1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

「脱ぎたいのに!」沢尻エリカと事務所の対立で『ヘルタースケルター』現場が大混乱!?

日刊サイゾー / 2012年3月12日 8時0分

写真

 7月に公開される予定の沢尻エリカ主演復帰作『ヘルタースケルター』撮影現場で混乱が続発しているという。

 沢尻に加えて桃井かおり、寺島しのぶら個性の強いキャストが集まっていることから女優同士の軋轢が生まれていることは既報の通りだが(※ 記事参照
)、加えて問題化してきたのが、主演・沢尻エリカの「脱ぐ/脱がない」問題だ。

「『ヘルタースケルター』は岡崎京子の名作コミックを映画化した作品。主人公の"カラミ"シーンも重要な意味を持ってくる物語なんです。そこで当然、沢尻が脱ぐのか、脱がないのかが注目されるわけですが......」(芸能記者)

 今までさまざまなワガママ言動で混乱をきたしてきた沢尻だけに、今回も「脱ぎたくない」とダダをこねているかと思えば、そうでもないのだという。

「沢尻は復帰作となるこの映画に、相当な思い入れと決意を持って臨んでいるようです。ヌードシーンについても、沢尻本人は強行に"脱ぐ"と言っている。ところが、沢尻のマネジメントを担当するエイベックス側がそれを許さないんですよ」(同記者)

 だが、エイベックスと業務提携を結んでいるとはいえ、そこでおとなしく言うことを聞く沢尻ではない。

「結果、現場では"脱ぎアリ"と"脱ぎナシ"の両方のシーンを撮影しておくという、非常に面倒な進行に。現場からは『こんな撮影、聞いたことがない!』と悲鳴が上がっているそうですよ」(同記者)

 同作の公式HPにあるキャッチコピーは「見たいものを、見せてあげる」というもの。現在の沢尻のヌードが一般の映画ファンにとって「見たいもの」かどうかは微妙なところだが、果たしてどんな作品に仕上がるのか注目したい。


※画像は映画『ヘルタースケルター』公式サイトより



【関連記事】

沢尻エリカだけじゃない!? 主演映画『ヘルタースケルター』舞台裏も"大混乱"!

「ワイドショーの数字も落ちてきた」沢尻エリカ 初の"全脱ぎ映画"に意欲!?

もう誰も仕事をしたくない"困ったちゃん女優"桃井かおり モビット降板の裏事情

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング