「収録スタジオでも名指しで殺害予告!?」鬼束ちひろの"奇行&暴言"はフェイクかガチか......

日刊サイゾー / 2012年7月8日 8時0分

写真

「Twitterなんか一番やらせちゃいけないタイプだったのに......」

 Twitterで問題発言をした鬼束ちひろに、彼女を起用したことがある民放トーク番組の関係者は「ほら、やっぱり」といった表情だ。

 6月22日、Twitterを開始した当日に「あ~和田アキコ殺してえ。」「なんとか紳助も殺してえ。」と発言し、大騒動に。翌日には謝罪したが、鬼束の「殺してえ」発言は、実はこれより前に出演したトーク番組の舞台裏でも聞かれたというのだ。

「番組収録中は上機嫌で問題はなかったんですが、収録後にカメラが回っていなかったせいかテンションが異様に上がり、『視聴率1位! Tをぶっ潰せ』と無関係なテレビ司会者の名前を出し始め、さらにその勢いで『A殺してえ』と、人気芸人の名前を出したんです」(番組AD)

 そこで、共演者のひとりが「TさんやAさんはお嫌いなんですか?」と聞くと、鬼束は「ヅラ嫌い。チャラいオトコ嫌い」と返したという。前者はカツラのウワサがある人物、後者は有名女性タレントと浮名を流しまくっている人物だ。番組収録中ではないだけに、キツいジョーク程度の発言とも思えるが、鬼束の奔放な言動はそれで終わらなかったようだ。

「鬼束さんが出て行った後の控え室では、炭酸飲料のペットボトルが数本転がっていて、中身が激しく噴出してびしょ濡れでした。近くの会議室にいたスタッフは『大声で英語の歌が聞こえたり、壁を叩く音が激しい音がした』と言っていました」(同)

 これが鬼束の仕業かどうか確証はないのだが、タオルのようなものを振り回し何事かを叫びながら部屋を出て行く鬼束の姿が目撃されたという。

「ただ、番組収録中はそこまでぶっ飛んでいなかったので、そういう奇行キャラをわざと演じているっぽい気もします」(同)

 鬼束は奇行で知られた大物アーチスト、マイケル・ジャクソンとエイミー・ワインハウスを「尊敬する天才」として挙げており、彼らのまねごとをしているようにも見えるというわけだ。鬼束はデビュー当初の清純な雰囲気を「当時の関係者にやらされたもの」として、現在のグラムロック風の姿こそが"素"だとしているが、当時のスタッフは「あれは大ウソ。あの頃の鬼束は私服だって普通だったし、タトゥーだって後から入れたもの」と反論している。

 ただ、奇行がただの演出なら、むしろ安心だ。ここのところの鬼束の言動をめぐっては「薬物検査をしたほうがいい」などという声がネット中に溢れており、過去にライブを体調不良でキャンセルしたことなども、そうしたウワサを拡大させる原因となっている。鬼束の尊敬するエイミーも酒や薬物に溺れたあげく、27歳で命を落としているだけに、鬼束の奇行がガチでないことを祈るばかりだ。
(文=鈴木雅久)

※画像は鬼束ちひろ公式サイトより


【関連記事】

「フレッシュネス!!!!!」Twitterで和田アキ子"殺害予告"の鬼束ちひろがクビの危機

鬼束ちひろDV男は渋谷のチーマー軍団の中心人物だった!?

「あの女を辞めさせないと......」所属事務所をクビになった美元 原因は岡江久美子か!?

「高嶋政伸との離婚裁判を有利に......」お涙ちょうだい作戦に出た美元とTBSがベッタリ癒着中

「計算が狂った!?」高嶋政伸と泥沼離婚裁判中の美元がブログ休止の舞台裏

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング