"計算が合わない女"長谷川理恵 楠本氏と園山真希絵をめぐる「大人な三角関係」って......

日刊サイゾー / 2012年6月3日 8時0分

写真

 モデルでタレントの長谷川理恵が、カフェ・カンパニー代表取締役社長・楠本修二郎氏と6月3日に結婚することが明らかになった。さらに長谷川は妊娠しており、出産時期は11月初旬としていることから、現在妊娠4カ月とみられる。だが、長谷川は今年1月に俳優の神田正輝と破局。その直後に楠本氏との交際がスタートしたとしても、妊娠時期が微妙なところ。これにはネット掲示板などでも、「誰の子?」「計算が合わない」「見境ないな......清楚ぶっていて下品な女」「あの年でデキ婚って......」などと物議を醸している。

「確かに計算が合わないよね。出産時期が11月初旬ということは、仕込んだのが10カ月前の1月初旬ということでしょ。仮に神田と破局直後に楠本氏と付き合い始めたとしても、交際直後にそういう関係になったことになる。もちろん、そうしたことだってあり得るけど、それよりも長谷川が神田と楠本氏を二股かけていたと考えるほうが自然な気がする(笑)。実際、神田と同じ石原プロの舘ひろしは、今回の報道に怒り心頭だっていう話だからね」(ワイドショーのデスク)

 二股疑惑といえば、楠本氏には塩谷瞬との交際でにわかに脚光を浴びた、料理研究家の園山真希絵との交際説が浮上している。

「楠本氏が業界関係の集まりによく園山を伴っていたり、商談に彼女の店を使っていたりしたなんていう話もあるから、親交があったのは間違いない。それどころか、楠本氏には園山のパトロン説もあるほど。彼女が和食店をオープンしたときに、楠本氏が資金援助をしたのではないかという証言もあるからね。いずれにせよ、長谷川と楠本氏がゴールインに至った過程には、ゴタゴタもあったんじゃないかな。突っつけば、いろいろと面白い話が出てくるかもしれないね」(同)

 長谷川はモデルやタレントといいながらも、その実態は石田純一や逝去した元プロサーファー、前述の神田などとの恋愛遍歴という話題を振りまくことだけで、芸能人生を生き永らえてきたといっても過言ではない。そんな彼女も今回の楠本氏とのデキ婚でいよいよ年貢の納め時かと思われたが、まだまだ芸能マスコミを騒がせることになりそうだ。

※画像は長谷川理恵公式ブログより


【関連記事】

「有名人は、すぐ店に誘う」冨永愛と親友ではなかった園山真希絵"二股騒動"に乗じた売名戦略の行方

「熱愛しか話題がない!」神田正輝と長谷川理恵が"破局報道"直後に反論の必死さ

「男を渡り歩き......」ゴシップだけで生き延びる魔性・長谷川理恵という女の性

井上公造が園山真希絵を痛烈バッシング スターダストvsバーニングの代理戦争へ発展か!?

「"親の七光り"の極み」神田沙也加がNHK『紅白歌合戦』出場の不可解さ

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング