1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

「年俸4倍アップも?」マンチェスターUか残留か、ドルトムント香川真司の去就はいかに?

日刊サイゾー / 2012年5月12日 8時0分

写真

 サッカー日本代表MFで、独ボルシア・ドルトムントに所属する香川真司の去就がにわかに慌ただしくなってきている。ドルトムントは、4月22日に行われたブンデスリーガ第32節のボルシア・メンヘングラッドバッハ戦に勝利してリーグ連覇を達成したが、この日も香川は優勝を決定づける、今季13ゴール目を記録。現時点での香川の記録は13ゴール・8アシストと、リーグ優勝の立役者といっていいほどの活躍ぶり。とくに、ゴール数は欧州でプレーする日本人選手の最高記録。そんな香川にはマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、アーセナル、ACミランといった世界を代表するメガクラブから注目が集まっている。香川本人は12日に行われるドイツ杯決勝後に去就を決断するとしているが、果たして来季の所属先はいかに?

「マンチェスターUからは、現在の年俸の4倍に当たる600万ユーロ(約6億4,000万円)の3年契約を提示されているといった具体的な報道もあります。前半戦こそ精彩を欠く場面もありましたが、今季のブンデスリーガのMVPといっていいほどの働きでしたから、これからさまざまなオファーが届くと思いますよ」(サッカーライター)

 所属先のドルトムントは年俸倍増の300万ユーロで契約延長交渉に臨む構えだが、スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルク氏は「香川側に契約延長の意思がない。彼(香川)はプレミアリーグでのプレーを望んでいる」と明らかにし、移籍を容認する考えを示している。となると、香川の来季の新天地はやはりマンチェスターUということになるのか。

「ただ、ポジション争いは熾烈ですよ。マンチェスターUの基本システムは4-4-1-1で、香川の適正ポジションであるトップ下の2列目の『1』には、イングランド代表エースのFWウェイン・ルーニーが君臨しています。いかに香川といえども、ルーニーからポジションを奪うのはまったく不可能だとはいわないまでも、現実的に考えれば非常に困難。もっとも、ルーニーは最前線のセンターフォワードのポジションでもプレーできるので、彼をコンバートするという手もありますが、それでもウェルベック(イングランド代表)やエルナンデス(メキシコ代表)といった、チームですでに実績を残している有望株のFWとポジションを争うことになりますからね。かといって、サイドで起用されると守備の負担が増すので、香川の持ち味が殺されてしまう可能性もあります」(前出ライター)

 一方、「ドルトムントに残留という選択肢も考えられる」と指摘するのはスポーツ誌編集者。現時点でのドルトムントは必ずしもメガクラブとはいえないが、リーグ2連覇を達成しており、これから黄金時代を迎える過程でメガクラブに成長する可能性も十分あるからだ。

「世界的な名門クラブである、バイエルン・ミュンヘンを押しのけての2連覇ですからね。選手層も若手の粒ぞろいのドルトムントには、大きな可能性があります。そんなドルトムントで中心選手としてメガクラブへ押し上げる役割を担うというのも、大きなやり甲斐があると思いますよ。少なくとも新天地でゼロからスタートするよりも、リスクという点では少ない。とはいえ、より高い年俸やステータスを求めてステップアップを望むのは、プロならば当然のこと。香川としても大いに悩むところでしょうね」(同)

 世界的なプレーヤーに成長したからこその、多くの選択肢――。夢のバロン・ドールや欧州チャンピオンズリーグ制覇へ向けて、香川はどのような選択をするのか。今後の動きから目が離せない。
(文=牧隆文)


【関連記事】

"日本のメッシ"サッカー欧州組の歴史を塗り替えてゆく香川真司はなぜ活躍できるのか

「香川はマンU? アーセナル?」若手にも続々食指 加熱するサッカー欧州移籍市場

「やはり人気は一過性?」高視聴率なのに観客が入らない"なでしこジャパン"の構造的問題

美形推し&礼賛ばかりのサッカーメディアが「なでしこジャパン」をダメにする!?

サッカー長谷部誠 スポーツ報知の「ヴォルフス放出」報道は誤報も迫る正念場

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング