「AKBマネーで口封じ!?」AKB48公式本の版元がスクープ連発の「文春」文藝春秋社に内定

日刊サイゾー / 2012年7月12日 8時0分

写真

 いよいよAKB48が、天敵である「週刊文春」の口封じ工作に乗り出した!? 8月に行われるAKB48の東京ドーム公演、そして前田敦子の卒業公演の公式本を文藝春秋社が制作・発売することが内定したという。

 AKB48の運営サイドは出版社に写真集や公式本の権利を渡すことで、メンバーのスキャンダル封じという手法を使ってきたといわれている。「FRIDAY」の講談社、「FLASH」の光文社は代表的な例で、最近はスキャンダル雑誌「BUBKA」(コアマガジン)まで抑え込んでしまった。

 そんな中、反AKB48を貫いているのが「週刊文春」と「週刊新潮」(新潮社)の2誌。中でも文春は、今年だけでも高橋みなみの母親の淫行疑惑、そして指原莉乃の元カレ告白を報じるなど、AKB48と全面抗争中で、法廷闘争も続行中だ。

 ところが、だ。ここにきて"世紀の和解"となりそうなムードだという。

「AKB48は8月24日から3日間に渡って東京ドームで、そして27日には秋葉原のAKB劇場で公演を行います。前田敦子の卒業ムード一色となるでしょうが、こともあろうにその公式本は文春を発行している文藝春秋社から出ることに決まったのです」(出版関係者)

 それにしても一体なぜこの段階で、こういうことになってしまったのか。一部からは「まだ雑誌には出ていない指原のヤバい写真を文春が持っているからだろう」(芸能プロ幹部)などという話も出ているが、AKB48サイドが文春の度重なる攻撃に音をあげて文藝春秋社に話を持ちかけたという説が濃厚だ。

「この種の公式本は数十万部の売り上げが見込まれるため、出版社にしてはおいしい。とくに今回は、前田敦子の卒業というテーマですから、かなりの売り上げとなるでしょう。その権利を文藝春秋社に渡すから、これ以上スキャンダルを報じるのはやめてくれということのようです」(前出幹部)

 だからといって、決して文春のAKB叩きは止まらないとの話も。

 「公式本を作る部署と文春の編集部はまったく別のセクション。いま文春はイケイケ路線ですから、公式本を出すといっても止まらないものは止まらないでしょう」と週刊誌関係者は話す。

 いずれにしろ、AKB48と文春の対決は新たな局面を迎えたようだ。


【関連記事】

「叩いてもホコリが出ない......」AKB48"神7で唯一真っ白"渡辺麻友は本当に真っ白なのか

「アイドルでも"ヤレる"と周知されてしまった......」指原莉乃問題がポストAKB48グループに広げた波紋

"ファン食い左遷"指原莉乃のHKT48移籍で秋元康の「LinQ潰し」シナリオが加速する!?

「勝つのは難しい」でも関係ねぇ! 指原莉乃の熱狂的ファンが"損害賠償"求めて訴える!?

「フライデー」編集長が「卑怯すぎる」と指原"元カレ"批判......マスコミとAKB48の深すぎるズブズブ関係

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング