「やはり移籍先はエイベックス?」事務所社長の死で注目される"エース"小池栄子の行く末

日刊サイゾー / 2012年7月6日 8時0分

写真

 小池栄子、佐藤江梨子らが所属する大手芸能プロダクション「イエローキャブ」の帯刀(おびなた)孝則社長が28日、東京・港区にある事務所で首を吊って死亡しているのが見つかった。

 警視庁の発表によると、同日午後3時すぎ、事務所内で帯刀社長が首を吊っているのが見つかり、すぐに病院に搬送されたが、死亡が確認された。警視庁は、現場の状況などから自殺を図ったとみて調べているというが、帯刀社長を死に追いやった原因として、同社の経営危機がささやかれているという。

「かつて同事務所は巨乳ブームの仕掛け人・野田義治氏が長年社長を務めたが、2004年に経営上のトラブルで辞任し、複数のタレントを引き連れ、ほかの事務所に移籍。帯刀氏は間に1人挟んで、06年に社長に就任した。そのころはまだ経営は安定していたが、スポンサーだったパチンコホール運営会社が離れてから資金繰りが悪化。野田氏に反旗を翻した小池と佐藤の稼ぎを事務所の運転資金や社員の給料に回す苦しい経営状況で、社員がどんどん辞めていった。帯刀氏は自らの自宅を担保に銀行から金を借りていたようで、もはや事務所の存続は難しいだろう」(芸能プロ関係者)

 同事務所には小池と佐藤以外にもタレントが所属しているが、ほとんどが開店休業状態。

 2人が自分たちで事務所の経営を立て直す決意までしているのであれば残留するだろうが、「とくに、夫で格闘家の坂田亘が裁判で負け、巨額の借金を抱えてしまった小池は以前から周囲に移籍を相談。移籍先として、大手レコード会社で役者のマネジメントも手がけているエイベックスの名前が浮上していた」(同)というだけに、このままだと移籍が濃厚な状況だ。

 おまけに、帯刀氏の死を受け、水面下では小池のエイベックス入りを後押しするような動きがあったというのだ。

「イエローキャブは、大半の大手芸能プロが所属する日本音楽事業者協会(以下、音事協)の加盟社。そのため、各メディアに対して報道で煽らないように音事協が"火消し"をしていた。音事協といえば、役員などには名前を連ねていないが、実質的に仕切っているのは芸能界のドンことバーニングプロダクションの周防郁雄社長。周防氏は、今回のような緊急時にタレントに手を差し伸べ、自身の傘下に取り込むのが得意だが、今回、小池もかなり恩義を感じているはず。周防氏と昵懇の松浦勝人氏が社長を務めるエイベックスへの移籍、もしくは沢尻のように小池が個人事務所を設立し、そことエイベックスの業務提携が発表されるのでは」(週刊誌記者)

 小池と共に事務所を支えていた佐藤に関しては、「性格がかなり難しいので、獲得に名乗りを上げるところはなさそう」(同)という厳しい状況だが、今後、しばらく小池の去就が注目されそうだ。


※画像は『PARA´ISO』(講談社)


【関連記事】

「一体なぜ!?」イエローキャブ社長自殺の裏で事務所関係者が"ガセ情報"を流していた?

「何をやってもダメ」で離婚危機の元格闘家・坂田亘 妻・小池栄子に近づく実業家の影も......

「小池栄子が第2の小林幸子になる!?」芸能プロ・イエローキャブで勃発しそうな"お家騒動"

所属事務所が大混乱の小池栄子 エイベックスに移籍希望するも断られていた

「撮影現場は大混乱!?」"新・プッツン女優"佐藤江梨子の意外な評判

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング