エイベックスに移籍希望するも断られていた

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング