1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

「迫るXデー」"篭城"するオセロ・中島知子にいよいよ警察権力が介入か

日刊サイゾー / 2012年2月11日 8時0分

写真

 長期休養しているオセロ・中島知子がいよいよ追い詰められた。表向きは「長期休養」だが、真相は自称占い師・Iさんとの"共同生活"が原因であることは言うまでない。ついには東京・渋谷区にある自宅マンションと個人事務所名義のマンションの家賃を半年間も滞納していることが、写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)のスクープで発覚。しかも自宅マンションは俳優の本木雅弘、内田也哉子夫妻がオーナーで、滞納額は390万円にも上り、近日中にも管理を委託されている家賃保障会社が中島相手に訴訟を起こすという。

「格好のスキャンダルですよ。そのマンションには吹石一恵との熱愛が報じられた福山雅治やお笑い芸人の今田耕司も住んでおり、ワイドショーなんかは双方の所属事務所に配慮して張り込み取材はしていませんが、週刊誌などは中島の近影を狙いに連日パトロールを続けているそうです。福山も今田もいい迷惑でしょうね」(週刊誌デスク)

 事務所名義のマンションのほうも家賃滞納額は270万円に上り、こちらは昨年12月に管理会社が提訴に踏み切った。

「ところが、中島は訴状の受け取りを拒否。というより、外部との連絡を完全にシャットアウトしていてどうにもならないみたいです。実の両親も娘に会えないそうですから、事態は深刻ですよ」(女性誌記者)

 このままでは、警察介入という最悪の事態に発展する可能性すらある。

 テレビ関係者いわく「家賃滞納でも入居者の権利は最大限に守られ、管理会社でも合鍵で"突入"することはできない。ただ、事件性が考えられる場合は別。この半年間、中島さんは買い物にも出掛けなくなり、両親とも音信不通。一体中で何をやっているのか......。最悪、肉親が事態の深刻さを警察に訴えでれば、強制的に部屋を開けさせることもできるかもしれません。実際、そうでもしない限り、この状況は打開できないような気がします」

 所属事務所の「松竹芸能」もトラブル続きの中島に愛想を尽かし、契約解除を検討中という。中島の"篭城"が解かれる日は近いかもしれない。


【関連記事】

「顔面をセロテープだらけにしていた」オセロ・中島知子の芸能界復帰どころじゃない現状

オセロ中島知子の深刻な近況を現場が証言「突然キレだすことも......」

「オセロ・中島の休業でバレちゃった!」井上陽水の"火遊び"と家庭不和

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング