1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

またまた炎上!? 中国ネット民が蒼井そらの五輪ツイートに「売国奴」の罵声

日刊サイゾー / 2012年8月7日 8時0分

写真

 ロンドン五輪が後半に差し掛かかる中、国別金メダル獲得数では中国が首位をキープ。「国際社会の昇り龍」にふさわしい地位に、さぞかしご機嫌うるわしいはずの中国のネット市民たちだが、日本のAV女優・蒼井そらが彼らのバッシングを浴びている。

 きっかけは7月28日、彼女が中国版Twitter「微博」上で、金メダル獲得数で首位に立つ中国に対し「金メダル首位おめでとう」と、健闘をたたえる書き込みを行ったことだ。しかし、蒼井は8月2日に中国で新曲の発表を控えていたため、「そのための"ご機嫌取り発言"に違いない」と勘ぐる複数の声が寄せられた。さらにその後、「日本人なら日本を応援するべき」「外国を応援するなんてお前は売国奴だ!」「ポルノ女優に応援されるほど中国は落ちぶれていない」などと批判はエスカレートしている。

 ちなみに蒼井は昨年、柳条湖事件から80周年を迎えた9月18日に、「微博」上にVサインをした自らの写真とともに「超うれしい!」との中国語での書き込みをアップした際にも、「微博」アカウントが大炎上する事態となっている。柳条湖事件といえば、関東軍が中国侵略の口実を作るために満州鉄道を自爆したとされる事件。「我々の国恥の日にうれしいとはけしからん!」「お前ら日本人が80年前にやったことを忘れたのか!?」などといった批判が中国ネット市民から相次いだというわけだ。

 こうした経験から彼女としては以降、ツイートする際には 中国人の国民感情を害しないよう注意していただろう。しかし、中国の健闘をたたえただけなのにここまで批判されるとは、思いもしなかったはずだ。中国ネット市民とは、なんとも気難しい方々のようである......。

 中国では男性のみならず女性からも絶大な人気を誇り、「微博」では外国人として最大の1,200万人以上のフォロワーを抱える彼女。正真正銘の「中国で一番有名な日本人」に課せられた有名税として割り切るしかない!?
(文=牧野源)


【関連記事】

蒼井そらや羽田あいの名前も......? 島津製作所が中国政府高官に「AV女優接待」のうわさ

蒼井そらが中国のTwitterで大人気! AVから始まる日中交流

台湾で小澤マリアの陰毛が1本80万円で取引されている!?

蒼井そら×麻美ゆま 初体験のパリで魅せた"2人の世界"とは!?

Rio&麻美ゆまが開発されちゃったセクシーすぎる魅力とは!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング