ボーカル・KEIKOがリハビリ中でもglobe再開を宣言した、小室哲哉のジリ貧ぶり

日刊サイゾー / 2012年10月6日 8時0分

写真

 音楽プロデューサーの小室哲哉が25日、自身のTwitterで、マーク・パンサーと共に2人で音楽ユニット・globeの活動を再開させることを発表した。

 小室の妻で同ユニットのボーカル・KEIKOは昨年11月にくも膜下出血で倒れ、現在はリハビリ中だが、小室は25日未明、Twitterに「最新の画像をお届けしますね。with MARC」と書き込み、マークとの2ショット写真を掲載。続いて、「とりあえず、僕とマークで、globeのともしびを消さぬようKCOが元気になるまで、活動しようってことになりそうです。スーパーレアな情報でした」と書き込み、globeの活動再開を発表した。

「小室サウンド全盛期の1995年にデビューし、ヒット曲を連発。ファーストアルバムの『globe』は400万枚を売り上げるなどヒットチャートを席巻したが、2000年ごろからは徐々に飽きられ人気がダウン。おまけに、一度は加入を発表したX JAPANのYOSHIKIだったが、シングルを1枚リリースしただけでフェードアウト。人気ダウンに歯止めがかからず、06年ごろから活動休止状態となった。08年8月に所属レコード会社・エイベックスのライブイベント・a-nationで活動を再開した矢先の同11月、小室が5億円の詐欺事件で逮捕され、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受け、再び活動を休止。翌年8月のa-nationでは同イベントで音楽活動に復帰した小室がファンに謝罪し、globeとして演奏を行ったが、デビュー15周年の10年もほとんど活動しなかった」(スポーツ紙デスク)

 活動休止状態になった背景には、マークのプライベートや副業も大きく絡んでいたという。

「02年に長女が誕生したが、パニック障害を発症し、翌年家族で石垣島に移住。東京と往復する生活で音楽活動に専念できなくなってしまった。04年ごろからはセレクトショップやもつ鍋屋を経営するなど実業家としても活動するようになったが、07年春ごろに副社長を務める健康飲料を販売する会社がマルチ商法まがいのビジネスをしているとして問題視された。マークが講演するセミナーではglobeの曲を大音量で流していたことなどから、テレビ各局が同社の被害者が裁判沙汰にした場合などを想定し、globeを出演NGリストに入れてしまった。同年夏にはマークの妻が薬物事件で逮捕されただけに、とてもglobeの活動ができるような状況ではなかった」(週刊誌記者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング