ブーツを脱ぎ捨て熱唱! 小松未可子「Black Holy」発売記念フリーイベント

日刊サイゾー / 2012年5月3日 8時0分

写真

 4月26日、東京・池袋のサンシャインシティ アルパB1 噴水広場前にて、「小松未可子『Black Holy』発売記念フリーイベント~さぁ、サンシャインの時間だ!~」が開催された。

 ステージの周囲、ステージを見下ろす上層階の手すりから注視する人々、地下一階の通路を行き交う人々で賑わった同所の観衆は約1,000人。イベントの模様はニコニコ動画でも生配信され、大きな反響を呼んだ。

 前日の25日にデビューシングル「Black Holy」(キングレコード)を発売した小松にとって、これがリリース後、初めて人前で歌う機会。新人のライブにしてはあまりに異様な熱気と人だかりに、通りすがりの一般人も思わず食いついてしまい、さらに観衆の輪が広がるという状況。

 主に舞台で活躍していた小松が、『HEROMAN』の主人公ジョーイ(男の子)役で声優デビューを果たしたのは2010年のこと。今年1月から放送がスタートしたアニメ『モーレツ宇宙海賊』ではヒロインの加藤茉莉香役に大抜擢され、このほど同作品のゲストED/イメージソングの「Black Holy」で、歌手としての第一歩を踏み出した。透明感溢れるルックスはもちろんのこと、よく通る天性の声質を生かした抜群の歌唱力で、早くも多方面からの注目を集めている。

 インストアイベントとは違う広いスペースで大観衆に気圧されたのか、若干緊張した様子だったが、それでも圧倒的な地声で歌がブレなかったのはさすが。まずは、デビューシングル表題曲「Black Holy」、続けてカップリング曲の「透明な夜空~瞬く星に包まれて~」を熱唱した。
 
 この安定ぶりが、さらに未聴の人々の注意を引いたことは言うまでもない。

 宇宙海賊船の船長という設定の加藤茉莉香にちなみ、船長服に海賊帽風(?)の黒い帽子を被って現れた小松。2曲目のイントロでは、その海賊帽を気前よく客席に投げ入れた。

 2曲を歌い終えると、「暑いですねー、船長汗だくです」と言いながらも、やはり息が乱れていない。心肺機能の高さはうわさ通りだ!

 デビューシングル収録曲はここまで。そこで「ちょっと違う曲を......」と3曲目に歌い出したのは、『モーレツ宇宙海賊』Blu-ray 1巻初回限定版特典CDに収録されている「ユメノアリカ」。ライブでは初披露ということでこの時点でレアなのだが、歌い終えると、さらに重大発表。なんと、デビューしたばかりにもかかわらず、7月11日にミニアルバム(と言っても8曲入り)『cosmic EXPO』(同)の発売が決定したというのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング