「"新恋人"ゴシップを自ら仕掛ける!?」自己アピールの天才・紗栄子の恐ろしさ

日刊サイゾー / 2012年9月6日 8時0分

写真

「いまとっても逢いたい人がいるのに逢えない」

 8月22日、ブログで意味深発言をしたことが話題の紗栄子、それが新恋人か元夫かは分からないが、こうした自己顕示欲の強いアピールは見事なまでだ。

 ブログでは過去、元夫ダルビッシュ有との離婚前の写真を離婚後に撮ったもののように扱って掲載、現在も連絡を取っていることをアピールしたり、また唐突にビキニ写真を出したり、ショッピング中の様子をさりげなく写した画像をアップしたかと思えば、やはり胸の谷間が強調されるような写真だったり、まさに話題作りの貪欲さで生きているようなタレントだ。

 そんな彼女、7月にある若い男性タレントを食事に誘っていたことが分かった。男性は人気コンテストの優勝者で、現時点での知名度は高くないが、先日は初めて全国区のテレビ番組に出演するなど今後の人気上昇が期待されている存在。

「春ごろに知人を介して知り合ったそうですが、初対面でメールアドレスを渡されたそうです」

 打ち明けたのは他でもない、この男性タレントのマネージャー。中京地区在住の男性から「せっかくなので人脈を広げるために行ってきますが、問題のないよう行動してきます」と、きちんと日時と場所まで報告され、安心してひとり上京させたという。

 しかし、小柄な男性タレントが「早く着きすぎた」と待ち合わせの2時間以上前に、紗栄子から指定されたダイニングバーに着くと、おかしな光景を見たとリアルタイムで連絡があった。

「店の周辺に男性の2人組がいて、ひとりはカメラマンで、現場から見えにくいような場所に隠れるような動作。もうひとりの男性は店の入口を何度も出入りして、カメラマンに確認するような作業をしていたと。明らかに誰かを待ち伏せしているように見えたそうです」(同マネ)

 男性タレントは「まさか」とは思いつつも怖くなりマネージャーに相談した結果、ウソの理由を作り紗栄子にドタキャンを伝えたところ、なんと現場にいた男性のひとりが携帯電話で何やら話した後、すぐに何も撮影せずその場から退散していったのだという。

 「実際には分かりませんが、マスコミと協力してツーショット写真を撮る待ち伏せの段取りができていたとしか思えないような状況だった」とマネージャー。

 まさか紗栄子が自ら仕掛けた新恋人の熱愛ゴシップだったとは思いたくないが、これだけ毎度必死の自己アピールをしている彼女だけに、もしかすると......という可能性はある。少なくとも男性タレントにとっては「危機一髪」といった印象だったようだ。
(文=鈴木雅久)



【関連記事】

「大した仕事もしてないクセに」紗栄子、辻希美......ママタレはなぜ嫌われる?

泥沼離婚からわずか2カ月でCMもバラエティも......紗栄子の緻密なイメージ戦略

「顔が好みで......」ダルビッシュ、泥沼離婚成立も紗栄子に未練タラタラ!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング